子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ごはんを糖質オフできる「カリフラワーのハムごはん」がおいしい!【ちょこっと漬け♯21】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

大物野菜を使い切るのにも便利な、手軽に漬ける「ちょこっと漬け」。今回は、前回ご紹介した「カリフラワーのあっさり塩漬け」のアレンジ法を、料理研究家の沼津りえさんに教えてもらいました。

ゆでて食べるだけでなく、生で食べてもおいしいカリフラワー。あっさりした薄味の塩漬けにしておくことでアレンジしやすく、ごはんと和えたり、スープにしたり、料理のバリエーションも豊かに広がります。早速、動画をチェックしてみましょう。

アレンジ1:糖質オフできるカリフラワーのハムごはん

前回ご紹介した「カリフラワーのあっさり塩漬け」は、パリパリした食感が新感覚で、オリーブオイルや粗挽き黒こしょうをかけて食べると、ヤミツキになるおいしさでした。

「カリフラワーのあっさり塩漬け」の作り方はこちら。

→塩でもむだけの「カリフラワーのあっさり塩漬け」が新感覚!パリパリがとまらない…【ちょこっと漬け#20】

まずは、ごはんと混ぜて最近流行っているカリフラワーごはんにアレンジ。ごはんをカリフラワーに置き換えることで糖質オフできるうえ、シャキシャキした食感で食べ応えも出る一品です。

【材料】(2人分)

カリフラワーの塩漬け・・・1/2量

ハム・・・2〜3枚

ごはん・・・200g

パセリ・・・適量

【作り方】

(1)ハムは重ねて縦半分に切り、さらに重ねてせん切りにする。90°回転させて、みじん切りにする。

(2)カリフラワーの塩漬けはしっかり水気を絞り、ごはんに入れる。

「ごはんは温かいものを用意してください。カリフラワーを入れて糖質オフするので、通常の2膳分より少なめの量でOK。ごはんがびちゃびちゃにならないよう、カリフラワーはしっかり水気を切って加えてくださいね」(以下「」内、沼津さん)

(3)ハムを入れ、しゃもじで切るように混ぜる。

ごはんがべたつかないよう、切るようなイメージでさっくり混ぜましょう。

(4)器に盛り、刻んだパセリを振って、できあがり!

食べてみると、調味料は何も入れていないのに、カリフラワーとハムの塩気が絶妙に利いていて、あっさりいい感じ。ハムが入っているので、子どももおいしく食べられそうです。男性はちょっと苦手かな?と思ったら、男性スタッフ2名も「おいしい!」と大絶賛で、あっという間にモリモリ完食してしまいました。これは、夫の糖質オフにも使えそうですね!

「仕上げにパルメザンチーズ、粗挽き黒こしょうを振ってもおいしいですよ。パセリをパクチーにするとアジア風に。お子さんにはプロセスチーズを角切りにして混ぜると、より食べやすくなります」

アレンジ2:牛乳で作る優しい味のカリフラワーのポタージュ

次は、ポタージュにアレンジ。牛乳で煮込むのでまろやかな優しい味に仕上がります。

【材料】(2人分)

カリフラワーの塩漬け・・・1/2量

水・・・100ml

牛乳・・・300ml

オリーブオイル・・・適量

【作り方】

(1)鍋に軽く絞ったカリフラワーの塩漬けを入れる。

(2)水を入れて、軟らかくなるまで弱火で5〜6分煮る。透明感が出て、水分がなくなってきたらOK。

「カリフラワーは塩漬けにしてあるので塩分が入っているため、軟らかくなるまで少し時間がかかります。水が少ないので弱火でゆっくり煮ていきましょう。

沸騰して、カリフラワーの甘い香りがし始め、透明感が出て水分がなくなったらOKです。軟らかくならなかったら、水を足してさらに煮てください」

(3)お玉の背でカリフラワーを粗く潰す。

「ブレンダーもミキサーも使わずに作れるのがいいところ。お玉の背で好みの粗さに潰してくださいね」

(4)牛乳を入れて、中火で混ぜながら温める。

中火で沸騰したら弱火にして、トロッとするまで煮詰めていきます。水の段階でよく煮てあるので、ここではとろみがつけばOKです。

(5)器に盛り、オリーブオイルをかけたら、できあがり!

大人が食べる時は、お好みで粗挽き黒こしょうを仕上げに振ってもおすすめです。

スプーンで口に運ぶと、ほっこり優しい味。カリフラワーの粗い食感が残っているのがまたおいしくて、野菜の旨味をしっかり味わえる素朴でシンプルなポタージュです。

「もっと濃厚にしたい人は、牛乳の代わりに生クリームを使うと、本格的で高級感のある味に仕上がります。追加でにんじんやブロッコリーを加えると、彩りも華やかになりますよ」

他にも、カリフラワーのあっさり塩漬けは、サラダやカルパッチョのトッピングに使ったり、大きめに切って漬けてアヒージョにしてもおすすめ。マンネリしがちなカリフラワーの食べ方のバリエーションが広がるので、ぜひ試してみてくださいね。

次回は、少し余った豆腐をおいしく漬ける「豆腐」のちょこっと漬けを紹介します。

【取材協力】

沼津りえ

料理研究家、管理栄養士、調理師。料理教室『cook会』主宰。バラエティー豊かなレッスン内容が好評で、東京・阿佐ヶ谷を中心に数多くの料理教室を開催。毎年、梅漬けの教室はリピーターが多く大人気に。手軽でシンプルなアイディア溢れるレシピに定評があり、雑誌などのメディアでも活躍。著書に『いろんな味で少しだけつくる ちょこっとだけ漬けもの』(学研プラス刊)、『低糖質だからおいしい!「おやつ&スイーツ」』(K&M企画室)など多数。

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集