kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

床はピカピカ、お尻はアゲアゲ!「モップエクサ/ディープスクワット編」 まいにちエクサ#41

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎日10分、仕事や家事の合間、あるいはテレビを見ながら。たるんだハミ肉や脂肪を効率的に刺激しつつ、バランスのよい美しい姿勢を作るボディデザイン インストラクターSachiさんの特別クラス【簡単だけど効く! まいにちエクサ】。どこの家にもあるフローリング・モップを使って体幹強化と全身の引き締めを行う「モップエクサ」をシリーズでお届けしています。ちょっと強度は高めですが、その分結果も早く出やすいのがメリットです。

第3弾は「ディープスクワット」。ワイドスクワットをベースに、モップを使って上半身の筋トレを組み合わせた、いわば“全身スクワット”です。グーッとモップの柄を前に押しつつお尻を後ろに引くことで、お腹、背中、お尻、太ももと、体の大きな筋肉を同時に鍛えられます。少ない回数でスクワットの効果を実感できるのも嬉しいポイントです。

上半身を押して、下半身を引く。背中のストレッチ効果も!

モップを使うことで、いつものスクワットが大きな筋肉を同時に鍛える全身エクサになります。モップを押しながらお尻を引く動作が背中の筋肉も刺激。肩甲骨もしっかり動かせて、落ちにくいハミ肉を削ぎ落としてくれます。薄着になる春に向けて、臨戦態勢に突入!です。

基本の呼吸姿勢「ドローイン」のやり方

お腹にグッと力を入れて凹ませたまま行う呼吸です。体幹を鍛えて正しい姿勢を維持します。

(1)お尻をキュッと締める。

(2)息を吐きながらお腹が凹んだ状態をキープ。

(3)深く吸って、細く長く吐く呼吸を続けます。

モップでスクワットが進化!「モップエクサ/ディープスクワット」

(1)つま先を前に向けて足を肩幅より大きく開き、モップは体の中心から腕が伸びきらない位置でセットする。

(2)ドローインしてワイドスクワット同様に、お尻をゆっくりと後ろに引きながら腰を落とす。同時にモップの柄をぐっと前に押し出す。

(3)モップの柄を引き戻しながら上体を元の位置へ。最初はゆっくり、慣れてきたらリズミカルに。10回やって1セット、最初は2セットから。

POINT

突き出していいのはお尻だけ。背筋を伸ばし、前屈みにならないように。お腹、お尻をキュッと引き締めながら行う。呼吸を止めずに、できるだけ低く腰を落とすと効果UP。

「腕力ではなく、お腹のコアマッスルをしっかり使ってモップの柄を引き戻し、背中が反らないように注意。深く腰を落とせば落とすほど下半身に効きますが、体勢の維持が重要ですので、徐々に強度を上げていきましょう」(Sachiさん)

【取材協力】

Sachi・・・オリジナルプログラム「ボディデザイン」をベースにインナーマッスルトレーナーとして活躍。また、モデル、ダンサーとしての一面も。2015年に女児を出産。その経験を活かし、産後のボディバランス改善エクササイズを東京都内各地のスタジオにて開講中。http://www.sachifitness-latin.com

【衣装】

CW-X WOMEN(ワコール)/http://www.cw-x.jp

Top: HTY108(参考商品) / 6,048円・Bottom: JCY259 / 8,640円(ともに税込)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載
人気の記事