子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

育休からの復帰はやっぱり不安…。先輩ママに聞いた「仕事復帰した頃の私に伝えたいこと」にはたくさんのヒントがありました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

しばらく子育てに専念していたけれど、ついに仕事が始まる……。働くママが仕事に復帰し、子育てと仕事の両立をはじめるときには、いろんな思いが渦巻くことでしょう。

そこで『kufura』では、出産後に仕事に復帰した経験のある20〜50代のママ達42人に「育児に専念していた日々から、初めて仕事に復帰したあの頃の自分に、もし今の自分から伝えられることがあるとしたら何を伝えたいですか?」と聞いてみました。皆さんの思いをご覧ください。

仕事に復帰をしても「子どもとの時間は大事」

育休中は子ども中心の生活だったものの、復帰をするとそうは行かなくなることに不安や戸惑いを感じるものでしょう。それは、ママもそうですが、子どもも環境の違いに慣れていかなくてはいけません。

「忙しいけど、子どもとの時間を大切にして」(41歳/総務・人事・事務)

「育児もがんばれ」(22歳/その他)

「初めての登園の日に泣いて自分も泣きたくなったけど、すぐに慣れるから仕事頑張って」(48歳/その他)

「仕事も大事だけど子どものこともよく見てあげて! のちのち後悔するから」(31歳/主婦)

「子どもは環境になれるのが大人より上手 !!」(40歳/主婦)

復帰をする時は、「仕事も大切だけど、子どもも……」と、産む前とは違った気分になりますよね。どちらも大切だからこそ、割り切るところは割り切って、後悔のないようにして欲しいというメッセージがあがりました。また、子どもは思ったよりも、新しい環境に慣れるのが早いこともありますよね。

現在5歳になった筆者の子どもの双子たちは、1歳4カ月から保育園にお世話になりました。預け始めこそ泣くものの、あとはあっさりとしていて、楽しく遊んでいました。子どもは強いと思ったと同時に、その時間は割り切って、自分も仕事に邁進しようと思ったことを思い出します。

復帰して正直大変なことも…。でも「大丈夫、焦らないで」

「結構なんとかなる」(28歳/金融関係)

「がんばりすぎないで」(41歳/その他)

「母が働いていると子どもはしっかりするから大丈夫!」(42歳/公務員)

「仕事も育児もなんとかなる」(41歳/その他)

「両立は大変だけど、慣れるから頑張って」(57歳/総務・人事・事務)

「子どもも人生を順調に歩いているから私も順調になろう」(30歳/その他)

「育児と仕事の両立は大変だと思うけど、パパも熱心に手伝ってくれるからひとりで抱え込まないで大丈夫!」(28歳/営業・販売)

「他のお母さんと違って、あなたは夜勤をしてたから娘の様子が気がかりだったでしょう。でも色々な年齢の子どもたちに受け入れてもらいながらすくすく育つので安心してお仕事してね」(53歳/その他)

「仕事も全力、育児も手を抜きたくない」という復帰したてのワーママたちの思いは痛いほどわかる……。そんな気持ちに先輩ママたちからは、「もう、なんとかなる! 大丈夫」という心強い声援が聞かれました。

一生懸命になりふり構わず頑張ったあの時があるからこそ、振り返ったら「あの時は本当に大変だったよね……」と笑って話せるほどになるのかもしれませんね。

仕事に育児にフル稼働だけど…「自分を大切に」

仕事をすることで、◯◯ちゃんのママではなく「自分」というものが確立されるという意見もありました。それは、働くママにとって、自分らしくいられる瞬間なのかもしれませんね。アドバイスの中には、自分を評価されることが誇らしく、心地よかったという意見も多く出ています。

「自分の時間が持てて良かった」(48歳/主婦)

「もっと自分の時間を作ってね」(52歳/主婦)

「子育ての時間から社会人としての時間が持てることが、とても気分転換になるよ!」(43歳/主婦)

「子どものことも大切だけど、自分の人生もしっかり生きよう」(46歳/総務・人事・事務)

「育児中は仕事をしたかったよね、今は仕事ができるようになったんだから頑張ってね。でも無理はしないでね」(37歳/主婦)

また、自分は一生懸命にベストを尽くしてやっていても、時々、外野から色々と言われることがあるかもしれません。「子どもがかわいそう」などと言われ、心穏やかでいられなくなる場面も。それでも、

「子どもと離れるのは寂しいし不安だけれど、子どもは保育園で成長できるし、自分も仕事で成長できるよ」(37歳/主婦)

と、子どもを預けながら仕事をしているママだからこそ言えるメッセージもありました。背中を押される気分になりますね!

 

いかがでしたか? 初めての育児、初めての育休。仕事が中心だった日々から母という役割も担って大変な思いはあるでしょうが、子どもは必ず成長するもの。一生懸命に取り組むことで、何か見出せるものもあるのではないでしょうか。ベストを尽くすことでママも子どもも笑顔でいられるといいですね。

また、現在育休中という方は、過去記事「初めての育休に戸惑っていた、あの頃の自分に伝えられるとしたら…」も併せて読んでいただけると、参考になることもあると思います。ぜひ読んでみてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事