子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

目指せ!ワンランク上の極上ヒップ「椅子やソファで/ヒップリフト編」まいにちエクサ#43

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

仕事や家事の合間、あるいはテレビを見ながら。たるんだハミ肉や脂肪を効率的に刺激しつつ、バランスのよい美しい姿勢を作るボディデザイン インストラクターSachiさんの特別クラス【簡単だけど効く! まいにちエクササイズ】。

隠れ蓑になっていた分厚いコートを脱ぐ春はもうすぐそこ。そこで、椅子やソファを使って体のバランスを取りながら、“脱いでもスゴい”キリッとボディに仕上げる効果てきめん!の筋トレメニューをご紹介します。第1弾は美尻を作る「ヒップリフト編」。強度はやや高めですが、プリッと上向きになったお尻を想像しながら、ゆっくりと自分のペースで、毎日少しずつ確実に締めて行きましょう!

お尻の深〜い筋肉を目覚めさせつつ、体の裏側全体を効果的にシェイプアップ!

“インナーマッスル”とも呼ばれる深層筋は、体の中心部分に近い筋肉の総称で、身体機能をも左右する非常に重要な筋肉。ここをしっかり鍛えることで姿勢がよくなったり、太りにくい体を作ることが可能です。

「ヒップリフトはお尻を鍛えるだけでなく、体の後ろ側全体を刺激するので、椅子を使って強度を上げることで、全身の引き締めを効率よく行うことができます。ゆっくり、回数は少なくてもよいので、おへそとお尻をギューッと寄せる感覚で絞りこんでいきましょう。くれぐれもお腹を突き出さないように」(Sachiさん)

基本の呼吸姿勢「ドローイン」のやり方

お腹にグッと力を入れて凹ませたまま行う呼吸です。体幹を鍛えて正しい姿勢を維持します。

(1)お尻をキュッと締める。

(2)息を吐きながらお腹が凹んだ状態をキープ。

(3)深く吸って、細く長く吐く呼吸を続けます。

お腹と背中がくっつくぞ!「椅子やソファで/ヒップリフト編」

(1)仰向けに寝て足首を椅子かソファにのせる。膝を曲げる角度は90度、足先は肩幅に開いてつま先を天井に向ける。手は体の横に置く。

(2)ドローインして、お腹に力を込めたまま、ゆっくりお尻を持ち上げる。胸から膝まで斜め一直線になったら止め、呼吸を続けながらゆっくりお尻を上下させる。

(3)慣れてきたらリズミカルに。10回1セットとして1セットから。

POINT

お尻を持ち上げた時に、足先がぐらつかないように注意。辛い場合は、手でお尻を支えてもOK。息を吐きながら上に、吸って下へ、ギュッと締めたお腹とお尻で上下させる意識で行う。

 

【取材協力】

Sachi・・・オリジナルプログラム「ボディデザイン」をベースにインナーマッスルトレーナーとして活躍。また、モデル、ダンサーとしての一面も。2015年に女児を出産。その経験を活かし、産後のボディバランス改善エクササイズを東京都内各地のスタジオにて開講中。http://www.sachifitness-latin.com

【衣装協力】

CW-X WOMEN(ワコール)http://www.cw-x.jp

Top: HTY108(参考商品)6,048円、Bottom: JCY259 / 8,640円(ともに税込。「ドローイン」の衣装は除く)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載
人気の記事