子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ボアジャケットもダウンも小物も…冬の衣類はおうちで洗ってスッキリ!【プロが教える「冬物洗い」まとめ】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夏に比べて洗うと型崩れしやすい冬の衣類。ウールやダウン素材など、気軽に洗濯機で洗えないものも多いですよね。とはいえ、クリーニングに出すとお金もかかるし、おうちでスッキリ洗いたい! そこで、ライオン株式会社 お洗濯マイスターの大貫和泉さんに教えてもらった「冬物洗いテク」を一挙紹介します。プロの技を動画で分かりやすく確認できるので、早速チェックしてみてください。

洗濯機で上手に洗えば大事な「ニット」も縮まない!

まずは冬場によく着る「ニット」を、洗濯機で縮ませたり、傷めたりすることなく、上手に洗う方法から。洗濯機で簡単におうち洗いできるので、クリーニングに出している人は必見です。

洗う時に注意するのは、使用する「洗剤」と洗濯機の「洗濯コース」。まったく同じニットを「標準コース・一般衣類用洗剤」で洗った場合と、「弱水流コース・おしゃれ着用洗剤」で洗った場合を比較してみると、ニットの縮み具合が全然違ってビックリ!

さらに、ニットを伸ばさずにハンガーで干す方法も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ブームの「ボアジャケット」も洗濯機で簡単に洗える

次はブームが続く「ボアジャケット」。ボアは毛足が丸まっているので、小さなゴミやホコリの絡まりが気になる人も多いのではないでしょうか? もこもこしていて大きめな衣類ですが、こちらも家庭の洗濯機を使って簡単にきれいに洗えます。

ボアジャケットは大きいので、洗濯ネットも大きなものを用意するのがポイント。中でよれたり動いたりしない、ぴったり入る大きさのものを選びましょう。

「ライトダウンジャケット」もおうち洗いでふわふわに!

今やすっかり冬の定番となった薄手の「ライトダウンジャケット」。手頃な価格で買えるものが多いので、クリーニングに数回出したら、もう1枚買える金額に……なんてことも。実は自分で洗ってもふわふわに仕上がるので、ぜひおうち洗いをしてクリーニング代を節約しましょう!

30℃くらいのぬるま湯におしゃれ着用洗剤を加え、その中でライトダウンジャケットを押し洗いしたら、脱水は洗濯機にお任せ。羽毛がペタンコにならず、ふわふわに仕上げる干し方も併せてご紹介しています。

ヘビロテする「フリース」を長持ちさせる洗い方

軽くて、動きやすくて、温かく、さらに値段も手頃な「フリース」。部屋着や普段着として、大人も子どもも愛用している家庭も多いのではないでしょうか?

そのまま洗濯機に入れて洗わずに、洗濯ネットに入れて洗うのが長持ちさせるコツとのこと。干す時は濡れているうちに、毛を起こすようなイメージで毛並みを整えると、きれいに仕上がります。

汗や皮脂汚れが気になる「マフラー」もスッキリ!

首に直接巻くので汗や皮脂汚れが気になる「マフラー」。洗濯表示をチェックして家庭で洗える素材であれば、おうちで手洗いしてみましょう。

押し洗い後、仕上げにバスタオルでしっかりと水気を吸い取り、M字に干すと早く乾きますよ。

「ニット帽&手袋」はこまめに洗って感染対策にも

汗や皮脂汚れが気になる「ニット帽」や、いろいろな物に触れる「手袋」は、特に汚れやすいアイテム。さらに今年はコロナ禍により、こまめに洗ったほうがよいという意見も。そのため、おうちで手軽に洗えたらうれしいですよね。

平干しネットを持っていなくても、洗濯ネットの4隅をピンチハンガーで留め、この上にのせて平干しすれば、小物類も生地を伸ばさずに干すことができます。

いかがでしたか? ステイホームが続く時期、ぜひこの機会に気になる冬物をおうちでまとめて洗ってスッキリしましょう!

【取材協力】

大貫和泉

約20年、洗濯用洗剤などの製品開発、調査に携わり、そこで得た豊富な経験や知識を生かし、ライオン株式会社のお洗濯マイスターとして各メディアなどで活躍。主婦や母親の立場から、女性ならではの目線で日々の洗濯に役立つ情報を伝えている。

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集