子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

夜中に食べても罪悪感ゼロな「小腹満たしの食べ物」ランキング!女性278人おすすめの1位は?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夜中、お腹が減って無性に何か食べたくなることってありませんか? しかし、こってりしたものは胃に重すぎたり、高カロリーによるダメージが怖いところ……。

そこで『kufura』では、女性278人にアンケートを行い、「カロリーは控えつつ、夜の小腹を満たしてくれるおすすめの食べ物」をうかがいました。夜食・総菜係と、おやつ・お菓子系それぞれの人気TOP3をご紹介します!

夜食・総菜系 第3位:麺類(16票)

「チキンラーメンを1/3だけ食べる」(38歳/営業・販売)

「シーフードヌードルに熱湯ではなく熱い牛乳を入れて作る」(53歳/主婦)

「卵スープで麺を入れてお腹に優しく満足」(44歳/研究・開発)

「こんにゃく麺や糖質オフ麺をすすって食べます」(34歳/その他)

「低糖質なカップ麺。めったに食べないけれど、罪悪感は低めだと思う」(45歳/主婦)

高カロリーのラーメンを夜に食べるなんて厳禁! と思ってしまいがちですが、最近は糖質をカットした健康志向のカップヌードルの展開も増えています。通常のインスタントラーメンであっても1食分を小分けして食べる量をおさえたり、低カロリーでいて満足感が得られるこんにゃく麺を選ぶなどして、夜食に麺類を取り入れている方もいました。

夜食・総菜系 第2位:豆腐(26票)

「冷奴。オリーブ油をたらすと腹持ちがよい」(50歳/営業・販売)

「納豆豆腐。おなかも満たされるし、タンパク質などがとれている感じが罪悪感を打ち消してくれるから」(30歳/その他)

「豆腐のチーズかけ。小さめのお豆腐にとけるチーズをかけてチンすると手間もかからずお腹も満たされる」(28歳/弁護士)

「豆腐の浅漬け風マリネ。塩、酢、ニンニク、唐辛子に水を注いで作った液に豆腐を食べやすい大きさに切って入れておくと浅漬け風の豆腐が出来ます。高たんぱく、低脂肪のスナックなので、小腹がすいた時につまんでます」(53歳/会社経営・役員)

「木綿豆腐をキッチンペーパーで挟んで水抜きしサイコロ形に切った上にきな粉と黒蜜をかけて食べる。餅を豆腐に変えるだけでヘルシーになるのでおやつ代わりにおすすめ」(49歳/総務・人事・事務)

腹持ちのいい豆腐が第2位に。お腹の空き具合にあわせてボリュームが調整しやすいですね。素材自体が淡泊な味わいなので、みなさんトッピングに工夫している様子。なかには、お餅を豆腐で代用したスイーツアイディアも聞かれました。炭水化物が抑えられてヘルシーですね!

夜食・総菜系 第1位:野菜(28票)

「きゅうりの自家製ぬかづけ。ずっと食べ続けられます。」(37歳/営業・販売)

「冷やしトマト。美容に良いし冷たくて美味しい」(46歳/その他)

「切ったキャベツをレンチンして塩昆布であえる」(42歳/その他)

「冷凍枝豆。湯沸かし器のお湯で解凍して食べると口さみしさがまぎれ、けっこう満腹になる」(51歳/その他)

「アボカドナムル。アボカドに胡麻油とポン酢をかけるだけ。ヘルシーだけど、しっかり食べた感じする」(35歳/その他)

夜食・総菜系の第1位は、美容や健康にいい野菜でした。栄養素が豊富でいて低カロリーな点から罪悪感がもたれにくいようです。ただ、食物繊維たっぷりの野菜だと消化に時間がかかって胃に負担がかかると言われているので、なるべく避けましょう。

夜食・総菜系 ランキング外にも注目!

ランキングでは、4位にコンビニの「サラダチキン」、5位にはお米を水分でかさ増し&消化を良くした「お粥・雑炊」と続きました。コンビニのサラダチキンは糖質ゼロの少量タイプもあるので、手に取りやすいですね。

「セブンイレブンのサラダチキン。低糖質でボリュームがあり一つで大満足」(22歳/主婦)

「コンビニやスーパーに売っている、サラダチキン。スモーク味だと香ばしさがあるので満足感がある」(25歳/総務・人事・事務)

「残った味噌汁に残った白米とコチュジャン入れて韓国風のおじや」(28歳/主婦)

「はぴねすくらぶのダイエット雑炊」(35歳/その他)

以上TOP5以外にも、これがオススメ!という声がたくさん寄せられたのでご紹介します。

「春雨サラダ。春雨はたっぷり水分を含ませてノンオイルドレッシングで麺類の代わりにする」(48歳/主婦)

「こんにゃくを一口の大きさにちぎり、煮る。ポン酢などお好みで食べる」(42歳/その他)

「即席のお味噌汁に、常備しているマロニーを軽く茹でたのを入れて、ボリュームたっぷりのお味噌汁にしています。食べごたえがあるのにカロリーは控えられます」(59歳/主婦)

「セブンイレブンのチーズ入り明太マヨしたらば。低カロリーで美味しい」(21歳/その他)

「さばの水煮缶にマヨネーズとチーズをのせて、温めたもの。低糖質なので意外にヘルシー!」

「茹で卵。高タンパクでほぼ糖質ゼロ」(50歳/総務・人事・事務)

「あぶった海苔に少しだけ食塩を振って食べる。食物繊維もアミノ酸も取れて、小腹も膨れてしかもカロリー少ないので、ばっちりです」(57歳/その他)

「とろろ昆布に少ししょうゆをかけてお湯を注ぐ。スープになるのでおなが膨れるしカロリーもひくい」(39歳/その他)

春雨やこんにゃくはヘルシー食材として多くの方が支持。また、味噌汁やスープなど温かい汁ものも人気。寝る前に体を冷やすことなくお腹が満たされますね。

おやつ・お菓子系 第3位:チーズ(10票)

「QBBのベビーチーズ。4個入りで100円程で買うので1個食べても安く、栄養があって美味しい。手軽に小腹が空いたときに食べられる」(59歳/主婦)

「4Pチーズ。色々な味のものを置いてます。スモークやサラミ味がおいしい。ローソンのブランパンにはさんでもおいしいです」(51歳/主婦)

「ベビーチーズ。チーズならタンパク質でいいかなと思うし、個包装になっているので食べすぎないから」(47歳/総務・人事・事務)

「さけるチーズ」(30歳/主婦)

おやつ・お菓子系の人気第3位はチーズ。多くの人がコンビニやスーパーで手に入る『ベビーチーズ』を推しました。味のバリエーションが豊富、お値段が手頃、個包装になっているので食べ過ぎ防止になる、美味しくて満足感が得られる!などさまざまな理由が聞かれました。

おやつ・お菓子系 第2位:ヨーグルト(11票)

「微糖のヨーグルトを食べる」(31歳/その他)

「オイコスヨーグルト」(57歳/主婦)

「明治ブルガリアヨーグルト。塩をひと振りするとしょっぱくておいしい」(40歳/主婦)

「凍らしたヨーグルトをチビチビ食べる」(36歳/総務・人事・事務)

「バナナ入りヨーグルト。最後にオリゴ糖をかける」(27歳/コンピュータ関連以外の技術職)

第2位にはヨーグルトがランクイン! 無糖や加糖、果物入りなど種類も豊富で、お菓子と比べると低カロリー。腸内環境を整えてくれたりと体にも良いのが魅力ですね。凍らせたフローズンヨーグルトは残暑が厳しい今の時季にぴったりですね。

おやつ・お菓子系 第1位:ゼリー(19票)

「こんにゃくゼリー。凍らせて食べると咀嚼するので満足感が出る」(45歳/主婦)

「蒟蒻ゼリーは、カロリーが低いので良いと思う」(34歳/主婦)

「セブンイレブンの寒天ゼリー。美味しいのにカロリーがほとんどない」(23歳/主婦)

「たらみのミックスゼリー。具材が多く大きく入っていて食べごたえがあります」(35歳/その他)

「豆乳ゼリー」(54歳/主婦)

おやつ・お菓子系の第1位はゼリーでした! ほどよく甘みがあるのに低カロリー、適度な弾力で満腹感も得られやすいといった理由が目立ちました。一粒ずつの個包装タイプ以外に、カップ入りの寒天ゼリーなども人気。うれしいゼロカロリー表示のゼリーも続々登場しているので、ついつい手を伸ばしてしまうのも納得です!

おやつ・お菓子系ランキング外のイチオシ!

4位はさっぱりといただける「ところてん」、5位はかみ応えがあり少量でも満腹感が得られる「するめ」でした。

「ところてん。酢醤油が基本。青のりや辛子を足したできる。便秘解消にもなる」(57歳/主婦)

「するめ。そのまま食べたり熱を加えるだけ。塩分は別としてカロリーは低いので罪悪感が低い。またよく噛むし消化も時間かかるから腹にたまる」(38歳/学生・フリーター)

続いて、これがオススメ!というランキング外のコメントをご紹介します。

「クリーム玄米ブラン。1枚食べるだけでけっこうお腹いっぱいになる。ビタミンも入っているので体にもいい」(49歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「クラッカー。ジャムやディップはつけずそのまま食べると少しは罪悪感が減ります」(51歳/主婦)

「SOYJOYのプレーン味。低糖質で味もさっぱりしているので、夜食に良い」(35歳/その他)

「コンビニなどで売っているマクロビのお菓子。少量だけど満足感あり」(25歳/総務・人事・事務)

「最近、冨永愛さんがお勧めしていたエナジーボールが体にも美容にもよさそうなので作り置きしている」(50歳/主婦)

甘い物を食べるとホッとしますよね。とはいえ、チョコレートなど高カロリーなものは極力控えたいところ。アンケートでは、栄養バランスのいい栄養補助食品を夜のおやつにいただくという方が見受けられました。エナジーボールとは、添加物やグルテン、砂糖などを使わない体に優しい注目スイーツです。ウェブには自宅でも作れるレシピが多数紹介されているので、興味のある方はのぞいてみては。

 

いかがでしたか? カロリーだけでなく、糖質の低い物を積極的に選んでいる方が多いのが印象的でした。

以前kufuraでご紹介した記事、「【夜食編】食べたいけど太りたくない!管理栄養士に聞いたおすすめ3つ」内で、消化に時間のかかる生野菜や、糖分が高く夜食すことで中性脂肪に変わりやすい果物を夜食として摂ることは控えるよう促されています。

この点と食べ過ぎに留意しつつ、我慢するのがツライ夜中の空腹にはなるべく体に優しいものを選んで、お腹と心を満たしてあげましょう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事