kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

3位トマト、2位なす!家族が「意外と美味しい!とハマった」みそ汁の具1位は

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

寒い時期のおみそ汁は格別ですが、暑い時期に汗を拭き拭きいただくおみそ汁もまた滋養になり、味わい深いもの。

いつも同じような具になりがちですが、みなさんはどんなバリエーションをもっていますか?

『kufura』では、既婚女性243名に、「家族に評判が良かった定番以外のみそ汁の具」についてアンケート調査(自由回答)しました。

家族に高評価だった意外な「みそ汁の具」TOP5

まずは、今回票が集まった「家族に評判が良かった定番以外のみそ汁の具」をランキング形式でご紹介します!

5位:「かぼちゃ」「大根」(各8票)

「かぼちゃと舞茸。かぼちゃの甘みがコクをだして美味しいと旦那に好評」(31歳・主婦)

「かぼちゃとねぎ。子どもが意外と喜んだ」(44歳・公務員)

「大根と鮭。お鍋みたいで美味しかった」(36歳・コンピュータ関連以外の技術職)

3位:「さつまいも」「トマト」(各10票)

「さつまいもと白ネギ、にんじん、大根の具だくさんみそ汁」(29歳・公務員)

「さつまいも、大根、人参、豆腐、豚肉にみりんとごま油を足した豚汁。さつまいもの甘みが子どもに好評。食べ応えがあって旦那も大喜び」(28歳・主婦)

「トマト。トロンとして甘くなって美味しかった」(53歳・主婦)

「トマトとおくら。酸っぱさが癖になる」(33歳・主婦)

「トマトとたまねぎ。子どもに好評だった。ごはんと合うとのこと」(43歳・主婦)

2位:「なす」(11票)

「なすと油揚げ。なすのクタクタとろとろ感が好きとのこと」(34歳・主婦)

「なすと高野豆腐。家族に好評だった」(32歳・主婦)

「なすときゃべつ。子どもも喜んで食べていた」(38歳・主婦)

1位:「じゃがいも」(13票)

「じゃがいもが入っていると、ほくほく感が美味しい。って言われます」(31歳・主婦)

「じゃがいもと玉ねぎ。甘くなるのでおいしいといわれた」(31歳・その他)

5位、3位、2位には夏野菜の「かぼちゃ」「トマト」「なす」がランクイン! トロトロな食感が楽しめて好評のようです。5位、3位、1位には「大根」「さつまいも」「じゃがいも」が。煮込むことで甘みが増す根菜類が高評価でした。

7位以降は、えのき、キャベツ、なめこ、もやしと続きます。

試してみたい!「クセになる」みそ汁の具

その他にもランク外ではありますが、家族を唸らせたみそ汁の具をご紹介します!

後に引く美味しさ!「キムチ」

「キムチと、溶き卵。ピリ辛で後に引く」(53歳・その他)

「キムチとゴマ油。意外だけどコクと香りがでて、美味しいと言っていた」(43歳・主婦)

サラっといただける!「納豆」

「納豆とホウレンソウ。納豆の粘りが少なくてのみやすい」(38歳・主婦)

「納豆と大根おろし」(33歳・主婦)

今注目の!「サバ缶」

「サバの水煮と玉ねぎ、しめじを入れる」(35歳・主婦)

クセのある「キムチ」や「納豆」も、おみそ汁と相性が良いようです!

他にも、「アボカド」「ズッキーニ」「アカモク」「黒はんペん」など様々な食材が挙がりました。

 

体調を崩しがちのこの時期こそ、様々な素材をいただけるおみそ汁のパワーで元気に乗り切りたいですね!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE