子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

だるい下半身のむくみがスッキリ「寝たままゆらゆらストレッチ」【Sachi×kufura 溜めない体を作るStretch Lesson #9】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

1日の始まりに、仕切り直しに、そして就寝時のリセットに。メリハリのある美しい姿勢を作る「ボディデザイン」インストラクターのSachiさんによる、とっておきストレッチ&セルフケアレッスンをご紹介します。

今回は、足のむくみをすっきりさせながら、下半身全体の疲れも改善する「寝たままゆらゆらストレッチ」です。

塩分の摂りすぎ、お酒の飲み過ぎ、運動不足、冷え、そしてストレス……これらはすべてむくみの原因になります。巣ごもり生活が続く中、下半身のだるさを感じている人も多いはず。毎晩寝る前に5分、気持ちよく揺らして伸ばして、明日に疲れを持ち越さないようにしましょう。

ふくらはぎを指で軽く押し、跡がすぐに消えないようなら「むくんでます!」

むくみは「浮腫」とも呼ばれ、体内を巡るリンパ液と血液が、細胞と細胞の間で停滞することで起こります。その原因でもっとも多いのは、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢を続けること。

血流が悪くなるのはもちろん栄養の流れも妨げられ、体内の余分な水分がスムーズに排出できなくなるのです。これに塩分やアルコールの過少摂取などが加われば、さらに体内の循環が悪化します。

「人間は歩くことで筋肉を維持し、新陳代謝が促されることで体内のスムーズな循環を保っています。巣ごもり生活でそのサイクルが崩れやすくなるのは仕方がないこと。

でもだからこそ、意識的に体を動かしてあげることが大切です。とくにストレッチは、就寝前、あるいは起床後だけでもいいので、ぜひ習慣にしてみてください。」(Sachiさん)

巣ごもり疲れをスッキリ!“溜めない体”でコロナ明けを迎えよう

(1)背筋を伸ばして床に座り、仰向けになる。両膝を立てて、両手は自然に床におく。

(2)床にお腹を押しつけるようにして腹筋に力をいれ、両足を上げる。膝は軽く曲げたままでOK。ふくらはぎを意識しながら足をぶらぶらと10〜20秒振る。

(3)両手を両足のふくらはぎに添え、息を大きく吐きながら顔のほうへゆっくりと引き寄せる。腰から下がしっかり伸びていることを意識し、痛みが出ないところでストップ。余裕があればひざをまっすぐ伸ばす。そのまま10〜20秒キープ。(2)と(3)の動きを5回ほど繰り返す。

 

POINT

ゆっくりと行う。

呼吸を止めない。

お腹はつねに床に押しつけたままをキープ。

【取材協力】

Sachi・・・オリジナルプログラム「ボディデザイン」をベースにインナーマッスルトレーナーとして活躍。また、モデル、ダンサーとしての一面も。2015年に女児を出産。その経験を活かし、産後のボディバランス改善エクササイズを東京都内各地のスタジオにて開講中。http://www.sachifitness-latin.com

 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。