子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

冬の必需品!汗や皮脂汚れが気になる「マフラー」をおうちでスッキリ手洗いしてみよう!【プロが教える洗濯講座】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

家事に仕事に忙しい女性たちのために、この道20年の専門家であるライオンのお洗濯マイスター・大貫和泉さんが、知って得する洗濯のコツを教えてくれる連載企画。

今回は、ますます寒さが厳しくなり、冬の必需品として欠かせない「マフラー」をおうちで上手に手洗いする方法について教えてもらいました。

フリンジ付きの「マフラー」をおうちで手洗いする方法

首に直接巻くものだから気付けば汗をかいていたりして、実は自分が思った以上に汚れているかもしれないマフラー。1シーズン中に何回かクリーニングに出しているという人は必見。洗濯表示をチェックして家庭で洗える素材であれば、おうちで手洗いしてみるのもおすすめです。早速、動画をチェックしてみましょう!

(1)洗濯表示を確認して、家庭で洗えるかどうかチェックする。

基本、洗い桶のマークが付いているものは、家庭で洗えます。

洗濯表示の詳しい説明については、こちらの記事を参考にしてください。

→大事な衣類を縮ませない!洗濯機でニットを上手に洗う方法【プロが教える洗濯講座】

(2)汚れが気になる場所には、おしゃれ着用洗剤を付ける。キャップの底で軽く叩いて、浸透させる。

汚れてもいいようにバスタオルの上にマフラーを広げ、直接首に巻く中央付近など、特に汚れが気になる部分におしゃれ着用洗剤を塗布してください。

(3)フリンジが絡まないように、手でほぐして整える。フリンジを内側に入れて畳む。

「絡まないようにフリンジを手で整えたら、内側にフリンジを入れ込んで畳むのがポイント。フリンジが外側にあるとバサバサして洗いにくいので、必ず内側に入れ込みましょう」

(4)ジャストサイズの洗濯ネットに入れる。

「マフラーは軽くて水に浮きやすいものも多く、また、洗っているうちに畳んだ四隅が乱れてくると洗いにくいので、初めてのかたは洗濯ネットに入れて押し洗いするとラクですよ。その場合はよれないよう、ジャストサイズの洗濯ネットに入れてください」

(5)洗濯液の温度は30℃以下に。調べる方法は肘を入れて、熱くも冷たくもない温度が約30℃。水4Lに対しておしゃれ着用洗剤10mlを目安に、洗濯液を作る。

洗濯液の温度は30℃以下に。これは肘を洗濯液に入れるだけで簡単に調べることができるんです。

「洗濯液に肘を入れて、熱くも冷たくもないと感じたら、だいたい30℃くらいです」(以下「」内、大貫さん)

30℃以下のぬるま湯を作ったら、おしゃれ着用洗剤を加えて洗濯液を作ります。分量は、水4Lに対しておしゃれ着用洗剤10mlを目安にしてください。

(6)マフラーを洗濯液に浸けて、押し洗いをする。1つの角を10回押し洗いをしたら、90°回転させる。1周繰り返し、計40回優しく押し洗いをする。最後に10回、中心を押し洗いをする。

マフラーの四隅を各10回ずつ、最後に中心を10回押し洗いをします。

「例えるなら、洗い桶は小さな洗濯機。マフラーの繊維に洗濯液を通すようなイメージで、優しく水の中で押してください。洗濯液を繊維の中までしっかり浸透させましょう」

(7)マフラーを丸めて、押すようにして絞る。

「この時、雑巾のようにギュッとねじって絞るのは生地を傷めるのでNG。マフラーを洗濯ネットごとくるくる丸めて、押すようにしながら水気を絞りましょう」

(8)きれいな水で2回すすぐ。すすぎは、押し洗いと同様に行う。

洗濯液を捨てて、きれいな水に替えます。押し洗いの時と同様に、四隅を10回ずつ計40回、最後に中央を10回、押し洗いをしてよくすすぎます。さらにもう1度きれいな水に替えて、すすぎは計2回繰り返してください。

(9)マフラーを丸めて、押すようにして絞る。

すすぎ終わったら、押し洗いをした後と同様に、マフラーを丸めて押すようにしながら水気をよく絞ります。

(10)洗濯機で約1分脱水する。

マフラーを洗濯ネットに入れた状態で、洗濯機で約1分脱水します。

(11)洗濯ネットからマフラーを取り出し、バスタオルの上に広げて置く。絡まったフリンジを手で優しくほぐし、そのまま畳んで、タオルにしっかり水を吸わせる。

厚めのバスタオルの上にマフラーを広げて置き、絡まったフリンジを優しくほぐします。バスタオルとマフラーを重ねたまま一緒に畳んで、上から体重をかけてバスタオルに水をしっかり吸わせます。

(12)軽く叩いてしわを伸ばす。

マフラーを軽く叩いてしわを伸ばして、あとは干せば終了です。

「M字干し」でマフラーを早く乾かそう!

さらに、早く乾くマフラーの干し方も教えてもらいました。

2つのハンガーを用意して、それぞれにマフラーの両端をかけてM字になるように干します。こうすると重なる部分が少なくて風通しがいいので、早く乾かすことができますよ。また、100円ショップなどで売っている平干しネットの上に広げて干してもいいですね」

洗い上がったマフラーは洗剤の香りがさわやかで、何より清潔で気持ちいい! 電車の中など暖房が効いている場所では、結構首回りに汗をかいていることも多いので、マフラーはこまめに自分で手洗いできるといいですね。慣れたらストールなど大判タイプのものにも挑戦してみてください。

次回は、ニット帽や手袋など、汚れやすい冬の小物類をおうちで洗う方法を紹介します!

【取材協力】

大貫和泉

約20年、洗濯用洗剤などの製品開発、調査に携わり、そこで得た豊富な経験や知識を生かし、ライオン株式会社のお洗濯マイスターとして各メディアなどで活躍。主婦や母親の立場から、女性ならではの目線で日々の洗濯に役立つ情報を伝えている。

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集