kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

脇腹を伸ばして肩コリ&腰痛をケア!「“r”のストレッチ」まいにちエクサ#29

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

このストレッチは、肩からわきの下、脇腹、そして腰と、いっぺんに広範囲の筋肉をほぐせるのが利点です。体側は肩や腰の動きと関係が深いため、しっかりストレッチすることで肩凝りや腰痛の改善も期待でき、関節の可動域も広がります。英小文字の「r」のように、ドローインで体幹を締めて下半身はまっすぐに、上半身全体を使ってゆっくりと美しいアーチを描いてください。 

たるんだハミ肉や脂肪を効率的に刺激しつつ、バランスのよい美しい姿勢を作るボディデザイン インストラクターSachiさんの特別クラス【簡単だけど効く! まいにちエクサ】。今回は上半身をほぐすストレッチです。

基本の呼吸姿勢「ドローイン」のやり方

お腹にグッと力を入れて凹ませたまま行う呼吸です。体幹を鍛えて正しい姿勢を維持します。

(1)背筋を伸ばしてお尻をキュッと締める。

(2)息を吐きながらお腹が凹んだ状態をキープ。

(3)深く吸って、細く長く吐く呼吸を続けます。

ゆっくりと呼吸を続けて気持ちいい!「”r”」のストレッチ

(1)かかとをつけてまっすぐ立つ。ドローインして両手を指先までまっすぐ上に伸ばす。

(2)息を大きくゆっくり吐きながら、上半身を右に倒して腰は左に押し出す。左右やって1セット、5セットほど行う。

POINT

ドローインを続けながら腹筋を締めて行う。真横に脇腹をギューッと潰すように倒し、前屈みにならないこと。お尻を突き出さない。

「ドローインでお腹に力を入れ、下半身を安定させて行うことが大切です。腕も耳の横に指先までピンと伸ばします。この姿勢を保つことで、体側の筋肉を奥から深く伸ばせます。わきの下に“張り”を感じなかったら、上体が前屈みや、反っている証拠です(Sachiさん)。


【取材協力】 Sachi・・・オリジナルプログラム「ボディデザイン」をベースにインナーマッスルトレーナーとして活躍。また、モデル、ダンサーとしての一面も。2015年に女児を出産。その経験を活かし、産後のボディバランス改善エクササイズを東京都内各地のスタジオにて開講中。https://www.sachifitness-latin.com

 

 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載
人気の記事