子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

手作り餃子、餡だけ余っちゃった。知って安心!ムダなし簡単アレンジレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

家で餃子を手作りする際、餡だけが少し余ってしまうことってよくありますよね。そんなとき、皆さんはその余った餡をどうしていますか? 今回『kufura』では、女性287人にアンケートを行い、「余った餃子餡が大活躍する簡単アレンジレシピ」を教えてもらいました。

肉団子・・・丸めて鍋やスープ、お味噌汁にイン

「肉団子にしてお鍋に入れるのが、いちばんラクだし美味しいと思います」(25歳/総務・人事・事務)

「残った餡は丸めて肉団子にし、春雨スープに入れて食べます」(43歳/主婦)

「余った餡は丸めて、白菜などの野菜といっしょに肉団子スープに。すごく手軽だし、ボリュームも満点なので、メインのおかずにもなります」(16歳/学生・フリーター)

「肉団子にして味噌汁に入れて食べます。餡にはひき肉、ニラ、キャベツ、ニンニクが入っているので栄養満点だし、いいダシも出るのですごく美味しいです」(57歳/主婦)

「余ったときは丸めて肉団子にし、翌日に甘酢ソースを絡めて食べます」(52歳/主婦)

いちばん多かったアレンジは、肉団子でした。余った餡を丸めて、そのままお鍋やスープ、味噌汁などにポンと入れるだけで完成。餃子餡はすでに味がついているので、再度調味する手間が省けて便利だし、餡に入っている野菜や薬味からいいダシも出るので、すごく美味しくいただけるようです。

ハンバーグ・・・豆腐やひき肉でカサ増ししてもOK

「成形してフライパンで焼き、餃子風味のハンバーグにします。ポン酢をつけて食べると、あっさりした味わいで美味しいです」(31歳/総務・人事・事務)

「丸めて焼いてミニハンバーグにすると、サイズ的にお弁当のおかずにピッタリです」(52歳/主婦)

「余った餡は焼いてハンバーグにします。つくねのように卵の黄身をつけて食べると美味しいです」(32歳/主婦)

「餡が余ったときは、そこにひき肉をプラスしてカサ増しし、餃子風味のハンバーグにして食べます」(46歳/研究・開発)

「豆腐をプラスして豆腐ハンバーグにすると家族が喜びます」(53歳/主婦)

「そのまま丸めて焼いてミニハンバーグに。チーズをのせると、餃子とはまた違った味わいになって美味しいです」(48歳/その他)

丸めた餡をフライパンで焼いて、ハンバーグにするという人もたくさんいました。余った餡だけを使うとミニサイズのハンバーグができるので、お弁当のおかずにピッタリ。餡の量が足りないときは、ひき肉や豆腐などでカサ増しするのがおすすめです。

チャーハン・・・餃子風味で一気に本格的な味わいに

「チャーハンの具として使います。餡にすでに味がついているので、すごく美味しいです」(49歳/総務・人事・事務)

「チャーハンの具にするとすごく美味しいです。余った餃子の餡を使うというよりは、残りをチャーハンに使うために、餡をいつも多めに作っている感じです」(42歳/主婦)

「残った餡は炒めてチャーハンの具にすると、チャーハンがいつもよりも中華料理っぽい味になって美味しいです」(52歳/主婦)

「チャーハンに入れると、餡に入っている野菜や薬味のおかげで味にパンチが出て美味しいです」(41歳/主婦)

余った餡をチャーハンの具として活用している人も目立ちました。餡に入っている野菜や薬味のおかげで、チャーハンがパンチのある味わいになる様子。また、いつものチャーハンよりも、中華風の味わいになって美味しいという人もたくさんいました。

オムレツ&卵焼き・・・ごはんのお供にも酒のつまみにも

「餃子の餡がたくさん余ることもないので、お弁当用のオムレツの具にするのがちょうどいいです」(45歳/主婦)

「オムレツの具として使います。チーズもいっしょに入れると子どもが喜んで食べてくれます」(49歳/主婦)

「余った餡はオムレツの具にします。餡にしっかりと味がついているので、ごはんのお供にピッタリです」(30歳/弁護士)

「溶き卵に入れてオムレツに。ケチャップではなく、餃子のタレやポン酢をつけて食べると、いい酒のつまみになります」(49歳/主婦)

「卵焼きに入れると、ニンニクのパンチがきいてすごく美味しいです」(44歳/主婦)

「卵に混ぜて卵焼きにします。お弁当のおかずはもちろん、ニンニクなどの薬味がしっかりきいているので、酒のつまみにもピッタリです」(57歳/その他)

卵といっしょにオムレツや卵焼きにするのもおすすめ。餡にしっかり味がついているので、ごはんのお供はもちろん、お酒によく合う美味しいつまみになるようです。チーズをいっしょに入れる、餃子のタレやポン酢で食べるなど、アレンジの幅も広がりそうですね。

炒め物・・・パパっと炒めるだけで美味しい一品が完成

「小松菜やチンゲン菜などの葉物野菜といっしょに炒めて食べます」(46歳/主婦)

「キャベツやニンジンといっしょに炒めて野菜炒めにすると、餡の薬味がきいてすごく美味しいです」(79歳/その他)

「もやし炒めを作る際にいっしょに炒めると、もやし炒めの味わいが格段にアップして美味しいです」(48歳/主婦)

「春雨といっしょに炒めて麻婆春雨にすると、手軽に美味しくいただけます」(32歳/その他)

「卵といっしょに炒めるだけで、中華風の炒め物が簡単に作れます」(28歳/金融関係)

余った餃子餡をパパっと炒めて、簡単な炒め物にアレンジするという人も。餃子はもともと中華風の味わいなので、炒め物に餃子餡を入れるだけで、いつもの炒め物が一気に本格的な中華味に。お好みの野菜や春雨、卵などといっしょに炒めるだけで、餃子以外に美味しいおかずがもう一品完成するのも嬉しいですね。

そぼろ・・・パスタやごはんと合わせると美味しい

「余った餡は、そのまま炒めてそぼろにします。普通にひき肉でそぼろを作るよりも、野菜の歯応えがあって美味しいです」(40歳/その他)

「炒めてそぼろにし、そのまま茹でたスパゲッティと和えると美味しいです」(64歳/その他)

「ごま油で炒めて甘辛味のそぼろにし、ごはんにのせてそぼろ丼にします」(32歳/デザイン関係)

「残った餡だけを炒めて、ごはんにのせれば簡単に皮なし餃子丼が完成。ニンニクのきいたガッツリ系の味わいで、すごく美味しいです」(56歳/主婦)

「そのまま炒めてそぼろにしてから、おにぎりの具にします。けっこうボリュームが出るので、普通のおにぎりよりも腹持ちも良くて助かります」(23歳/学生・フリーター)

炒めてそぼろにするのも、そこからさらにいろいろなアレンジができて便利。そのままおかずとして食べてもいいですが、茹でたパスタと和えたり、ごはんにのせて丼ぶりにしたり、おにぎりの具にするのもいいですよね。炒める際に、醤油や砂糖などを加えて濃いめの味付けにするのが、美味しくいただくためのポイントのようです。

揚げ物・・・余った餡がボリューム満点おかずに大変身

「丸めてパン粉をつけて揚げると、メンチカツみたいになって美味しいです」(64歳/その他)

「マッシュポテトに混ぜ込んで、衣をつけて餃子風コロッケを作ります。餡に味がついているので、ソースなどつけなくてもそのまま美味しくいただけます」(56歳/主婦)

「油揚げの中に詰めて巾着にし、油で揚げると美味しいです」(50歳/その他)

「水切りした豆腐と混ぜて、油で揚げてがんもどき風に。生姜醤油をつけて食べるとすごく美味しいです」(75歳/主婦)

「余った餃子の餡は、レンコンのはさみ揚げに使うのにちょうどいいです」(44歳/主婦)

余った餡を使ってガッツリ系のおかずを作りたいときは、揚げ物にするのがいちばん。そのままもしくは、マッシュポテトと混ぜてパン粉をつけて揚げれば、簡単に餃子風味のメンチカツやコロッケが出来上がります。油揚げの中に詰めて揚げるというアレンジをする人も多いようなので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

麻婆豆腐にグラタン…ほかにはこんなアレンジも!

「冷凍して麻婆豆腐を作るときに使うようにしています」(52歳/学生・フリーター)

「余った餡は、トマト缶とひき肉といっしょにミートソースにします。餡に味がついているので、普通のミートソースよりも味にグッと深みが出て美味しいです」(57歳/主婦)

「残った餃子の餡をグラタンに入れるとすごく美味しいです」(39歳/営業・販売)

「余った餡は卵、強力粉、片栗粉、水と混ぜ合わせ、ごま油を敷いたフライパンで焼いてチヂミにするのがおすすめ。すごくモチモチしていて美味しいですよ」(43歳/主婦)

「食パンにまんべんなく餃子の餡を塗り、トースターで餡に火が通るまでしっかり焼く。焼けたら餃子のタレを適量垂らすと、美味しい餃子パンが完成します」(44歳/その他)

餃子餡のアレンジレシピは、ほかにもいろいろ。麻婆豆腐にアレンジしたり、市販の麻婆豆腐の素に足すという人が目立ちましたが、トーストにのせて肉まんのような味わいを楽しんでいるという人も意外とたくさんいました。

いかがでしたか? 余った餃子の餡は、思った以上に多彩なアレンジができる様子。ご紹介したレシピを参考に、いつもとは違ったアレンジを楽しんでみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集