子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

人気の「ヘルシオ ホットクック」の実力は…?野菜の甘みに驚いた「831の日」料理教室レポ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

先月8月31日は、何の日だったかご存じですか? 8、3、1……そう、「野菜の日」なんです! そこで、「野菜の日」にちなみ、SHARPはJA全農とコラボして、ヘルシオシリーズの調理家電を使って、国産野菜をおいしく味わう料理教室を開催。kufura編集部も体験してきました!

食材を切って入れるだけで、後は鍋にお任せ!のホットクックに注目

2019年8月31日、9月1日に東京・二子玉川の蔦屋家電で開催された「やさいの日 特別野菜教室」は大盛況!

今回、使用したのは、大人気の自動調理鍋『ヘルシオ ホットクック』、過熱水蒸気で調理する『ウォーターオーブン ヘルシオ』、真空で攪拌する『ヘルシオ 真空ブレンダー』の3製品。SHARPの担当者のかたが、野菜をおいしく調理できる仕組みや便利な使い方を解説しながら、実際に調理スタート。

私は『ヘルシオ ホットクック』に興味津々。食材を切って入れるだけで、後は鍋にお任せ。水も火も使わずに、おいしい煮込み料理ができるとあって、「一度使ったら手放せない!」という熱狂的な愛用者の方々の声を何度も耳にしておりました。でも、本当においしいの?

早速、その実力をレポートします!

鍋にお任せで、キャベツの甘みを凝縮したカレーが完成!

まず1品目は『ヘルシオ ホットクック』でキャベツたっぷりのカレーを調理。薄切りにした玉ねぎと、串切りにしたキャベツを鍋にギュウギュウと詰め込み、市販のカレールーと合挽肉を入れます。なんと材料はこの4つだけ! ふたをして、メニューを選び、ボタンを押したら約45分で完成です。

食材を入れたら、後はほったらかしでOK。
約45分後、野菜の旨味たっぷりのカレーが完成!

ひと口食べて驚いたのは、キャベツや玉ねぎの甘みを普段よりもしっかり感じること。私もよく使う一般的な市販のカレールーなのに、通常よりも奥深い甘みがあるんです。水を一滴も使わず、野菜の水分だけで調理するので、キャベツや玉ねぎの旨味がカレーにじんわり染み込んでいて、野菜本来のおいしさをしみじみと感じました。

本体から選べるメニューは約150種類。インターネットに繋げば、約300種類の中から好きなメニューを選べます。料理のバリエーションもグンと広がりそうですね。

水を一滴も使わない、濃厚トマトスープに感動…!

2品目は、同じく『ヘルシオ ホットクック』で作るミニトマトの蒸し煮。ミニトマトは、JA全農がオリジナルで開発した『アンジェレ』という高糖度の甘みが強い品種を使いました。もちろん、生で食べても甘くておいしい。

鍋にミニトマト、キャベツ、玉ねぎ、しめじを投入。そして、調味料はオリーブオイル、塩、こしょう、これだけ! 調理時間は約25分。混ぜる作業も不要なので、一度もふたを開けなくてOKです。

JA全農の『アンジェレ』は真っ赤な宝石みたい。
水を一滴も入れず、野菜の水分だけで作るから味が濃い!

微妙な火加減を調整しながら、食材の煮崩れを抑えてかき混ぜる作業も自動で行ってくれるなんて、すごい! ふたを開けることが一切ないので、食材から出た蒸気や水分を使った無水調理が可能です。

鍋を開けると、水を一滴も使用していないのに、野菜から出たスープがたっぷり! 試食すると、まるで濃厚なトマトのおだしを飲んでいるよう……。太陽をいっぱい浴びてスクスク育った、糖度の高いアンジェレの甘みを存分に味わうことができ、その滋味深さに感動してしまいました。

野菜の旨味が効いているから、味付けはシンプルで充分。「野菜ってこんなにおいしいんだ!」と気付かせてくれる一品です。

じゃがいもはホクホク!野菜本来のおいしさを発見。

3品目は『ウォーターオーブン ヘルシオ』で、焼き野菜サラダに挑戦。パプリカ、ズッキーニ、じゃがいも、エリンギなど、好みの野菜を食べやすく切って、ポリ袋に入れ、オリーブオイルと塩を加えて、よく混ぜるだけでOK。オーブンの角皿に彩りよく並べたら、後は焼くだけ。

驚いたのは、「まかせて調理」ボタンから「焼く」を選んで押すだけで、食材の温度帯や分量から、火加減や調理時間を自動で設定してくれるという機能。

試食すると、じゃがいもは厚めに切ってあるのに、中までホックホク! パプリカはじゅわっと甘くてジューシー。硬さも大きさも違う食材を同時に焼いても、過熱水蒸気で調理するので、それぞれ最適なおいしさに焼き上がるなんて優秀すぎる。

参加者のみなさんも和気あいあいと調理中。野菜を切って焼くだけだから、とっても簡単!
見た目も華やかなので、ホームパーティーなどおもてなし料理にもぴったり。

最後のデザートは『ヘルシオ 真空ブレンダー』で作った梨とみかんのスムージー。果物や野菜を真空状態で空気に触れにくくしながら攪拌するので、酸化を抑えることができ、ビタミンCやポリフェノールなどの栄養成分が多く残るそう。さらに、泡立ちを抑えてなめらかな飲み心地に仕上がります。

真空状態を確認すべく、マシュマロを入れて実験。
真空になるとマシュマロが膨張して大きくなった!
なめらかな口当たりのスムージーは、フレッシュで体にも良さそう。

今回、調理された野菜は、普段以上に甘みや旨味を濃く感じたことが、何よりびっくり! 調味料は少なくて済むし、何より調理がとってもシンプルで簡単。時短できるので、忙しい女性にこそ使ってほしい、食卓をおいしく盛り上げてくれる調理家電は主婦の味方になってくれそうです。

 

取材・文/岸綾香

【参考】

ヘルシオ ホットクック(KN-HW24E、KN-HW16E)
https://jp.sharp/hotcook/

ウォーターオーブン ヘルシオ(AX-XW600)
https://jp.sharp/range/products/axxw600/

ヘルシオ 真空ブレンダー(EM-SB1A)
https://jp.sharp/blender/products/emsb1a/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。