子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

家族みんながヘビロテする「フリース」をおうちで上手に洗おう!【プロが教える洗濯講座】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

この道20年の専門家であるライオンのお洗濯マイスター・大貫和泉さんに、日々の暮らしをラクにする、知って得する洗濯のコツを教えてもらう連載企画。

今回は、冬場に家族みんなが何度も着回して、ヘビロテ必至の「フリース」を、おうちで上手に洗う方法をご紹介します。洗濯ネットに入れて洗うと、生地が傷みにくくなり、長持ちしますよ!

何度もよく着る「フリース」は、洗濯ネットに入れて洗おう

軽くて、動きやすくて、温かく、さらに値段も手頃なフリースは、部屋着や普段着として、大人も子どもも愛用している家庭が多いのではないでしょうか。

よく着る衣類だからこそ、できるだけ長持ちさせられるよう、おうちで上手に洗う方法を知りたいですよね。早速、大貫さんに教えてもらいました。

(1)洗濯表示を確認して、家庭で洗えるかどうかチェックする。

基本、洗い桶のマークが付いているものは、家庭で洗えます。

洗濯表示の詳しい説明については、こちらの記事を参考にしてください。

→大事な衣類を縮ませない!洗濯機でニットを上手に洗う方法【プロが教える洗濯講座】

(2)食べこぼしなど汚れが気になる所に、おしゃれ着用洗剤を付ける。 キャップの底で軽く叩いて、浸透させる。

子どもの食べこぼし、襟、袖、裾、ポケットの入り口など、汚れが気になる所におしゃれ着用洗剤を塗布して、キャップの底でトントン叩き、繊維の中まで染み込ませます。

(3)ファスナーを閉じ、前身頃を外側にして縦半分に畳む。両袖を真横に折り、身頃を上に折り畳み、最後に両袖を折り返す。

「このように畳むと、汚れやすい襟、袖、裾が外側になるんですよ」(以下「」内、大貫さん)。

(4)ジャストサイズの洗濯ネットに入れる。

「洗濯ネットの中でよれたり、動いたりしないよう、できるだけぴったり入る大きさのものを選んでください」

(5)洗濯機に入れる。弱水流コースを選び、おしゃれ着用洗剤で洗う。

「型崩れや毛を潰さないように洗濯したい時は、洗濯機のコースは弱水流コースを選んでください。『手洗いコース』『ドライコース』『おうちクリーニングコース』など、機種によってコースの名前は異なるので、洗濯機の説明書を読み、事前に確認を。洗剤は普段の一般衣料用洗剤ではなく、『おしゃれ着用洗剤』を使用しましょう。

また、フリースは単品で洗うと洗濯槽の中で偏りやすく、洗濯機が止まってしまうことも多いので、他の衣類と一緒に洗ってくださいね」

(6)洗いあがったら、洗濯完了!

フリースは濡れている時に振りさばいて、毛並みを整えよう

さらに、おうちでフリースを干す時の簡単なコツも教えてもらいました。

濡れている時に、軽くパンパンと振って毛並みを整える。

「ハンガーにかけたら、毛足の長いフリースの場合は、毛を起こすようなイメージで、袖や身頃を軽くパンパンと振って毛並みを整えます。この作業は、まだ濡れている状態の時に行ってください。もし乾いた後なら、洋服ブラシで毛並みを整えるといいですよ」

いかがでしたか? フリースは干す時に毛並みを整えるなど、ちょっとした工夫をしておくと、気持ちよくきれいに仕上がります。ぜひ、試してみてくださいね。

次回は、春のお悩み「花粉」から衣類を守るテクをご紹介します。

【取材協力】

大貫和泉

約20年、洗濯用洗剤などの製品開発、調査に携わり、そこで得た豊富な経験や知識を生かし、ライオン株式会社のお洗濯マイスターとして各メディアなどで活躍。主婦や母親の立場から、女性ならではの目線で日々の洗濯に役立つ情報を伝えている。

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集