子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

そんな使い方も… !?「豚こま肉」主婦の多彩な絶品アレンジ大集結

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コスパが高く、使い勝手もよい「豚こま肉」。スーパーに行くとついつい手が伸びてしまうという人も多いのではないでしょうか。

『kufura』では、20代~40代の既婚女性351名にアンケートを実施。家族に好評だった「豚こま肉」レシピについて聞いてみました!

活用の幅がぐっと広がる!豚こま肉を「丸めて」調理するレシピ

 

今回のアンケートで多く寄せられたのが、豚こま肉をまとめて、丸めてから調理するレシピ。確かに見た目だけでなく、食感にも変化が生まれそうですよね。早速みていきましょう!

「ハンバーグ。肉厚感が出るせいか、食べごたえがあり、家族にも評判だった」(41歳/主婦)

「豚こま肉を丸めて、ロールキャベツならぬロール白菜」(45歳/その他)

「豚こまを片栗粉で丸めて作った酢豚。柔らかくて食べやすいと、子どもたちに好評」(37歳/主婦)

「唐揚げといえば、鶏肉ですが、豚こまに下味をつけて、丸めて揚げると、子どもたちがパクパク食べてくれます」(31歳/主婦)

「豚こま肉をギュッとひと塊にして作るとんかつ。子どもは普通のとんかつよりも食べやすいらしい。火の通りも早くおすすめです」(32歳/主婦)

「豚こま肉を一口大にまとめて、肉団子にし、甘酢で和えたもの。味が濃いめでごはんもすすみます」(33歳/主婦)

定番メニューをもっと美味しく!「焼く」「炒める」レシピ

次に多かったのが、焼く・炒めるレシピです。いつもの定番メニューも、豚こま肉を使うだけで食べ応えが違うよう。一体どんなレシピなのでしょうか?

みんな大好き!定番メニュー

「豚こま肉をざっくり切って、麻婆豆腐に入れます。お肉感が増して、ひき肉でつくるよりも美味しい」(36歳/主婦)

「お好み焼き。豚ばら肉にこだわらなくても、十分美味しい。かえって、子どもには食べやすくなるようです」(38歳/その他)

「豚こまの生姜焼き。ロース肉より食べやすくなる」(43歳/総務・人事・事務)

「焼きそばに入れたら、とても喜ばれた」(48歳/公務員)

「豚こまきんぴら。きんぴらに入れたら美味しかった」(31歳/主婦)

「八宝菜。豚こま肉の程よい赤身と脂身で八宝菜が美味しくなります」(47歳/その他)

個性が光る!オリジナルレシピ

「コチュジャン、はちみつ、醤油、みりん、ごま油などに一晩漬けた豚こま肉を、もやし、キャベツなどの野菜と一緒に炒める」(29歳/その他)

「豚こまと春雨のねぎ塩炒め。メインにたくさん作っても残らないぐらい大人気な一品です。野菜嫌いの子どもも良く食べてくれます」(33歳/主婦)

「ちくわの豚こま巻き。ボリュームが出る」(28歳/主婦)

「春巻きの皮に、豚こま肉、たまねぎ、生姜など入れ、包んで焼く」(37歳/その他)

「小麦粉を軽くまぶした豚こま肉と、もやし、長芋をごま油で炒めてポン酢で味付け。シンプルな料理ですが好評です」(37歳/主婦)

「豚こま肉となす、ピーマンの味噌バター炒め」(36歳/主婦)

「豚こまとニラで、ニラ玉炒めを作ります」(30歳/コンピュータ関連以外の技術職)

ほっとあたたまる「鍋」「煮込み・スープ類」のレシピ

鍋やスープといった、冬の時期にうってつけのレシピも寄せられました。

鍋もの

「ピエンロー鍋。干し椎茸の出汁、ごま油、塩のシンプルな味付けで、豚こまと白菜をクタクタに煮た鍋が好評です」(32歳/その他)

「常夜鍋。ほうれん草と豚肉のしゃぶしゃぶのような鍋。おすすめです」(32歳/総務・人事・事務)

「豚こま肉を使った白菜のミルフィーユ鍋」(28歳/主婦)

「カレー鍋。翌日のカレーリゾットが美味しい」(43歳/総務・人事・事務)

煮込み・スープ類

「豚肉と玉ねぎのハッシュドポーク」(38歳/主婦)

「大根汁。大根とお肉だけのシンプルな具と醤油ベースのお汁。大根もお肉も柔らかくなって美味しいし、コストが安く済む」(43歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「具だくさん豚汁。野菜やきのこ、こんにゃくなど10種類以上具材を入れるので、おかずいらず」(40歳/主婦)

肉の旨味がしっかり味わえる!「煮物」レシピ

煮物も、豚こま肉の旨味がしみじみ味わえるレシピばかり。寄せられたものの中から一部ご紹介します。

「豚こまと豆腐で作る肉豆腐。牛肉よりも安価で、食べ盛りの子どもにも好評」(38歳/総務・人事・事務)

「豚こま肉と大根の甘辛煮。山椒をたっぷりかけて食べる」(32歳/主婦)

「キャベツと豚こま肉の味噌煮込み」(34歳/主婦)

「切り干し大根と豚こま肉でしぐれ煮を作ります」(37歳/主婦)

「豚コマとじゃがいもを味噌で煮ると美味しい」(39歳/主婦)

ボリューム満点!「丼もの」レシピ

最後にご紹介するのは、丼ものレシピ。肉とごはんのWのボリューム感で、家族も大満足のようです。

「ヨーグルトで一晩漬けて柔らかくしてから、豚丼にします」(41歳/主婦)

「玉ねぎと豚こまの卵とじ丼。親子丼を作る感じで豚こまを使ったら、ボリュームもあってよかった」(46歳/主婦)

「豚こまとにんじん、ねぎのあんかけ丼。旦那の休日ランチに作ると喜びます」(25歳/主婦)

「てりやき丼。豚こまに片栗粉と塩コショウをまぶして、醤油、みりん、マヨネーズと砂糖少しを混ぜ合わせたタレで炒め合わせる」(36歳/主婦)

 

いかがでしたか?

「ロース肉より柔らかいから子どもにも食べやすい」とのコメントも多く、味や使い勝手だけでなく、食感について書かれているのが印象的でした。

柔らかいお肉は、子どもだけでなく、高齢者の方にも喜ばれそう。豚こま肉のレシピ集、ぜひご活用ください!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。