子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

生活費を浮かそう!節約のために手作りしたり、自分でしていること

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今はとても便利な世の中なので、欲しいものはお店ですぐ手に入るし、やって欲しいことは頼めば専門業者がやってくれることも。ただ、どれも便利な分だけそこそこお金がかかるのが悩ましいところ。いろいろなことをお店や業者に頼らずに、自分でやるようにすれば、その分だけ節約することができます。そこで『kufura』では、女性372人にアンケート調査を実施し、「節約のためにお店などに頼まずに自分でしていること」を聞いてみました。

パンやデザート、ドレッシングなどを手作り

「有名食パン店のレシピを見つけてマネしたらすごく美味しくできたので、それから食パンはすべて自家製に。今までかかっていたパン代が粉代だけになったので、かなり節約になっています」(55歳/総務・人事・事務)

「プライベートブランドの安いホットケーキミックスを使って、パンケーキや蒸しパン、クッキーを作り、おやつ代を節約しています」(37歳/学生・フリーター)

「ゼリー系デザートを手作りしています。ゼラチンや寒天を使えばローコストで簡単に作れるし、市販のものと違って余計な添加物が入らないのもいいです」(46歳/主婦)

「基本的に料理に使う各種ソース類は、市販のものを買わずに自分で作ります」(39歳/主婦)

「ドレッシングはいろいろな種類のものを買うと高くつくので、レシピサイトを見ながらそれぞれ手作りしています」(61歳/主婦)

「漬け物は、お店で買わずに自分で漬けています」(37歳/公務員)

パンやケーキ、デザートなどは、美味しいものがお店で簡単に手に入りますが、すべて自分で作れば、お店で買うよりかなり安くすみます。手間はかかってしまいますが、趣味として楽しみながら作れるというメリットもあるので、かなり多くの人が実践している様子。

また、料理に使うソースやドレッシングは、いろいろ買うとけっこうお金がかかるだではなく、消費期限までに使い切れないこともよくあります。これらも自分で作るようにすれば、お店で買うより安上がりだし、必要な分だけ作れるので、使い切れずにムダにすることもありませんね。

外食せずにいろんな工夫でおうちごはんを楽しむ!

「お昼休みに外食ばかりしていると出費がかさむので、節約のために毎日お弁当を作るようにしています」(27歳/主婦)

「出かけるときは、飲み物やお弁当を持参し、カフェやレストランには行かないようにしています」(49歳/主婦)

「自販機やコンビニでコーヒーは買わず、自宅でドリップしたコーヒーをボトルに入れて持ち歩くようにしています」(45歳/その他)

「お店で食べるすき焼きや焼肉は高いので、いい肉を買って家で食べるようにしています。かなりいい肉を買っても、お店に行くよりはるかに安くすみます」(41歳/主婦)

「外食は高いので、家でカフェ風ランチを楽しんでいます。ワンプレートに盛り付けると、見た目もカフェっぽいし、洗い物も減るので一石二鳥です」(37歳/主婦)

レストランやカフェは、手軽に美味しいものが食べられて便利ですが、おうちごはんと比べるとかなりお金がかかってしまいます。節約のためには、面倒でも家で作って食べるのがいちばん。

ドリップした美味しいコーヒーをボトルに入れて持ち歩く、スーパーでいい肉を買って食べる、家でカフェ風のランチを楽しむなど、外食しなくても、工夫次第で簡単にカフェ気分やレストラン気分を家で味わうことができそうですね。

ダウンも布団もクリーニングに出さずに洗う

「ダウンジャケットなどは、クリーニングに出さずに家で洗っています」(67歳/主婦)

「ドライクリーニングの洗濯表示があっても、セーターなど家で洗えそうなものは自宅で洗うようにしています」(57歳/主婦)

「よほど高いものでなければ、衣類はすべて家の洗濯機のドライコースで洗濯してしまいます」(41歳/主婦)

「夫のワイシャツは、節約のためクリーニングに出さずに、すべて自分で洗ってアイロンがけをしています」(57歳/主婦)

「布団の洗濯は業者に頼むと高いので、コインランドリーにある大型洗濯機を使って自分で洗うようにしています」(45歳/その他)

洗濯物はクリーニングに出せば簡単にきれいになりますが、これもやはりお金がかかります。最近の家庭用洗濯機にはドライコースなどの機能があるので、おしゃれ着洗い用洗剤を使えば、意外となんでも家で洗濯できてしまいます。いろいろな洗濯物のお手入れ方法もネットなどで調べることができるので、それらを参考に家で洗濯してみるのがおすすめです。

裁縫系を極めれば服もアクセも自分で作れる

「ズボンの裾上げは、お店でやってもらうとお金がかかるので、自分でするようにしてます」(49歳/その他)

「洋裁と編み物ができるので、自分と家族の服はほとんど私が手作りしています」(70歳/主婦)

「子どもの入園グッズは、すべて買わずに手作りしました」(39歳/主婦)

「子どものおもちゃやぬいぐるみは、なるべく買わずに手作りしています」(38歳/主婦)

「アクセサリーなどを手作りしています。趣味としても楽しめていいですよ」(19歳/学生・フリーター)

「節約のために、家にある布を使ってマスクを手作りしています」(46歳/主婦)

裁縫が得意な人なら、いろいろなグッズや洋服を手作りすれば、既成品を買うより安くすむので、かなりの節約になりそうです。ズボンの裾上げなどはやってみると案外簡単なので、裁縫があまり得意でない人も一度は自分でやってみる価値あり。まったく自信がない場合は、簡単に裾上げができる市販の“裾上げテープ”を活用するのもいいでしょう。

ヘアやネイルのセルフケアも簡単にできる

「美容室に行く回数を2カ月に1回にしたいので、伸びて気になる前髪は自分で軽く整えるようにしています」(25歳/その他)

「節約のために美容室にはなるべく行かず、髪が伸びてきたときはチープなヘアアクセサリーを使って、アレンジするようにしています」(53歳/営業・販売)

「髪は伸ばすだけ伸ばして2年に1度自分で切っているので、基本的に美容室には行きません」(35歳/その他)

「ヘアカラーのリタッチなどは、節約のためにお店に行かずに、自分で動画を見ながら市販のカラー剤を使って染めるようにしています」(32歳/その他)

「ネイルはお店に行かずにセルフネイル。お金もかからないし、自分で楽しくできるのでおすすめです」(30歳/営業・販売)

「ちょっと髪が邪魔だな」と感じるたびに、いちいち美容室に行っていると、かなり出費がかさみますよね。前髪くらいなら自分で切ったほうが手軽だし、美容室に行くのと違ってお金もかかりません。ヘアカラーやネイルなども、動画などを参考にすればだれでも簡単にできるので、試しに自分でやってみてはいかがでしょうか?

タイヤ交換に家庭菜園!ほかにはこんなこともやっちゃう

「冬場の車のタイヤ交換。ホイルごとの交換でそれほど難しくないので、自分で交換しています」(47歳/金融関係)

「自転車のパンク直しは、節約のために自分でやります」(51歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「トイレなどが故障したら、まずは自分で修理を試みるようにしています。ほとんどの場合、自分で解決できるので業者を呼ぶ必要もありません」(35歳/総務・人事・事務)

「部屋の模様替えをしたいときは、自分で壁紙を張り替えたりします」(46歳/主婦)

「庭の柵のペンキの塗り替えは、業者に頼まずに自分たちでやりました」(29歳/出版・マスコミ関係)

「家庭菜園で野菜を作れば、お店で野菜を買わなくてすむので、かなりの節約になります」(47歳/総務・人事・事務)

「相続関係の登記を行政書士などに任せずに、ネットや法務局からの情報をもとに、自分で書類を作りました。10万円くらいは節約できたと思います」(41歳/その他)

皆さん、ほかにもいろいろなことをお店に頼まずに自分でやっているようです。タイヤ交換やパンク直しなどは、かなり高度な気もしますが、実はそれほど難しくない様子。家の壁紙の張替えやペンキの塗り替えなども、意外と簡単にできるようです。

いかがでしたか? 自分でやろうと思えば、意外とどんなことでもそれなりにできるもの。ここでご紹介したようなことを、お店に頼らずに自分でやってしまえば、毎月かなりの金額を節約することができます。ぜひ、皆さんも節約のために、いろいろなことにチャレンジしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。