子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

みそと砂糖で漬けるだけ!「みょうがのみそ漬け」は冷や汁、酢みそにもアレンジできます【ちょこっと漬け♯38】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

料理研究家・沼津りえさんが、少量の野菜を手軽に漬ける「ちょこっと漬け」を、動画で楽しく教える連載企画。

今回は、夏に大活躍の「みょうが」を、おいしく漬ける方法を教えてもらいました。みょうがは、冷奴やそうめんの薬味の定番ですが、実はみそで漬けておくと、ご飯作りにとっても便利なんです!

みそと砂糖で漬けたら、上品な大人の箸休めに。

「夏のみょうがは、ぷっくりとして特においしい。薬味に使うだけじゃもったいない! みそ漬けにしてお料理の幅を広げましょう」と、沼津さん。

独特のさわやかな香りがたまらないみょうがは、薬味に使うと、加えるだけで一気に風味が変わる優れもの。実はみそと砂糖で漬けると、これまたおいしい作りおきになるんです。

【材料】(作りやすい分量)

みょうが・・・5個(約100g)

砂糖・・・大さじ1

みそ・・・大さじ2

【用意するもの】

保存容器・・・1個

【作り方】

(1)みょうがを半分に切り、さらに5mm幅の薄切りにする。

「切り方に決まりはないので、輪切りや斜め切りなど好みの切り方でOKです。夏のみょうがは香りがいいので、ぜひこの時期に作ってみてくださいね」(以下「」内、沼津さん)。

(2)保存容器にみょうがを入れ、砂糖とみそを入れる。

「みそと砂糖の割合は2:1が目安。この分量を覚えておくと、みそ漬けが簡単にできますよ。

今回は上白糖を使っていますが、砂糖はきび砂糖や三温糖など好みのものを使ってOK。砂糖をはちみつに変えてもおいしいです。その場合も、分量は変わりませんのでご安心を」

(3)混ぜ合わせて、全体をなじませる。

「よく全体を混ぜ合わせたら、みょうがの水分が出てくるまで、冷蔵室で休ませましょう」

(4)冷蔵室で1時間以上置いたら、できあがり!

1時間置くとみょうがから水分が出て、全体がしんなりしていい感じに。すぐ食べると浅漬けでシャキシャキしていますが、1日おくとさらに味が染みてしんなりしてきます。保存期間は冷蔵で4〜5日が目安です。

早速味見をしてみると……みょうがとみそって相性抜群! 砂糖が溶け込んだ甘いみそを、みょうががキリッと引き締めて、絶妙なバランス。みょうがのさわやかな風味が広がり、これはちょっと上品な大人の漬け物です。夏は冷酒のあてにして、ちびちび飲んだらきっと最高。冷奴はもちろん、炊き立てのごはんにのせてもおいしそう!

私はみょうがが大好きでいつも冷蔵庫に常備しているのですが、薬味に使うばっかり。これならみそと砂糖で漬けるだけなので簡単なうえ、いろいろな料理にも応用できそうです。

「酢みそ和え」と「即席冷や汁」にパパッとアレンジ!

さらに、おいしいアレンジ法を思いついたという沼津さん。

「みそと砂糖を混ぜてあるので、ここにお酢を入れたら、簡単に酢みそができる!と閃きました(笑)。みょうがの利いた、ちょっと大人の酢みそが速攻で作れちゃいますよ」

◆夏にさっぱりいただく「ゆでだこの酢みそ和え」

(1)みょうがのみそ漬け大さじ1に対して、酢小さじ1/2を加える。

「みょうがのみそ漬けに酢を加えるだけで、簡単に酢みそが作れます。これはとっても便利!」

(2)ゆでだこを入れて和える。

「えびやいか、ゆでたお肉を和えてもさっぱりしておいしいですね」

(3)できあがり!

甘いみそに酢が加わって、一気に夏の装いに。スッキリした酸味にみょうががさわやかに香る、夏にぴったりの副菜があっという間に完成しました。

◆冷えた麺を絡めて味わう「冷や汁そうめん」

さらに、夏のお助け食材「そうめん」にのせるだけという、超簡単アレンジレシピがこちら。サッと作れるので、めんつゆに飽きたらぜひ試してみてください。

(1)ゆでたそうめんを器に盛り、水と氷を入れ、みょうがのみそ漬けを適量のせる。漬け汁も一緒に加える。

(2)千切りにした青じそを添えて、できあがり!

そうめんに混ぜながら食べると、なんと冷や汁風に! みょうがのシャキシャキした食感がアクセントになって、みそが麺によく絡み、甘じょっぱくておいし〜! とっても手軽にできるので、いつものそうめんを味変するのにおすすめです。

ぷっくり太った立派なみょうがが出回る季節。薬味に使った残りは、ぜひちょこっと漬けにして楽しむのはいかがでしょうか?

次回は、旬真っ盛りの「オクラ」をご紹介します。

【取材協力】

沼津りえ

料理研究家、管理栄養士、調理師。料理教室『cook会』主宰。バラエティー豊かなレッスン内容が好評で、東京・阿佐ヶ谷を中心に数多くの料理教室を開催。毎年、梅漬けの教室はリピーターが多く大人気に。手軽でシンプルなアイディア溢れるレシピに定評があり、雑誌などのメディアでも活躍。著書に『いろんな味で少しだけつくる ちょこっとだけ漬けもの』(学研プラス刊)、『低糖質だからおいしい!「おやつ&スイーツ」』(K&M企画室)、『食品保存大全』(主婦の友社)など多数。

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事