kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

出っ腹とお尻にじわじわ効く!「基本のスクワット」【まいにちエクサ】♯1

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎日10分、仕事や家事の合間、あるいはテレビを見ながら。たるんだハミ肉や脂肪を効率的に刺激しつつ、バランスのよい美しい姿勢を作るボディデザイン インストラクターSachiさんの特別クラス【簡単だけど効く!まいにちエクサ】、始まります!

ポッコリお腹は1日では凹みません! 動画を見ながら、長年かけてゆるんだ体を毎日少しずつ、確実に締め直しましょう。初回は、基本のスクワットでシェイプアップ!

「スクワット15回で腹筋500回分の効果」!?といわれる理由

スクワットは、筋トレの基礎といってもいいエクササイズ。お腹のインナーマッスルに効く呼吸法「ドローイン」と合わせて行うことで、大腿筋(ふともも)、大殿筋(お尻)の筋力強化はもちろん、インナーマッスルも刺激して引き締めるため、全身のシェイプアップが期待できるそう。

腹筋を意識しながら、上体を引き上げるように行うのがポイントです。

基本の呼吸姿勢「ドローイン」のやり方

お腹にグッと力を入れて凹ませたまま行う呼吸です。体幹を鍛えて正しい姿勢を維持します。

(1)背筋を伸ばしてお尻をキュッと締める。

(2)息を吐きながらお腹が凹んだ状態をキープ。

(3)深く吸って、細く長く吐く呼吸を続けます。

お腹とお尻に効く!「基本のスクワット」

椅子に座るつもりで、お尻を後方に引くようにして行います。猫背にならないよう、胸を張って上体をキープ。10回1セットからスタートしましょう。動画を見ながら、正しいやり方で行ってください。

(1)椅子から一歩離れて足を肩幅に開き、つま先は前向きで立つ。

(2)ドローインしながら上体を引き上げる。

(3)お尻を締め、ゆっくり5数えながら腰を落とす。ドローインしながら元の位置に戻る。

POINT

お尻を後ろに突き出すように腰を落とす。ひざがつま先より前に出ないように注意する。

 

「最初はきついかもしれませんが、着実に足腰の筋肉が大きくなりますから、負荷も軽く感じるようになります。10回から始めて、いけそう!と思ったら、1回、2回と回数を増やしてみるだけでもOKです」(Sachiさん)

【取材協力】

Sachi・・・オリジナルプログラム「ボディデザイン」をベースにインナーマッスルトレーナーとして活躍。また、モデル、ダンサーとしての一面も。2015年に女児を出産。その経験を活かし、産後のボディバランス改善エクササイズを東京都内各地のスタジオにて開講中。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載
人気の記事