kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

ビジネスマナーの記事一覧

ビジネスマナーは新入社員のころに学んだきりという方へ。今さら聞けない、名刺交換やメールに関する基本的なビジネスマナーについてお伝えします。

「ビジネスマナー」の記事一覧 (22件中、1〜20件を表示)

正しく言えてる?「お越しになる」「伺う」の使い方【今さら聞けない大人の敬語講座vol.4】

正しく言えてる?「お越しになる」「伺う」の使い方【今さら聞けない大人の敬語講座vol.4】

2018.07.02
北川和子

午前11時に上司と商談予定の取引先の相手が来社。受付からの電話を取り次いだら、上司に何と伝えるのが正解だと思いますか? 今回は、『大人の語彙力 使い分け辞典』(永岡書店)などの著書を持つ国語講師の吉田裕子さんに、“来る”“行く”の敬語表現や...

「見る」の尊敬語は?「ご覧になられる」が二重敬語でNGな理由【今さら聞けない大人の敬語講座vol.3】

「見る」の尊敬語は?「ご覧になられる」が二重敬語でNGな理由【今さら聞けない大人の敬語講座vol.3】

2018.06.30
北川和子

敬語の使い方の間違いで特に多いのが、“二重敬語”。大切な相手に対して心をこめて使ったその敬語、間違っていませんか? 今回は、『大人の語彙力 使い分け辞典』(永岡書店)などの著書を持つ国語講師の吉田裕子さんに、よくある二重敬語の使用例や、知っ...

デキる人は「会議」でしてる!自分の価値を高める5つの行動【森本千賀子のお仕事アドバイス】

デキる人は「会議」でしてる!自分の価値を高める5つの行動【森本千賀子のお仕事アドバイス】

2018.06.26
森本千賀子

職場で行われる会議。「時間のムダ」「面倒くさい」「やり過ごしたい」なんて思っていませんか? 確かに、形式だけの報告や、どこまでいっても平行線の議論など、意味なくダラダラ続く会議もありますよね。 けれど、だからこそ、会議は自分の存在価値を高め...

発表中に頭が真っ白…どうする!? 目的と聞き手で変わる「プレゼンでの話し方」【届く響く!プレゼンのお作法】vol.2

発表中に頭が真っ白…どうする!? 目的と聞き手で変わる「プレゼンでの話し方」【届く響く!プレゼンのお作法】vol.2

2018.05.14
濱登良子

社内・社外向けの企画プレゼン、新製品の発表会、また新入社員への研修……仕事をしていくなかで、大勢の人の前で話す機会もあるでしょう。「毎回緊張しないようにするだけで精一杯……」なんて方もいるのでは? 「プレゼンテーション=プレゼンの語源は“プ...

もったいない!「仕事できない人」と思われる人の残念な特徴【森本千賀子のお仕事アドバイス】

もったいない!「仕事できない人」と思われる人の残念な特徴【森本千賀子のお仕事アドバイス】

2018.04.03
森本千賀子

4月に入り、新年度がスタートしました。異動した方、チーム編成が変わった方、新任の上司やメンバーを迎えた方、転職した方……など、新たな仲間と一緒に働き始めている方が多いことでしょう。あるいは、営業職などでは、お客様を引き継いで新たなお付き合い...

「会社の忘年会」で上司や同僚から振られたら嫌な話題ランキング

「会社の忘年会」で上司や同僚から振られたら嫌な話題ランキング

2017.12.17
kufura編集部

忘年会シーズン真っただ中。気心知れた友人や仲間との宴は楽しいですが、職場の忘年会となると、時に酔って暴走した同僚がいたり、上司からちょっと不快な言葉をかけられてイライラしたり……、何かと気が疲れるものです。 今回『kufura』では、働く2...

美文字の人はここが違う!書道家が教える「てっとり早くきれいな字を書く」秘訣

美文字の人はここが違う!書道家が教える「てっとり早くきれいな字を書く」秘訣

2017.12.09
中田綾美

「汚文字は恥ずかしい、何とかしなきゃ!」と一念発起してボールペン字の教材にチャレンジしたものの、結局、上達できないまま挫折してしまった経験のある人は多いはず。 やはり大人になってしまった今では、もう手遅れなのでしょうか? いいえ、諦めるのは...

えっ名刺交換は後?先に●●が正解「外国人との初対面マナー」基本3つ

えっ名刺交換は後?先に●●が正解「外国人との初対面マナー」基本3つ

2017.09.20
kufura編集部

最近では中小企業でも、海外の人と仕事をすることが増えています。人件費削減のためにアジアに工場を構えれば、現地の責任者とやり取りをすることになります。 また、日本の中小企業を海外の会社が買収するということもよくありますが、この場合は自分の上司...

オトナ女子なら押さえて! アナウンサーが絶対言わない「間違った日本語」

オトナ女子なら押さえて! アナウンサーが絶対言わない「間違った日本語」

2017.09.15
kufura編集部

「英語が話せるようになりたい!」多くの日本人が一度は切実に願ったことがあるでしょう。でも外国の人たちからは「あの難解な日本語を話している日本人ってすごい!」と尊敬のまなざしが向けられているのです! それならば胸を張って日本語を話したいところ...

知らなきゃ赤っ恥!ベテラン社員も間違えがち「アレの数え方」頻出3選

知らなきゃ赤っ恥!ベテラン社員も間違えがち「アレの数え方」頻出3選

2017.09.14
北川和子

書類を何枚かまとめてホチキスで留めたものは、どんな数え方をしたらいいのでしょうか。一式? 1セット? それとも……1個?どんなにキャリアを重ねても、言葉の使い方を間違うこともありますよね。とくに間違いやすいのが、ものの数え方を表す“助数詞”...

ガラパゴス語使ってない?自分の「言葉アンテナ」を試す単語3選

ガラパゴス語使ってない?自分の「言葉アンテナ」を試す単語3選

2017.09.14
北川和子

「ギロッポンでクライアントと5万円のシースー食べるから、マブいオフィスガールを呼んでコンパニオン役にさせよう!」なんて、バブル時代を引きずっている男性達は、日本のオフィスではもう絶滅危機に瀕しているかもしれません。“言葉は文化を映す鏡”など...

ここで差がつく!意外と見落としがちな「英文メールのルール」3つ

2017.09.08
kufura編集部

日常的に英語でメールを書いている人は、自然と身につけているかもしれませんが、これから英語の仕事が増えるという方や、新卒で入社していよいよメールのやりとりが始まっているという方は気をつけたいのが英文メールのルール。そこで今回は、外資系企業秘書...

「小生」って女性社員が使ってもイイ?社会人の一人称の正解or不正解

2017.09.08
北川和子

社会人になって、意外と迷うのが、一人称の使い方。上司や取引先の担当者がメールで「追伸 小生は……」と使っていると、ちょっと気取った“職場のベテラン”のような風格が漂ってくることもありますよね。皆さんは、「女性の私も、たまには“小生”を使って...

初心忘るべからず…!うっかり忘れがちな「ビジネスマナー」おさらい

初心忘るべからず…!うっかり忘れがちな「ビジネスマナー」おさらい

2017.09.07
橋浦多美

早いもので3月。今年度も終わりを迎えようとしていますね。そして、新しい年度がはじまって新入社員がやってきて、後輩もできる……。あれ、こんな時、ビジネスマナーどうだったっかな?と思うシチュエーションも多くなる時期ですよね。そこで、新年度に向け...

1 2