kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

魅惑のチョイ足しに食欲が止まらない!みんなの「卵かけご飯」アレンジ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

TKGといえば、みんな大好き“卵かけご飯”。ホカホカご飯に生卵を乗せたあと、軽~く醤油をたらすのが定番の食べ方のようですが、シンプルなだけにアレンジしだいで楽しみ方は無限に広がりそうです。今回は、『kufura』が男女500人に聞いた“卵かけご飯のちょい足し”アイデアをご紹介しましょう!

1:醤油、めんつゆ

「あなたがオススメの“卵かけご飯”にちょい足しすると美味しい、調味料や食材を教えてください」と質問したところ、まず多くの人が挙げたのは定番の“醤油”。

なかには、こんなこだわりのコメントもありました。

「卵かけご飯専用の醤油」(75歳、男性)

「最高級の有機しょうゆ」(64歳、女性)

また、“めんつゆ”や“かき醤油”、“だし醤油”、“白だし”など醤油ベースの調味料を推す声も多数。卵かけご飯を極めるべく、いろんな種類の醤油を試してみるとよさそうですね。

2:うま味調味料

「子供の頃から味の素一筋です」(50歳、女性)

「味の素(必要不可欠)」(60歳、男性)

これは筆者もやっている食べ方ですが、うま味調味料の『味の素(R)』という声が続出。味の素株式会社の公式ページによれば、1杯の卵かけご飯に3ふりかけるとよいのだとか。

うまみが広がって、思わずおかわりしてしまいそうになりそうですよね。

3:納豆

「納豆を混ぜるとさらに美味しい」(41歳、男性)

「ご飯の半分は卵と醤油で先に食べて、残りの半分に納豆とからしを混ぜて食べる」(67歳、女性)

朝食の定番ともいえる“納豆”をちょい足しに挙げる声も。忙しい朝でもしっかり栄養をとりたい人におすすめです!

4:海苔、かつおぶし

「おかかと海苔」(47歳、男性)

「花鰹」(46歳、男性)

「味付け海苔を細かくちぎって一緒に食べたい」(64歳、男性)

「味付け海苔で卵かけご飯を箸で挟んで食べる」(54歳、男性)

海苔やかつおぶしといった水産乾物も卵かけご飯との相性は抜群ですよね。また、海苔はご飯をクルッと巻いてもよし、細かく刻んでのせてもよし。その日の気分しだいでアレンジも可能です。

5:食べるラー油、七味唐辛子

ここからは少数意見になりますが、“食べるラー油”や“七味唐辛子”などのチョイ辛系を推す声も。

食べるラー油は、過去に『kufura』が“好きなご飯のお供”を聞いたアンケート記事「“好きなご飯のお供”ランキング…天かすなど真似したい絶品アイデアも!」でも挙げる人がいたので、卵かけご飯に合うのも納得。また、七味唐辛子を途中投入して、味の変化を楽しむのもアリでしょう。

6:マヨネーズ、チーズ、バター

「マヨネーズか、とろけるチーズをのせてレンジで軽くチンする」(38歳、女性)

「バターをちょい足しする」(75歳、男性)

「めんたいマヨネーズ」(44歳、女性)

「ベーコンチーズ」(59歳、男性)

卵かけご飯をより濃厚に味わいたい人にはこの食べ方! さらにベーコンまで乗せれば、気分はもうプチカルボナーラ?

7:その他、こんな食べ方も…

少数意見の“チョイ足し”を筆者も試してみました。

「黒ゴマです。食感もよくなるし、栄養も取れるような気がします」(45歳、男性)

黒ゴマは香ばしさもプラスして筆者的にも超おすすめです!

「少しフライパンであぶる」(61歳、男性)

一手間かかりますが、卵チャーハンぽくて美味です。ちなみに、筆者の夫は生卵が苦手なのですが、この“フライパンあぶり卵かけご飯”であれば、抵抗なくパクパク食べられました。

「ポテトチップス」(33歳、女性)

スナックのパリパリ食感が面白いです。今回、筆者が試したのは、うすしお、のりしおのみですが、他のフレーバーも試してみたいところ。

 

以上、“卵かけご飯のちょい足し”アイデアをお届けしましいたがいかがでしたか? ほかにも、冷蔵庫やキッチンで余っていた食材や調味料をちょい足ししたら、相性抜群だった!……というものがまだまだあるかもしれませんね。


【参考】

たまごかけご飯 レシピ – AJINOMOTO PARK

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載