子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コスパ最強!家族みんなが喜んだ「豆腐のアレンジレシピ」を大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

もやしや鶏むね肉と並んで、節約食材として優秀な“豆腐”。値段が安いだけでなく、高たんぱく&低カロリーなのもありがたく、食卓に積極的にとりいれたいですよね。

そこで、『kufura』では既婚女性411人を対象に“豆腐のアイデアレシピ”についてアンケート調査を実施しました。冷奴や味噌汁だけじゃない、豆腐を使った料理のバリエーションを早速チェックしていきましょう!

ハンバーグ、肉団子、餃子…ひき肉と混ぜればコスパ最強!

「豆腐ハンバーグ。ふわふわしているしボリュームも出て美味しかった」(39歳/主婦)

「家族全員がかなりの大食いのため、ハンバーグにガッチリと豆腐を入れています!」(22歳/営業・販売)

「鶏ミンチと豆腐のハンバーグ。大葉を刻んで入れるとおいしい。照り焼き味でもおろしポン酢でも」(33歳/主婦)

「ひき肉と混ぜて肉団子にしてスープに入れる」(48歳/主婦)

「豆腐をたっぷり入れたふわふわのとりつくね」(34歳/主婦)

「ピーマンの肉詰め。ひき肉と木綿豆腐を半分ずついれると、お肉がフワフワになります。味付けは子どもの好きなケチャップとソースをミックスして、隠し味にハチミツを入れてます」(38歳/主婦)

「半分以上が豆腐の餃子。挽肉、豆腐、大葉、にらで作ったモチモチ餃子。本当に好きみたいで週2で作らされます」(26歳/主婦)

既婚女性411人に「家族が喜んで食べた豆腐のアイディアレシピを教えてください」と質問したところ、“豆腐ハンバーグ”を挙げる人が多数。豆腐を加えることで、かさ増しできるだけでなく食感もよくなり、大人にも子どもにも大好評のようです。

その他、ひき肉と混ぜる系では、肉団子やピーマンの肉詰め、餃子という意見も。ひき肉も安く手に入る食材なので、家計がピンチのときには、“豆腐+ひき肉”にお任せ!

唐揚げ、お好み焼き、カレーライス…いろんな料理に変幻自在!

「豆腐のナゲット。子どもがパクパク食べた」(22歳/その他)

「豆腐をお好み焼き粉に入れて焼くとふんわりとした食感になる」(42歳/主婦)

「カレーライスに入れるとマーボーカレーみたいで美味しいしヘルシー」(41歳/その他)

「グラタンソースに使ったらヘルシーでよかった」(43歳/その他)

「キッシュ。卵の代わりに生地のつなぎとして豆腐を入れた。アレルギーがあってもキッシュが食べられて嬉しかった」(27歳/主婦)

「ホットケーキミックスと豆腐のみで作った豆腐ドーナツ」(39歳/主婦)

豆腐の置き換えレシピはハンバーグだけじゃない! 上記以外に、かに玉や茶碗蒸し、ピカタなんてアイディアもありました。

ちなみに、豆腐の唐揚げは、1度冷凍して解凍した豆腐を使うと、より肉らしい食感になるのだとか。節約中、ダイエット中ならずともぜひ試してみたい!

キムチ、オリーブオイル、チーズ…チョイ足しのバリエーションも豊富!

最もシンプルな豆腐料理といえば、冷奴。その冷奴に合うものといえば、醤油やネギ、生姜といったところですが、豆腐にチョイ足しして美味なものは他にもまだまだあるようです。

「絹ごし豆腐にごまドレッシングをかけて食べる。美味しい」(48歳/公務員)

「豆腐納豆。豆腐に直接納豆をかけて混ぜて食べる。旦那が好きで、時々キムチを混ぜる」(22歳/学生・フリーター)

「水切りした木綿豆腐にオリーブオイルをかけてカマンベール風」(56歳/その他)

「きゅうり、ザーサイ、ネギを細かく切って上にのせてラー油で中華風の味付けに」(49歳/主婦)

「豆腐にキムチと韓国海苔を乗せて食べると、美味しい」(33歳/主婦)

「レンチンであたためて、食べラーをトッピング」(43歳/総務・人事・事務)

「豆腐の上にスライスチーズを乗せてオリーブオイルと塩をかけてとろける程度にレンジでチンする」(38歳/公務員)

「メープルシロップをかけてスイーツにして食べる」(39歳/その他)

「絹豆腐をスイーツがわりにきな粉と黒蜜をかけたデザートにしたら、喜んで貰えた」(48歳/その他)

洋風、中華風、韓国風……とアレンジは自由自在。さらに、デザートのような食べ方もできるなんて驚きですよね。

豆腐サラダ…見た目も鮮やかでサブおかずにも

「トマトと豆腐のサラダ」(34歳/総務・人事・事務)

「イタリアンぽいサラダにチーズのかわりにサイコロ状の豆腐を入れてたっぷりオリーブオイルをかける」(42歳/会社経営・役員)

「水切りした豆腐とわかめでサラダ。ドレッシングにはマヨネーズ+ポン酢+にんにくのパンチのあるドレッシングを作りました」(32歳/主婦)

「木綿豆腐を水切りし、サラダの上に乗せ、韓国海苔をちらし、チョレギサラダ風にして出したら好評だった」(29歳/主婦)

「豆腐と水菜の和風サラダ。水切りした絹豆腐に白だしとゴマを入れてかき混ぜる。切ったちくわと水菜と和えて、ゴマ油を足らす」(31歳/主婦)

「豆腐とかいわれ大根、塩昆布を混ぜてだし醤油で味付けした豆腐サラダ。こってりした主菜の時のサブおかずにぴったり」(36歳/主婦)

豆腐をサラダにアレンジするというアイディアも。 “葉物の緑、トマトの赤、豆腐の白”というビジュアルも食欲をそそりそうですよね。

ステーキ、炒り豆腐…簡単調理で家族みんなが喜ぶおかずに

「木綿豆腐2×4cm厚み1cm程度に切りポン酢で炒める。豆腐ステーキが家族みんな好きです」(27歳/主婦)

「小麦粉か片栗粉をまぶし、甘辛く焼いてニンニクスライスも加えた豆腐ステーキ」(49歳/主婦)

「豆腐のベーコン巻き。ベーコンを巻いて焼くだけ。子どもに好評」(43歳/主婦)

「豆腐のバター炒め。絹ごし豆腐をバターで炒め、醤油で味付け。そのままおつまみでも、ご飯に載せても美味しい。夫も私も好きです」(53歳/主婦)

「炒り豆腐。木綿豆腐は水けをきって手でちぎる。ツナ、しいたけ、人参、ピーマンはみじん切り。これらを炒って薄甘辛い味付けにする。最後に溶き卵でとじる」(54歳/コンサルタント)

「もやしと人参と豆腐の中華炒め」(46歳/営業・販売)

「豆腐と魚肉ソーセージのケチャップ炒め」(27歳/その他)

水気をよく切った豆腐を焼いたり炒めたりするのも美味。豆腐自体がどんな食材とも合わせやすいので、炒り豆腐はキッチンの在庫を一掃したいときにも、もってこい!

 

上記以外に、麻婆豆腐や揚げ出し豆腐、肉豆腐など、定番メニューを挙げる人も多数いました。みなさんのアイディアをご参考に、早速今晩のメニューに豆腐を活用してみては?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事