子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

りんごジュース&冷凍ベリーでお手軽!ミックスベリーアイスキャンディーの作り方

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

100円ショップのアイスキャンディーメーカーに好きなジュースや果物を「入れて凍らせるだけ」の簡単アイスキャンディーの作り方を、お菓子・料理研究家の森崎繭香さんに教えてもらう【入れて凍らせるだけ!簡単アイスレシピ】。

今回は、市販の「冷凍ミックスベリー」を使ったアイスキャンディーをご紹介します。ミックスベリーを凍ったまま入れるので、仕上がりもスピーディー! ベリー色に染まった真っ赤な見た目も愛らしい1本です。早速、動画と記事で作り方をチェックしてみましょう。

ミックスベリーアイスキャンディーの作り方

【材料】(3個分)

・りんごジュース・・・100ml

・グラニュー糖・・・20g

・ミックスベリー(冷凍)・・・100g

 

※砂糖は冷たい液体にも溶けやすいグラニュー糖を使用しています。お菓子作りで活躍するグラニュー糖は、スッキリした甘さに仕上がるのが特徴です。上白糖でも作れますが、その場合は甘味や食感が変わるので、調整しながら使用してください。三温糖を使用する場合はやや茶色に色付きます。そのため、色を鮮やかに出したい時は白色の砂糖の方が適していますよ。

【用意するもの】

・アイスキャンディーメーカー・・・1個

・木の棒・・・3本

 

※今回は100円ショップで購入した、約70ml×3本のアイスキャンディーメーカーを使用しています。材料の分量は使用するアイスキャンディーメーカーの容量に合わせて調整してください。

※今回はアイスキャンディーメーカーの付属の棒ではなく、市販のアイス用の木の棒を使用しています。木の棒は100円ショップなどで購入できます。

【作り方】

(1)計量カップにりんごジュースを入れ、グラニュー糖を加えて混ぜる。

アイスキャンディーメーカーに注ぎやすいよう、計量カップを使って混ぜ合わせます。

(2)アイスキャンディーメーカーにミックスベリーを凍ったまま入れる。

市販のミックスベリーは凍ったまま入れてしまってOK! 凍った果実が液体を冷やしてくれるので、他のアイスよりも早く仕上がりますよ。

(3)りんごジュースを3等分に分けて注ぐ。

こぼれたりしないよう、必ず果実を先に入れてから液体を注ぎましょう。

(4)木の棒を挿し、冷凍庫に入れる。

ふたを閉めて、木の棒をアイスキャンディーメーカーの空いている穴に挿します。液状だと浮き上がってきて斜めになったりしますが、少し凍ったところで挿し直すので、この時はそのままで大丈夫です。

(5)1時間ほど経ったら、途中で木の棒を挿し直し、一晩凍らせる。

1時間ほど経って木の棒が浮いてきた場合は、まっすぐ挿し直すときれいに仕上がります。果実が多い場合は木の棒が固定されやすいですが、液体が多い場合は浮きやすいので、1時間経ったらチェックするといいですね。

(6)アイスキャンディーメーカーから外す。

アイスキャンディーメーカーの外側を水でさっと軽く濡らし、手で温めながらアイスキャンディーを外したら、できあがり!

完成するとミックスベリーがじんわり溶けながら凍るので、りんごジュースが赤く色づき、鮮やかな赤いアイスバーになりました! ひと口食べてみると、ラズベリーやブルーベリーの酸味がりんごジュースに溶け込み、酸味と甘味のバランスが絶妙。ゴロゴロ入った果実はシャリシャリした食感で、食べ応えも満点!

他にも、パイナップルやマンゴー、オレンジなどで作ってもおいしそう。最近は、市販の冷凍フルーツが充実しているので、ぜひいろいろな組み合わせを試してみてくださいね。

【取材協力】

森崎繭香・・・お菓子・料理研究家。フードコーディネーター。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み独立。書籍、雑誌、Webへのレシピ提案、テレビやラジオ出演など、幅広く活動中。身近な材料を使った、家庭でも作りやすいレシピが好評。『米粉で作る うれしい和のおやつ』(立東社)など著書多数。http://mayucafe.com 2018年11月に、人も犬もおいしく食べられる無添加のおやつとごはんのオンラインショップ『one’s daily』をオープン。https://onesdaily.com

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事