子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

さくっと作れて「子どもが喜ぶお昼ごはん」レシピをママ205人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

突如、子どもが通う学校や園が、休校・休園に。子どもが家にいることで、いつもより色々な手間が増えることが多くなり、なかでも「お昼ご飯の用意が大変!」と感じている方も少なくないのではないでしょうか。在宅ワーク中の方はなおさら、昼食は手早く済ませたいですよね。

『kufura』では、長期の休みの際に、子どものためにさっと作って喜ばれる「ランチ」のアイディアレシピをママ205人に聞いてみました。皆さんのおすすめの一品をご覧ください!

なんといっても「ご飯もの」がささっと作れて有難い!

おそらく嫌いな子どもはいないであろうという「ご飯もの」レシピがたくさん出てきました。どんなメニューを食べているのか、早速みていきましょう。

栄養も摂れる!「チャーハン」のアレンジ

「小松菜と雑魚のチャーハン。栄養満点」(29歳/主婦/子・未就園児)

「しらす入りのチャーハン。卵と余り野菜も入れるのでこれ1品で満足感があるのだと思う」(35歳/主婦/子・未就園児)

「納豆チャーハン。卵と有ればネギと納豆をごま油で炒め醤油ですこしだけ味付け。みんなパクパク食べます」(39歳/主婦/子・未就園児)

「残り野菜を多めに入れたチャーハン。チャーハンに入れた野菜は何故か食べてもらえるので」(37歳/主婦/子・小学生)

「お漬物で作るチャーハン。切る手間がなく簡単に作れます」(42歳/主婦/子・小学生、中学生)

残ったご飯を使えて、混ぜて炒めると子どもが嫌いな野菜も食べやすくなるので、チャーハンは大助かりなランチメニューの鉄板ですよね。満腹感も得られて子どももママも大助かりな“外せない一品”といえるでしょう!

「オムライス」子どもが喜ぶ一工夫は?

「オムライス。炊飯器に米と野菜を入れて炊き、炊き上がったらケチャップを入れてチキンライスをつくる。卵を広めの皿に薄く伸ばしレンジで温めチキンライスを包む。火を使わず洗いものが少ない」(31歳/主婦/子・幼稚園児・保育園児)

「オムライス。ケチャップでお絵かき」(31歳/主婦/子・未就園児)

卵とケチャップのハーモニーは、子どもが大喜びする組み合わせですよね。ケチャップでお絵かきする楽しみも忘れてはいけません!

「カレーライス」はトッピングを楽しんで

「カレーライスにチーズ入りハンバーグを乗せると喜びます」(43歳/主婦/子・幼稚園児・保育園児小学生)

「レトルトカレーに、トッピングできるような具材の用意をしておく。少し豪華になります」(44歳/その他/子・高校生以上)

カレーもランチの鉄板といえますね。わざわざ作らなくても、夕飯の残りをリメイクしたり、驚くほど種類が多いレトルトカレーも活躍してくれるはず。食欲がない時でも、あのスパイスの香りが漂ってくると食べられちゃうなんてこともあるのでは? トッピングを工夫するともっと楽しいランチになりそう!

「丼もの」一品豪華なアレンジは?

「カニカマ天津飯。ご飯の上にかに玉のようなたまごを被せてつくります。甘辛いたれをかけるとご飯がススムようで喜びます」(36歳/その他/子・中学生)

「ニラ玉丼。ニラと卵を炒めて焼肉のタレをかけるだけ。ボリュームたっぷりで喜びます」(36歳/その他/子・中学生、高校生以上)

「焼肉丼。肉を焼いて焼肉のたれで絡めてご飯にのっけるだけ」(40歳/その他/子・高校生以上)

「麻婆豆腐の素を、豆腐だけでなく、野菜たっぷり、キムチを入れたり、卵を入れたりしたアレンジ麻婆どんぶり」(45歳/その他/子・高校生以上)

「イタリア風牛玉丼。ホールトマトとにんにくを使ってイタリア風にします」(34歳/主婦/子・小学生)

ご飯の上にドーンとのっけちゃう丼ぶりもの。時に豪快でありながら野菜が多かったりと栄養も満点な一品ランチ。手間を省きたいランチには持ってこいといえるのではないでしょうか。

ちゅるちゅるっと食べやすく、簡単な「麺類」が大活躍!

麺類もランチには大人気。食欲があまりない時でも、麺だったら……という方も多いでしょう。

麺の王様?「ラーメン」は野菜たっぷりアレンジで

「チャンポン麺と肉・野菜などを鶏ガラスープの素で炒める軟炒麺」(51歳/学生・フリーター/子・高校生以上)

「昔ながらの中華そばをささっとつくる」(37歳/その他/子・幼稚園児・保育園児)

「インスタントの塩ラーメンに牛乳を足して、ちゃんぽん風ラーメンにします。野菜もとれるし、麺が好きなので、たくさん食べます」(24歳/営業・販売/子・幼稚園児・保育園児)

ラーメンには、あまり野菜を入れられなくて……と思っている方もいるかもしれませんが、ちゃんぽん風にすると、たっぷりと野菜もとれちゃいますね。インスタント麺も工夫次第で栄養たっぷりな一品になれそうです。

不動の人気「うどん」ならアレンジも自由自在

「すき焼き風焼きうどん。牛肉と長ネギを具にした焼きうどん。すき焼きのたれを使うと美味しい」(47歳/主婦/子・中学生)

「たっぷり野菜の卵とじうどん」(28歳/主婦/子・未就園児)

「うどん。朝めんつゆに野菜を入れて煮ておけば食べる前に冷凍うどんを入れてあたためるだけ」(29歳/主婦/子・未就園児)

「たらこ焼きうどん。チルドのうどんをスパゲティのたらこソースと一緒に炒めて混ぜるだけ」(48歳/主婦/子・小学生)

「適当な具材に天かすをのせたうどん。天かす大好きなので喜びます。昨夜の残り物おかずの具材が、天かすのおかげで味も見た目もグレードアップします」(40歳/主婦/子・小学生)

小さいお子さんにも人気なのが「うどん」。冷凍庫にうどんを常備してあるという方も多いはず。冷凍うどんを使ったメニューも簡単で大助かりな一品です。こちらもランチタイムには外せない人気メニューですね!

塩でもソースでも「焼きそば」

「塩焼きそば。すぐに作れてサッと食べれ塩味も旨味を出しているので子どもも喜んで食べます」(41歳/主婦/子・幼稚園児・保育園児、小学生、高校生以上)

「カレー焼きそば。さっとカレー粉を入れるだけでテンションが上がります」(42歳/主婦/子・未就園児幼稚園児・保育園児、小学生)

「焼きそばを焼きその上に中華丼の具をのせる、楽だしおいしいし栄養がとれる」(52歳/主婦/子・高校生以上)

塩でもソースでも、カレー味でもイケちゃう焼きそばもお手軽メニューですよね。味付けがしっかりしている分、いろんな野菜を入れても気がつかれにくいのも有難いですね。

我が家も5歳双子男児からは、焼きそばのリクエストが多く、冷蔵庫にある野菜をどんどん入れて「野菜たっぷり焼きそば」にして食べさせています。

シンプルな味付けから創作イタリアン風「スパゲッティ」

「パスタ。なすと玉ねぎをいためて醤油をかける」(44歳/総務・人事・事務/子・未就園児)

「めんつゆとしらすをいれただけのパスタ」(35歳/その他/子・幼稚園児・保育園児)

「パパのパスタ。ツナと豆乳パスタ」(36歳/主婦/子・幼稚園児・保育園児)

スパゲッティも子どもから人気の一品。和風から創作風まで色々できちゃうのが楽しいですね!

簡単に作れて嬉しい「パン」レシピ

お昼は簡単に済ませたい派に人気なのがパンを使ったレシピ。パンにのせて、はさんでと工夫をすればボリュームも出て満足度の高いランチに大変身!

「ピザです。食パンにハムチーズをのせてトーストします」(45歳/主婦/子・中学生)

「マヨネーズトースト。食パンにマヨネーズ を塗って焼くだけで、簡単に作れ喜ばれます」(52歳/その他/子・高校生以上)

「トーストの上にキャベツ、納豆、目玉焼きのトースト」(35歳/総務・人事・事務/子・小学生)

「ロールパンにマーガリンを塗って軽く温めたら焼いたウイニーを挟んでマスタードをかけるプチホットドッグ」(41歳/主婦/子・幼稚園児・保育園児)

「フレンチトースト。美味しいけれど牛乳や卵など栄養素も豊富に摂れる」(38歳/総務・人事・事務/子・小学生)

「しらすトースト。食パンにしらすとチーズをのせて焼くだけ。よく食べてくれる」(37歳/主婦/子・幼稚園児・保育園児)

「ピザトースト。食パンにトマトケチャップをぬり、ハム、ピーマン、チーズをのせてトースターで焼くだけ」(44歳/主婦/子・小学生)

「クッキー型で食パンを抜いて可愛い形にしたサンドイッチ」(32歳/主婦/子・未就園児)

ピザパン風にしたり、マヨネーズテイストにしたりと、バリエーションが豊富なのも嬉しいですね。色々乗せてオリジナルレシピを作ってみるのも楽しい!

「粉もの」アレンジは色々混ぜちゃう!

「野菜を何でも千切りにしてお好み焼きにする」(53歳/総務・人事・事務/子・高校生以上)

「たこ焼き生地を小さいフライパンで焼いたものに、チーズ、お餅を混ぜて焼いたものが好きです」(40歳/広報・宣伝/子・幼稚園児・保育園児小学生)

「ネギ焼き。小麦粉、顆粒だし、卵、ネギだけ。ネギは冷凍してあるので、いつでも作れます。フライパンで薄く焼いて、くるくる巻くだけなので調理時間も短いです」(51歳/主婦/子・高校生以上)

お好み焼き、ねぎ焼き、たこ焼きなど、もうとにかく色々混ぜちゃえるのも、有難い一品。とくに関西方面では不動の人気といえそうですね!

長期の休みだからこそ工夫しています!

お昼ご飯は毎日のこと。だからこそ手抜きで……と考える方も少なくないでしょう。そんな時に大活躍なのが「冷凍食品」かもしれません。どんな活躍をしているのでしょうか。

「冷凍食品」を使ったアレンジレシピ!

「冷凍唐揚げで作ったチキンライスオムライス」(32歳/主婦/子・未就園児小学生)

「冷凍炒飯や冷凍パスタ」(47歳/主婦/中学生高校生以上)

「冷凍パスタに野菜とソーセージを足して、栄養とボリュームを足してあげる」(37歳/主婦/子・幼稚園児・保育園児)

「冷凍うどんアレンジ。カレーうどんやカルボナーラうどん、ミートソースうどんなど色々アレンジしてます」(48歳/主婦/子・中学生、高校生以上)

「市販の冷凍焼きそばを使った『オムそば』です。焼きそばをレンジで解凍している間に、卵を用意すれば、5分位で美味しいオムそばの完成です」(59歳/主婦/子・高校生以上)

いろんな冷凍食品がありますが、それぞれアレンジをして使っている人が多いようですね!

この時期だからこそできる&やりたい「子ども参加型」レシピ

「一緒に特大のホットケーキを焼いて、果物やクリームなどで好きにアレンジさせてやると喜びます」(38歳/その他/子・小学生)

「ホットサンドにチーズと子どもの好きなものを提案させて挟んで作る」(37歳/総務・人事・事務/子・未就園児、幼稚園児・保育園児)

「自分でなく子どもにピザとか作らせます。材料だけ切ってあとは子どもに丸投げ」(36歳/公務員/子・未就園児)

「自分たちでタコスを作らせる」(37歳/営業・販売/子・小学生)

我が家では時折、パンと具材を並べて、それぞれ好きなものを挟んで食べてもらう「セルフサンドウィッチ」をしますが、自分の好きな具材をいれられるのが楽しいらしく大人気! 忙しい時には挑戦したくないことも、長期の休みだからこそできることもあるかもしれませんよね。そういった機会に子どもも食や料理に興味を持ったりと新しい発見もあるかもしれません。

 

いかがでしたか? 思わぬ長い休みに突入してしまい、困ったと思うこともあるかもしれませんが、楽しいランチをとることで、午後もハッピーな時間になりそうですよね! ぜひ、この記事も参考にしながら、素敵なランチタイムをお過ごしください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。