子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

隠れたホコリを除去してお部屋をスッキリ!「ソファ&家具のすき間」のお掃除方法【家事大学 学長 高橋ゆき的お掃除の基本】vol.9

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

リビングルームにあるソファや本棚、飾り棚、テレビ台などの大きめ家具。どれも重量があるため、掃除の際に動かして、ソファや家具のすき間、下側、裏側などにたまったホコリをきれいに取り除くのは難しいですよね。

そこで『kufura』では、今回も家事研究家で株式会社ベアーズ副社長・高橋ゆきさんが学長を務める「家事大学」のテキストなどを参考に、楽しく家がきれいになる“高橋ゆき的お掃除メソッド”をご紹介していきます。連載第9回目のテーマは「ソファ&家具のすき間」。目につきにくい隠れたホコリもしっかり取り除いて、部屋全体をクリアな空間にするための、楽ラクお掃除方法を見ていくことにしましょう。

手の届かないすき間のホコリは“便利ツール”で除去

ソファや家具をピカピカに磨いても、裏側やその下のすき間の床、家具と家具のすき間がホコリだらけでは、“きれいな部屋”とはいえません。お部屋をスッキリとクリアに保つためにも、ソファや家具のすき間、裏側、下側もしっかりお掃除する必要があります。

掃除機やほうきが入り込めないすき間のホコリを取るには、以下にご紹介する高橋ゆきさんおすすめのお掃除便利ツールの一つ、「スーパーストッキングハンガー」が便利。ストッキングの静電気効果により、ホコリを空中に舞い散らせることなく、しっかり吸着して取り除くことができます。

<スーパーストッキングハンガーの作り方>

(1)ハンガーを縦に伸ばしてひし形にする

針金ハンガーのフック部分と三角の底辺部分を同時に上下に引っ張って伸ばし、ひし形になるように形を整えます。

(2)古靴下を装着する

ひし形部分に古靴下をかぶせます。たわみがでないように引っ張りながらしっかりかぶせましょう。靴下をかぶせることによって安定感が増すので、より強力にホコリやゴミを吸着できるようになります。

(3)上からストッキングをかぶせる

古靴下を装着したら、その上からストッキングをかぶせます。下の靴下にぴったりと覆いかぶせるようにしてください。

(4)あまったストッキングをフック部分に巻く

ストッキングの余った部分は、ハンガーのフック部分にクルクル巻き付けます。ほどけないようにしっかり結べば完成です。

掃除の前に7つのアイテムを準備しよう!

ソファおよび家具のすき間をきれいにするために、まずは次の7つのアイテムを用意してください。

(1)軍手ぞうきん

こちらも高橋さんおすすめのお掃除便利ツールの一つで、ゴム手袋の上から軍手をはめたもの。ぞうきんが入りにくいすき間や細かい部分も、軍手ぞうきんなら指一本いっぽんが入るため、きれいに掃除することができます。洗剤の液だれを防止するために、ゴム手袋の裾部分は3cmほど折り返して使いましょう。

軍手ぞうきんは、『指先感覚で自在に使える!「軍手ぞうきん」家事研究家・高橋ゆきの魔法のお掃除道具DIY』で動画付きで解説しているので、あわせてご覧ください。

(2)掃除機

(3)ストッキング

(4)歯ブラシ

(5)液体せっけん

(6)ぞうきん

(7)スーパーストッキングハンガー

実践!ソファ&家具のすき間の楽ラクお掃除方法

では、早速ソファ&家具のすき間のお掃除を始めていくことにしましょう。作業手順はそれぞれ以下のとおりです。

<ソファ>

(1)すき間のホコリやゴミを軍手ぞうきんで取り除く

すき間のホコリや細かいゴミを取るには、軍手ぞうきんが便利です。すき間奥まで手を差し込んで、ホコリ等を取り除きましょう。

(2)掃除機にストッキングを装着する

掃除機のヘッド部分を外し、掃除機の吸い込み口にストッキングをかぶせます。ストッキングの長さが余ってしまった場合は、持ち手に巻き付けましょう。

(3)ホコリやゴミを吸い取る

ソファの背面と座面のすき間などを中心に、全体に掃除機をかけてホコリやゴミを吸い取ります。ソファのすき間に落ちている細かい落とし物は、ストッキングがブロックするので間違って掃除機に吸い込まれることがなく安心です。

(4)ソファの後ろ側を掃除する

掃除機のストッキングを外してヘッド部分を取り付けたら、ソファを少しずらし、ソファの後ろ側や下の床など、普段は隠れている部分を掃除します。

(5)歯ブラシで汚れを落とす

合成皮革のソファについては、気になる汚れがある場合は歯ブラシに液体せっけんをつけて、力を入れずに優しくその部分をこすります。

(6)ぞうきんで水拭きする

固く絞ったぞうきんでソファの表面全体を水拭きしていきます。拭くときは必ず一定方向にぞうきんを動かしながら拭くようにしましょう。合皮のものなら、住宅用洗剤を使って拭いてもOKです。

<家具のすき間>

(1)家具と家具や家具と壁の間

スーパーストッキングハンガーを家具と家具、または家具と壁の間に差し込み、上から下へ滑らすように動かして、すき間にたまったホコリやゴミを取り除きます。

(2)家具と床の間

動かすのが難しい大型家具や大型家電の下のお掃除も(1)と同様に行います。家具や家電と床の間にスーパーストキングハンガーを差し込み、左右に動かして最後に手前に引くと、下にたまったホコリやゴミをすっきりと取り除くことができます。

ため込まない!毎日できる小掃除テク

ソファや家具のすき間は、毎日お掃除する必要はありませんが、なるべくならホコリがたまらないようにしたいもの。ホコリは換気をしないとたまる一方なので、毎日窓を二カ所以上開けて空気の通り道を作り、お部屋の換気をしっかりするよう心がけましょう。

また、ソファの背面と座面のすき間はホコリや細かいゴミがたまりやすいので、軍手ぞうきんを使ってこまめにお掃除するのがおすすめです。すき間にホコリがたまらないようにソファに布カバーをかけておき、それを定期的に洗濯するようにしてもいいでしょう。

いかがでしたか? ソファや家具のすき間のホコリは目につきにくいものですが、きちんと掃除をすることで、お部屋全体がスッキリしてクリアな印象になります。ホコリをしっかり取り除いて、家の中を心地よい空間にしていきましょう。

構成・文/土田奈々子

【参考】

高橋ゆき(2014)『楽ラク掃除の基本』(学研パブリッシング)

家事大学1級・2級 家事研究員資格講座テキスト』-日本講師支援機構

【取材協力】

ベアーズ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。