子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「朝の呼吸法」でスッキリ目覚めて、1日をスタート!【おうちでヨガレッスン#9】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ヨガを中心とした様々なライフスタイル改善プログラムを提案する『Veda Tokyo』とkufuraがコラボして、初心者でも自宅で手軽に行えるヨガレッスンを紹介。

今回は、kufuraで人気の「ヨガの呼吸法」について若松由貴子さんに教えてもらいました。紹介するのは「朝の呼吸法」。朝行うと頭がスッキリして、気持ちよく1日のスタートを切ることができますよ!

腹圧をかけながら呼吸することで、体のスイッチをON!

ヨガを行う際に大切な呼吸法。若松さんいわく、ヨガの世界では、浄化法のひとつに「呼吸」があるとのこと。以前ご紹介した基本の「片鼻呼吸法」をはじめ、呼吸法はいくつもあるそうです。

「片鼻呼吸法」の動画記事はこちら。→【おうちでヨガレッスン#1】「片鼻呼吸法」で自律神経を整え、忙しい私の心身と向き合う

今回教えてもらったのは「カパラバティ」という朝におすすめの呼吸法。

「サンスクリット語で、カパラは頭蓋骨、バティは光を意味します。つまり脳を活性化させる目覚めの呼吸法です。鼻から息を強く吐き出しながら、お腹に圧をかけるため、内臓やお腹周りが活性化され、血行を促進します。体の中に熱を作る呼吸法なので、朝に行うと体が目覚め、頭の中がスッキリして全身の浄化につながるんですよ」(以下「」内、若松さん)

体が活性化するので、夜寝る前などは行わない方がよいそうです。また、しっかり腹圧をかけるので、妊娠中の人、高血圧の人、心臓疾患のある人は控えてください。

それでは、早速やってみましょう!

朝の呼吸法「カパラバティ」の行い方

(1)1セット目はゆっくり10回

まずは自分の呼吸をじっくり感じながら、ゆっくり10回行います。背筋を伸ばして座り、両手は膝にのせ、目を閉じます。目の奥と舌をゆるめ、落ち着いたら両手をお腹に当て、鼻から息を吸って、鼻から強く吐き出しましょう。同時に腹圧をしっかりかけてください。

(2)2セット目はテンポよく20回

1セット目が終わり、鼻から息を全部出し切ったら、手をほどき自然な呼吸に戻ります。落ち着いたら2セット目はテンポよく20回。同様に「フッ、フッ、フッ」と、リズムよく繰り返しましょう。

(3)静けさを味わう

20回終わったら、鼻から息を全部出し切り、手をほどいてコントロールしていた呼吸を手放します。そのまま力強さの後の静けさをじっくり味わってください。

実際に朝行ってみると、お腹から胸の辺りがジワッと熱くなるのを実感。全身に血が巡るイメージが湧いて、呼吸をしっかり味わった後、目を開けると頭がシャキッとクリアになりました。時間も2分程度ですぐに行えるので、目覚めたらベッドの上でそのまま行ってもよさそうです。

いかがでしたか? 次回はこの後行うのにおすすめな3分でできる「朝ヨガ」を紹介します!

【取材協力】

若松由貴子

心と身体をバランス良く鍛えることができるオンラインスタジオ『Veda Tokyo』所属。さわやかな笑顔と丁寧で分かりやすいレッスンが人気。アディダスグローバルランニングコミュニティadidas Runners Tokyoのヨガ講師を務める。2015年より毎年インドに渡り、ヨガの学びを深めている。指導歴10年。2児の母。
取材・文/岸綾香
pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。