子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

夏休みランチに最適!「冷製たらこパスタ」 【プロが教える 本格パスタレシピ】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

暑い夏はクールなパスタを食べたい! そこで、イタリアン料理店のシェフ 小野宗隆さんが、家庭でも簡単にできる冷製パスタの作り方を教えてくれました。

今回ご紹介するのは、冷製たらこパスタ。生クリームや牛乳ではなく、豆乳を使うのでクリーミーなのにさっぱり! 夏にぴったりの味わいなので、早速、動画をチェック!

冷製たらこパスタの作り方

【材料】(2人分)

パスタ(フェデリーニ 1.4mm)・・・180g

たらこ・・・1腹(約100g

豆乳・・・100ml

粉チーズ・・・大さじ1

おろしにんにく(チューブ)・・・1cm

めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1

エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1

塩・・・少量

粗挽き黒こしょう・・・少量

刻みのり・・・適量

 

※今回は冷製パスタなので、通常より細めのフェデリーニ(1.4mm)を使います。麺が細い分、通常のパスタを使う時よりも計20g(1人あたり−10g)ほど量を少なくしています。

 ※たらこは無着色のものがおすすめです。ピンク色など、色が濃いものは塩味が強めなので、味付けの際に調整してください。

 ※今回は調製豆乳を使用しています。無調整豆乳でも作れます。

 ※時短で作るため、おろしにんにくはチューブタイプのものを使用しています。生のにんにくをすりおろしてもOK。より一層香りが立ちますよ。

※めんつゆは3倍濃縮タイプを使用しています。2倍濃縮やストレートタイプを使う人は、味見をしながら調整してください。

 ※今回は、風味がよく、おいしく仕上がるエキストラバージンオリーブオイルを使用していますが、ない場合はオリーブオイルでもOKです。

【作り方】

(1)作る前に冷凍庫に皿を入れて冷やしておく。

今回は冷製パスタなので、調理前に盛り付けに使う皿を冷凍庫に入れて冷やしておきます。「皿まで冷やす」このひと手間で、より一層おいしくなりますよ!

(2)たらこは薄皮を丁寧に取り、ボウルに入れる。

たらこは薄皮をきれいに取るのがなかなか難しい……。小野さんはたらこを横に置き、包丁で横一直線に切り込みを入れてから、たらこを上下に開きます。

一気に中身を出そうとすると薄皮が途中で破れてしまうので、上半分、下半分、または右半分、左半分に分けて、半分ずつ取り出すのがプロの技。包丁の背を使って、丁寧にしごくと中身だけきれいに取り出せます。

(3)パスタは表示より2分30秒長めにゆでる。

今回は、パスタのゆで時間にポイントが! 普段、熱々のソースと絡める時は1分短めにゆでることが多い小野さんですが、今回は通常のゆで時間より2分30秒も長めにゆでます。

冷製パスタは、長めにゆでて軟らかく仕上げておき、氷水でキュッと締めるのがおいしさの秘密。ここで通常のゆで時間でゆでてしまうと、氷水で締めた時に硬いパスタに仕上がってしまうんです」(小野さん)

(4)ボウルに粉チーズ、にんにく、めんつゆ、豆乳、オリーブオイルを加えて、よく混ぜ合わせる。

今回のソースは、ボウルに刻みのり以外の材料を全部入れて混ぜ合わせるだけだから、とっても簡単! めんつゆを使うので、味が簡単に決まります。ちょっとしたことですが、ボウルには固形のものから先に入れて、豆乳など液状のものを後から入れると材料を加えていく時に飛び散りませんよ。

(5)パスタがゆであがったらざるにあげる。氷水をたっぷり張ったボウルに浸けて、水を流しながらよく冷やす。 冷えたらパスタを手で押して、水気をしっかり切る。

パスタがゆであがったらざるにあげて、そのまま氷水をたっぷり入れたボウルに浸けて、水を流しながらよく冷やします。パスタの粗熱が取れたら流水を止めて、全体がムラなく冷えるよう手でかき混ぜます。

よく冷えたら、ざるを振って水をよく切ります。さらに小野さんは、パスタをギューッと上から手で押して、最後までしっかり水気を切りました。

ざるを振って水切りするだけでなく、手でパスタを押して、ほとんど水気を残さないことがおいしく仕上げるコツ。しっかり水気を切っておかないと、ソースがどんどん薄まってぼやけた味になってしまいます」(小野さん)

このひと手間でちゃんとレシピ通りの味付けに仕上がるんですね。

(6)ボウルにパスタを加え、よく混ぜる。味見をして、塩、こしょうで味を調える。

たらこの塩加減に合わせて、味見をして塩、こしょうで味を調えます。塩気が足りなければ、塩とこしょうを足してくださいね。

(7)冷凍庫から皿を出して、盛り付ける。刻みのりをたっぷりのせて、完成!

冷凍庫から冷えた皿を取り出し、パスタを高く盛り付けて、刻みのりをたっぷりのせたらできあがりです。

ひと口食べると、想像以上にあっさりした味。生クリームや牛乳の代わりに豆乳を使っているので、暑い夏でもさっぱり食べられます。逆にもっと濃厚にしたいという人は、豆乳の代わりに生クリームや牛乳を使ってもOKです。さらに、奥深いところにめんつゆの和風味とほのかなにんにくの風味を感じます。小野さんのレシピは味付けのバランスがいつも絶妙! たっぷりかけた刻みのりもソースと絡んでいいアクセントになっています。

パスタは通常よりも長めにゆでて、氷水でキュッと締めているので、細いのにプリプリ。フェデリーニはカッペリーニと比べて細過ぎないので、ソースともしっかり絡んで食べ応えも抜群です。辛いのがお好きな方は、たらこを明太子に替えて、ちょっとピリ辛な大人の味にチャレンジしても。ぜひ、暑い日に試してみてくださいね!

【取材協力】

小野宗隆・・・洋食屋『Bistro Coco 路地裏』のオーナーシェフ。イタリア料理、フランス料理を中心に料理長としてのキャリアを積み上げ、店舗立ち上げやメニュー開発などを多数経験。ソムリエの資格も持つ。

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。