子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「リンパつまみ」でしなやか胸元美人に!【Sachi×kufura 溜めない体を作るStretch Lesson #4】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

1日の始まりに、仕切り直しに、そして就寝時のリセットに。メリハリのある美しい姿勢を作る「ボディデザイン」インストラクターのSachiさんによる、とっておきストレッチ&セルフケアレッスンをご紹介します。

今回は胸鎖乳突筋の「リンパつまみ」です。胸鎖乳突筋とは、耳の下から鎖骨に向かって斜めに延びている筋肉で、頭を横にむけるとグッと張り出るので、わかりやすいと思います。じつは胸鎖乳突筋の近くにはリンパ節が通っており、肩や首のコリとも因縁が深いのです。鎖骨周辺と合わせて、普段からしっかりほぐしておきましょう。

血液やリンパ液の流れを改善。シュッとしたフェイスラインをゲット!

胸鎖乳突筋の役割は重たい頭を支えるのはもちろん、首の後ろにある頭板状筋とともに、首を曲げる、回転させるなどがあります。朝起き上がる際に、頭を持ち上げているのもこの胸鎖乳突筋です。意識しにくい筋肉ですが、リンパ節が近いので、疲れが溜まってコリが生じると胸鎖乳突筋も緊張しやすくなります。

「胸鎖乳突筋を軽くつまんでみてください。もしも、皮膚が張ってつまめない、あるいは痛みが走ったら、老廃物が溜まっているのかもしれません。

首や肩のコリもあるはずです。軽くつまむだけでOKなので、たとえば入浴時の習慣にするとよいかと思います。また、ついでに緊張して鎖骨に張りついた皮膚もはがし、鎖骨を下に押し下げてあげると、老廃物がスムーズに流れて、スッキリしたフェイスラインやデコルテをキープできますよ」(Sachiさん)

つまむだけなのにスッキリ感ハンパなし!「リンパつまみ」

(1)背筋を伸ばして深呼吸しながら肩の力を抜き、上体を動かさずに顔だけ横をむく。

(2)耳の下から鎖骨に向かって張り出した胸鎖乳糖筋を親指と人差し指で軽くつまみ、鎖骨までゆっくりと指をおろしていく。5回ほど繰り返したら反対側も同様に行う。

(3)鎖骨を親指と人差し指ではさんで、肩に向かって軽く押す。肩に指が届いたら、指でグリグリと筋肉を押す。反対側も同様におこなう。

 

POINT

力を入れすぎないこと。イタ気持ちいいぐらいがベスト。

呼吸を止めずにゆっくりとおこなう。

猫背になったり、肩が上がらないように注意。

【取材協力】

Sachi・・・オリジナルプログラム「ボディデザイン」をベースにインナーマッスルトレーナーとして活躍。また、モデル、ダンサーとしての一面も。2015年に女児を出産。その経験を活かし、産後のボディバランス改善エクササイズを東京都内各地のスタジオにて開講中。http://www.sachifitness-latin.com

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。