子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア
濱田律子

濱田律子

愛知県生まれ、千葉(スイカの名産地・富里)育ち。大学卒業後カナダへ。バンクーバー、カムループス、バンフと移り住み、10年間現地の旅行会社で働く。カナダの永住権を取得したにも係らず、見ず知らずの富山県黒部市で農家に転身。米作りをしながら、旦那とココ(娘)と3人で日々の暮らしを楽しんでいます。黒部の専業米農家『濱田ファーム』はこちら。

「濱田律子」の記事一覧 40件中、1〜10件を表示

できたての「新米」を発送中!こんな気持ちで、各ご家庭にお米を届けています【お米農家のヨメごはん#38】

できたての「新米」を発送中!こんな気持ちで、各ご家庭にお米を届けています【お米農家のヨメごはん#38】

2020.10.22
濱田律子

こんにちは。富山県の黒部市というところで、お米だけを作っている小さな小さな農家の濱田律子です。旦那とココ(娘・12歳)と3人で、地道に真面目にコツコツとお米を作りながら、仕事に子育てにドタバタもがきつ...

反抗期で気持ちが揺れ動いてる娘(12歳)。大人げなく怒ってしまう日もあるけれど…【お米農家のヨメごはん#37】

反抗期で気持ちが揺れ動いてる娘(12歳)。大人げなく怒ってしまう日もあるけれど…【お米農家のヨメごはん#37】

2020.10.06
濱田律子

こんにちは。富山県の黒部市というところで、お米だけを作っている小さな小さな農家の濱田律子です。旦那とココ(娘・12歳)と3人で、地道に真面目にコツコツとお米を作りながら、仕事に子育てにドタバタもがきつ...

義母から届く大量のきゅうりを持て余し気味…炒めたり和えたり、こんな風に!【お米農家のヨメごはん#34】

義母から届く大量のきゅうりを持て余し気味…炒めたり和えたり、こんな風に!【お米農家のヨメごはん#34】

2020.08.25
濱田律子

こんにちは。富山県の黒部市というところで、お米だけを作っている小さな小さな農家の濱田律子です。旦那とココ(娘・12歳)と3人で、地道に真面目にコツコツとお米を作りながら、仕事に子育てにドタバタもがきつ...

「桃が甘くない」そんな年は、料理で愉しむ。農作物は工業製品ではないのだから…【お米農家のヨメごはん#33】

「桃が甘くない」そんな年は、料理で愉しむ。農作物は工業製品ではないのだから…【お米農家のヨメごはん#33】

2020.08.11
濱田律子

こんにちは。富山県の黒部市というところで、お米だけを作っている小さな小さな農家の濱田律子です。旦那とココ(娘・12歳)と3人で、地道に真面目にコツコツとお米を作りながら、仕事に子育てにドタバタもがきつ...

オトナの階段を上っている娘(12歳)。寂しいけれど、せめて週2回の塾弁当は、心を込めて…【お米農家のヨメごはん#32】

オトナの階段を上っている娘(12歳)。寂しいけれど、せめて週2回の塾弁当は、心を込めて…【お米農家のヨメごはん#...

2020.07.22
濱田律子

こんにちは。富山県の黒部市というところで、お米だけを作っている小さな小さな農家の濱田律子です。旦那とココ(娘・12歳)と3人で、地道に真面目にコツコツとお米を作りながら、仕事に子育てにドタバタもがきつ...

旬のトウモロコシごはん。我が家は「ガツン!」とパンチを利かせて、こんな風に【お米農家のヨメごはん#31】

旬のトウモロコシごはん。我が家は「ガツン!」とパンチを利かせて、こんな風に【お米農家のヨメごはん#31】

2020.07.07
濱田律子

こんにちは。富山県の黒部市というところで、お米だけを作っている小さな小さな農家の濱田律子です。旦那とココ(娘・12歳)と3人で、地道に真面目にコツコツとお米を作りながら、仕事に子育てにドタバタもがきつ...

1 2 3
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事