子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「3分の朝ヨガ」でシャキッと元気に!体と心を気持ちよく整えよう【おうちでヨガレッスン#10】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ヨガを中心とした様々なライフスタイル改善プログラムを提案する『Veda Tokyo』とkufuraがコラボして、初心者でも自宅で手軽に行えるヨガレッスンを紹介。

今回は、たった3分で行える「朝ヨガ」を、kufuraのために若松由貴子さんが考案。朝目覚めたら、布団の上ですぐに行えるので、早速行ってみましょう!

寝ている間にコリ固まった体を、思いっきり伸ばそう!

kufuraで以前公開した若松さんの「朝ヨガ」は、その分かりやすさで大きな反響がありました。そこで、今回は忙しい朝でも手軽に行えるショートバージョンの朝ヨガを考案してもらいました。

ロングバージョンの「朝ヨガ」はこちらをチェック!→10分の朝ヨガで心身が目覚める…元気に1日をスタート!【おうちでヨガレッスン#2】

「たった3分間ですが、効率よく体が整うポーズばかりを組み合わせました。夜寝ていた状態からゆっくり体をほぐし、これから活動する状態に体を整えていきます。

自分の呼吸を感じながら、体を思いっきり伸ばしてみましょう。一緒に朝の呼吸法も行うと、よりスッキリと体が目覚めますよ」(以下「」内、若松さん)

「朝の呼吸法」の詳しい方法はこちらを参考に。→「朝の呼吸法」でスッキリ目覚めて、1日をスタート!【おうちでヨガレッスン#9】

体と心を整え、気持ちよく1日をスタート。忙しい朝の時間ですが、まずは3分間だけ行ってみましょう!

「3分の朝ヨガ」の行い方

(1)仰向けで伸びをする

仰向けになり、リラックスした状態で、頭の上で指を絡めます。手の平を外側に向けて、思いっきり伸びをしましょう。息を吸いながら伸びをしたら、口から息を吐いてリラックス。これを2回繰り返します。

(2)股関節&腰周りをほぐす

両手を体の横に戻し、両膝を曲げ、両足は肩幅より少し広めに開きます。両腕を快適な位置に下ろし、息を吐きながら両足を右側に倒しましょう。この時、目線は左側に。この状態をキープしたら、息を吸いながら中央に体を戻します。反対側も同様に行ってください。

(3)背面をゆらゆらマッサージ

息を吐きながら両膝を両手で抱え、太ももをお腹の方に引き寄せます。あごを引いて、左右にゆらゆら揺れましょう。寝ている間、土台となっていた背面をマッサージするイメージです。

終わったら、左右倒しやすい方に体を倒し、手の平でサポートしながらゆっくりと起き上がりましょう。

(4)体の側面を左右に伸ばす

背筋を伸ばして座り、頭の上で指を絡め、手の平を外側に返し、息を吸いましょう。吐きながら、肩周りをリラックスさせます。

もう1度息を吸って、今度は吐きながら右側に体を倒します。心地いい所まで倒したら、その状態をキープして目線は天井に。息を吸いながら中央に体を戻し、反対側も同様に行います。

(5)胸周りを伸ばす

息を吐きながら、ゆっくり両手をほどき、お尻の後ろで指を絡めます。息を吸いながら背筋を伸ばし、胸の真ん中を引き上げましょう。この時、目線は斜め上に。息を吐きながら両手をほどき、最後にリラックスしましょう。

実際に行ってみると、体のあちこちを伸ばすポーズが満載で、全身がギューッと伸ばされて気持ちいい〜! 寝ている間にコリ固まった体が、じんわりとほぐされていくのを感じました。鼻で息をたっぷり吸い込みながら行うので、朝の清浄な空気を体いっぱいに取り込み、心も静謐に整う感じ。たった3分なので、これなら忙しい朝でも手軽にできますね!

いかがでしたか? ぜひ、朝の呼吸法と合わせて、気持ちよく1日をスタートしてください。

次回は、1日の終わり、夜寝る前に行う「呼吸法」を紹介します。

【取材協力】

若松由貴子

心と身体をバランス良く鍛えることができるオンラインスタジオ『Veda Tokyo』所属。さわやかな笑顔と丁寧で分かりやすいレッスンが人気。アディダスグローバルランニングコミュニティadidas Runners Tokyoのヨガ講師を務める。2015年より毎年インドに渡り、ヨガの学びを深めている。指導歴10年。2児の母。

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集