子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「ママお願い、また作って!」子どもが繰り返しねだる我が家の定番レシピを調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもたちが大好きなママの手作り料理。その中でも、「ママのこのメニューが大好き!」という人気レシピはどんなものでしょうか?

そこで『kufura』では20〜50代の子どものいるママ達に「繰り返しねだられる我が家の定番レシピ」を聞いてみることに。美味しそうなメニューが次々と登場する213人の回答をご覧ください!

人気高すぎ「ハンバーグ」がダントツ1位!

「ハンバーグ。ステーキソースで玉ねぎを炒めて作ります」(48歳/主婦)

「ハンバーグ。ネタの中にラードを入れるとジューシーになる」(57歳/主婦)

「ハンバーグ。中にチーズを入れるとさらに喜んでくれる」(38歳/主婦)

「ハンバーグの中に細かく切った野菜を沢山いれ、ケチャップを付けてたべる」(28歳/主婦)

「和風ハンバーグのたれを、味ぽんと焼き肉のタレで作る」(51歳/主婦)

「煮込みハンバーグ。形を作るところから手伝ってくれます」(35歳/主婦)

子どものハンバーグ人気は鉄板ということが明らかに。ソースを工夫したり、中に色々具材を入れたり、まさに「我が家だけのオリジナルハンバーグ」が人気のようです。

同じハンバーグでも、柔らかく仕上がる豆腐系も人気のよう。

「豆腐ハンバーグ。まだ離乳食を終えたばかりなので、柔らかい物の方が好んでいる。肉と同量の豆腐を入れてよくこねて、オリーブオイルで焼く。ソースは鰹だしをベースにしてとろみをつけたものがお気に入り」(33歳/その他)

ハンバーグは、ケチャップでも、和風でも、ソースも色々アレンジできて子どもも飽きのこない一品。お弁当にも入れやすくダントツ人気も頷けますね。

中に色々入れちゃいます…「餃子」

「餃子が大好きです。キャベツやニラを沢山入れます」(43歳/主婦)

「餃子。野菜を細かくきざみ、にんにくを入れる」(49歳/主婦)

「餃子。ウェイパーで味付けすると美味しいとよく食べる」(42歳/その他)

餃子も子どもから大人気。お肉多めのパワフルなものから、野菜多めのヘルシー系まで様々な具材が挙げられました。

具材を包むことで、少々苦手なものを混ぜてもわかりにくく、ママ次第で皮の中に入れるものを変えられるという、まさに変幻自在のひき肉料理と言えるかもしれません。

我が家も5歳双子からは餃子のリクエストが多く、沢山作ってもパクパク食べてくれて、あっという間になくなる大人気の一品です。

まだまだあります「ひき肉を使ったレシピ」

「手作りミートボール。ネットで調べたレシピを自分でアレンジしています」(37歳/営業・販売)

「ピーマンの肉詰め。お肉をいっぱいためて野菜食べさせる」(22歳/その他)

「しいたけの肉詰め。子どもが好きです」(33歳/主婦)

「そぼろ。にんにく味噌を入れて味を変えています」(32歳/主婦)

「つくね。大根おろしにポン酢と少し砂糖を入れる」(38歳/主婦)

「マーボー豆腐。味噌味で甘め」(36歳/主婦)

色々な形にや味に変化するひき肉料理。お肉の種類でもメニューが変わりますし、和風でも、洋風でも、中華でも大活躍してくれる万能選手で本当に助かりますよね。

また、価格も比較的リーズナブルで安定していて、まさに子どももママも嬉しい食材ということになりますね!

我が家の味が出る「唐揚げ」

「からあげ。カラッとあがるように片栗粉で揚げる」(28歳/営業・販売)

「からあげ! 下味をつけたまま半日ほど冷蔵庫にいれておく」(27歳/主婦)

「唐揚げ。ニンニク 生姜 めんつゆを揉み混んで 市販のからあげ粉をまぶすシンプルなもの」(49歳/主婦)

「手羽元の唐揚げ。ガーリックパウダーと塩コショウとかけてしばらくおき、片栗粉をふって揚げるだけ」(41歳/その他)

「作ったから揚げに甘辛いたれをからめてお弁当に入れると喜ぶ」(48歳/その他)

唐揚げといっても、塩コショウ、醤油ベースなどいろんな味付けがあっての我が家のレシピですよね。

お弁当ウケもよく、普段のお弁当から運動会などのイベント時まで大人気の一品。小麦粉か片栗粉で揚げるかも意見が分かれるところですね。

やっぱりはずせない!「カレー味」

「カレー。玉ねぎをしっかり炒めるとよく食べる」(33歳/主婦)

「カレーは作るたびに材料やブレンドするルーが違うけど、子どもには好評。お祝いの時はトッピングがカツ類や唐揚げが付くから」(45歳/主婦)

「カレーの目玉焼き乗せ」(38歳/主婦)

「野菜たっぷりカレー」(34歳/主婦)

あの食欲をそそるカレーの香り。ちょっと嗅いだだけで”カレーモード”になるというのは、大人だけではなく、子どもも同じことなのでしょう。具材やトッピングにこだわれるのも楽しいですね!

いろんな料理に変身!「卵料理」

「オムライス。ご飯、ケチャップ、ハム、玉ねぎを混ぜ、甘めの卵で巻く」(44歳/総務・人事・事務)

「オムライス、野菜をたくさんみじん切りにして入れる」(42歳/主婦)

「オムライス。トロトロのオムレツをチキンライスに乗せる」(41歳/主婦)

「オムスパ。レトルトのミートソースにパスタを絡めて卵で包むだけです」(49歳/その他)

「だし巻き卵」(54歳/主婦)

「だし巻き卵にシラスとチーズをいれる」(31歳/営業・販売)

卵も子どもからに人気が高い素材の一つ。今回はオムライスが好きという意見が多く聞かれましたが、レパートリーが広いのも卵料理の特徴。また、全部を使うこともあれば、黄味や白味だけを使ったりと、その使われ方によって、料理自体が変わってくるのも楽しいですね!

まだまだあります!我が家で人気のレシピ

(1)がっつり系

「揚げ出し豆腐、染み込んだ出汁が美味しい」(54歳/主婦)

「我が家はコロッケです。芋好きなので(笑)」(38歳/主婦)

「コロッケ。真ん中にゆで卵を入れる」(38歳/総務・人事・事務)

「カツ丼。玉ねぎはクタクタになるまで火を通します」(28歳/主婦)

(2)和風でしっとり「THE 日本食」

「もつ煮。作ってから2日目以降が特に美味しいみたいです」(49歳/主婦)

「カジキの味噌焼き。カジキに薄く味噌を塗って焼く。骨が無く食べやすいのか良く食べる」(37歳/主婦)

「味噌煮込みうどん。隠し味にしょうがのすり下ろしを少しいれます」(37歳/主婦)

「大根と人参の炒め煮。煮汁が飛ぶまでしっかり炒める」(30歳/主婦)

「山芋の鉄板焼。シンプルで美味しいから、お好み焼きよりカロリーも少なく、よく食べる」(42歳/主婦)

「ぶり大根」(45歳/主婦)

など色々な意見が出ました。他には、

「お好み焼き、ソースでアンパンマンを書いて出すと喜んで食べてくれる」(28歳/営業・販売)

「カレー。ルゥが濃い目で大人気。人参は何個かハート型を入れると、ハートあったーラッキー!と毎回喜んでる」(46歳/主婦)

など、子どもが喜ぶ”遊び心”を加えるという意見も上がりました。子どもが料理を見た瞬間の”わあ”という笑顔が浮かびますね!

 

いかがでしたか? みなさんのお子さんが大好きなメニューは登場しましたか? 毎日の食事作りは時には大変と感じることもありますが、子どもの「美味しい」笑顔を見ると、作ってよかったと思いますよね。

繰り返しねだられるレシピ、ぜひ食卓の参考にしてくださいね!

cstock.adobe.com

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。