kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

【ながらエクサ】1日3回吸って吐いて…!お腹まわりに効く「ドローイン」

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

すっきりしたウエストラインを最後に見たのは何年前か……。そんなポッコリお腹にため息をつく方を救うバイブルとなっているのが、東京大学大学院総合文化研究科の石井直方教授の著書『ポッコリお腹がみるみる!凹む 新・大腰筋ダイエット』(小学館)。今回はこちらの著書から、すきま時間でもトライできるエクササイズとして、お腹まわりに効く「ドローイン」の方法をお伝えします。

ドローインがなぜいいの?

ドローインは、お腹を囲む呼吸筋(腹横筋)をまとめて鍛える腹筋運動。運動して刺激を与えることで、くびれを短期間で強化します。

背すじを伸ばして、息を吐きながら、おへそを背中につけるように少しずつ引き寄せ、凹みきったところで呼吸します。通勤時間や仕事中でもトライできそう!

やり方

(1)胸を張って、背すじをピン!と伸ばす

(2)おへそを中心にキュッと力を入れ、息を吐きながら、お腹全体をできるだけ凹ませる

お腹と背中をくっつけるようなイメージで行う。お尻はきゅっと引き締める。

(3)胸に行きを吸い込みながら、さらにお腹をひっこめる

さらに(2)と(3)を30秒ほど繰り返す。

 

トライするのは空腹時、1日3回を目安にしましょう。本気でポッコリお腹解消を目指す方は、ぜひ書籍を参考に大腰筋ダイエットにもトライしてみてくださいね。

 

【参考】

石井直方(2011)『ポッコリお腹がみるみる! 凹む 新・大腰筋ダイエット』(小学館)

はてなブックマーク facebook Twitter LINE