子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

転職はタイミングが大事!「市場価値」も意識しておこう【森本千賀子の転職アドバイス】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ここ1~2年ほどで、よく目につくようになった「人生100年時代」という言葉。皆さんも、これまでイメージしてきたよりも長期的な視点で「キャリア」を考えるようになったかもしれません。
これからの時代、生涯1社で働く人は減り、一生のうち複数の会社を経験する人が増えていくでしょう。

そんな時代の悩みどころは、「どのタイミングで転職するか」です。

自分都合より「市場価値」に注目

私は転職エージェントとして多くの転職相談をお受けしてきましたが、多くの人は、自分にとって条件がそろったタイミングで転職に踏み切ります。
女性の場合、結婚や出産のタイミング、夫の転勤・転職などもタイミングに影響するでしょう。

こうした「自分都合」はもちろん大切です。しかし、同時に意識しておきたいのは、自分の「市場価値」です。転職がうまくいくかどうかは、「自分がどんなキャリアを積んできたか」だけでなく、「そのキャリアが、今現在、市場で求められているかどうか」に左右されます。同じ経験・スキルでも、時期によって転職市場での評価は大きく変わるのです。

私が25年以上、転職マーケットを見てきた中でも、求人が豊富で引く手あまただった職種やスキルが、その1~2年後にはニーズがなくなり、求人がほとんど見つからなくなった、ということが起きています。
技術の進化のスピードが速く、それを活用した新たなビジネスモデルやサービスが次々と生まれてくる中、そのサイクルはますます短くなっていくでしょう。
例えば、マーケティングやPRの手法一つとっても、あっという間に陳腐化し、経験を次に活かせなくなってしまいます。

もちろん、その逆もあります。求人が見つからなくて転職をあきらめても、数年後、市況が変わって求人が増えてくることもあります。

つまり、転職市場にアンテナを張っておき、状況によっては計画より早く転職に踏み切る、あるいは転職したい気持ちが強くなってもしばらく待つことも必要です。ベストタイミングを見極めるために、求人情報を継続的にチェックしておくことをお勧めします。

タイミングを待つ間も、価値ある経験を増やしていく

そして、チャンスを待つと決めた場合、その間もなるべく「旬」な知識やスキルを身に付け、少しでも「市場価値」を高める努力を続けましょう。
例えば、今後、市場でニーズが高まりそうなテーマがあれば、自ら手を挙げてそのプロジェクトに取り組み、そのテーマの「経験者」になるという手もあります。

なお、自分の現時点での「市場価値」をつかむなら、試しに転職情報サイトの「スカウトサービス」に登録してみる手もあります。これは、自分の経歴や希望条件を登録しておくと、興味を持った企業や転職エージェントからオファーの声がかかるというもの。自分のキャリアに対する、第三者の評価を知ることができます。自分では想定していなかった業界や企業からオファーを受けることもあり、視野も広がります。
また、転職エージェントに相談し、キャリアコンサルタントから客観的視点でキャリアを診断してもらうのもいいでしょう。

転職市場の動きを常に観察しつつ、選択肢が増やせるように新しい経験を積んでいってください。

 

構成/青木典子

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事