子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ベランダ菜園にハマった人続出!「人気の野菜・ハーブTOP6」収穫の成果は?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

新型コロナウイルスの影響でおうち時間が増えたことにより、今年はベランダ菜園に挑戦したという人も多かった様子。形や出来がちょっとイマイチだったとしても、自分で手塩をかけて育てた野菜やハーブは、お店のものとは比べ物にならない美味しさですよね。

今回『kufura』では、今年ベランダ菜園にチャレンジした女性95人に、「育てた野菜やハーブの種類」と「実際の出来具合や料理への活用法」について聞いてみました。どんな野菜やハーブが特に人気だったのか、ランキングで見ていくことにしましょう。

第6位:きゅうり・・・12票

「肥料の量や水やりの仕方など、ネットで栽培方法を確認しながら育てたので、すごくたくさん収穫することができました」(63歳/主婦)

「きゅうりは酢の物を始め、夏は特にいろいろな料理に活用できるので、ベランダ菜園で育てていると助かります」(74歳/総務・人事・事務)

「今年はたくさんきゅうりを収穫することができて嬉しかったです」(42歳/その他)

「きゅうりはくねくね曲がっていて、中のタネも多く、ちょっとイマイチな出来でしたが、そこそこ美味しく食べることができたので満足です」(59歳/主婦)

「土がダメだったのか、葉に斑点ができてしまい、今年はきゅうりをまったく収穫することができませんでした」(46歳/総務・人事・事務)

「いっしょに育てていたゴーヤは元気にすくすく育っていますが、なぜかきゅうりは失敗してしまって、まったく収穫することができませんでした」(65歳/その他)

第6位は、みずみずしい美味しさが夏にピッタリの“きゅうり”でした。お店に売っているようなまっすぐなきゅうりを栽培するのはなかなか難しいようですが、曲がって形が悪くても味はバツグン。漬物、酢の物、サラダなど、いろいろな料理に活用することができます。

残念ながら栽培に失敗してしまったという人も少なくなかったようですが、ぜひネットなどで栽培方法を調べて、来年また再チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

第4位(同率):ナス・・・13票

「ナスは上級者向けと言われているとおり、収穫できたのはたったの一つだけ。ですが、とろけそうなほど濃厚な甘味と、身がしっかり詰まったもっちりとした食感は、お店のものとは比べ物にならないほど美味しくて、すごく感動しました」(39歳/その他)

「今年はナスがうまくできたので、漬物や炒め物などにして美味しく食べています」(41歳/主婦)

「育てていると毎日少しずつ変化があるので、水やりの時間がすごく楽しいです。たくさん収穫できたときの達成感は最高ですね」(32歳/その他) 

「ベランダ菜園は、毎日水をあげる以外は特に何もしなくても美味しい野菜が収穫できて、お店で買うよりも安上がりで食べられるので助かります」(30歳/公務員)

同率で第4位にランクインしたのは“ナス”。ナスはほかの野菜と比べると栽培がちょっと難しいとのことですが、たくさん収穫できたという人も多いので、きっとコツさえつかめば上手に育てられるのかもしれません。「お店のものとは比べ物にならないほど美味しい」という声も多いので、ぜひ自分でナスを育てて極上の美味しさを味わってみてください。

第4位(同率):トマト・・・13票

「自分で育てたトマトは収穫したてのパリッと感があり、お店で買うのとは違った美味しさが楽しめます」(70歳/主婦)

「トマトは育て方が簡単なうえ、1本の苗からたくさん収穫することができます。採れたてのトマトは、生で食べるのがいちばん美味しいです」(40歳/総務・人事・事務)

「今年はトマトがたくさんできたので、サラダに入れて美味しく食べています」(30歳/総務・人事・事務)

「今年は長雨のせいか、トマトがうまく育たなくて残念でした」(53歳/その他)

「長雨で意外と早くダメになってしまったため、今年は思ったほどたくさん収穫することができませんでした」(35歳/その他)

ベランダ菜園では、“トマト”も大人気です。トマトは比較的育てやすいので、家庭菜園初心者にもおすすめ。ただ、今年は長雨の影響でうまく育たなかったという人もけっこう多かったようです。採れたての新鮮なトマトは、そのまま生で食べることによって美味しさをダイレクトに楽しめるので、サラダや冷やしトマトなどにするのが良さそうですね。

第3位:バジル・・・20票

「バジルはパスタを作るときや、トマトと和えたりするのに必要なので、ベランダで育てていると必要なときにすぐに使えて便利です」(57歳/その他)

「バジルを育てていると、ちょっと必要なときにすぐに使えるし、料理のアクセントにもなるので助かります」(54歳/主婦)

「バジルはそのまま生でパスタにのせたり、バジルソースを作るなどして、普段の食事に活用しています」(75歳/主婦)

「パスタやスープの飾りとしてバジルを使うと、料理が一気に華やかになるので、家で育てていると便利です」(32歳/総務・人事・事務)

「バジルはいっぱい葉がついて、上手に育てることができました。たくさん収穫できたので、バジルソースにしていろいろな料理に活用しています」(38歳/主婦)

水やりするだけでどんどん育つ“バジル”が第3位に。家で育てていると、ちょっとだけ料理に必要なときに、すぐに収穫して使えるのがいいですよね。パスタやサラダ、スープなど、料理にトッピングすることで、見た目が一気に華やぐのも嬉しいところ。たくさん採れすぎてしまったときは、バジルソースにして冷凍しておきましょう。

第2位:大葉・・・34票

「大葉は次から次へとどんどん収穫できるので、すごく便利でした。今までは大葉をお店で買っていましたが、それがすごくもったいないと感じてしまいました」(46歳/公務員)

「大葉は育て方がすごく簡単だし、家で育てていると、ちょこっと使いたいときにすぐに使えるので便利です」(40歳/その他)

「日当たりのいいところに置いて、水やりさえきちんとすれば、放っておいても次から次へと収穫できます。虫などに食べられてしまわないうちに、そうめんやパスタ、冷奴などにどんどん使って食べています」(34歳/営業・販売)

「スーパーで買うものよりも、口に入れてかんだ瞬間に香りが一気に広がるので、やっぱりフレッシュなものは違うと思いました。大葉は虫に食べられやすいのが難点ですが、とにかくたくさん収穫できます」(54歳/デザイン関係)

さわやかな香りとさっぱりした味わいが特徴の“大葉”が、第2位にランクイン。大葉は日当たりのいいところに置いて、水やりさえしっかりすれば、次から次へと収穫できるので、比較的簡単に育てられるようです。ただ、けっこう虫が付きやすいようなので、虫嫌いの人はやめておいたほうがいいかもしれません。

夏バテ気味で食欲のないときなど、料理に大葉をプラスするだけで食がどんどん進みます。そうめんや冷奴の薬味のほか、パスタに入れる、ごはんに混ぜ込む、和え物や漬物に入れるなど、大葉はいろいろな料理に幅広く活用できるのがいいですね。

第1位:ミニトマト・・・39票

「枝は細いながらも元気に育ち、たくさん収穫できています。ミニトマトは料理に彩りを添えてくれるので、とても重宝しています」(26歳/総務・人事・事務)

「毎日お世話をしていたら、どんどん成長する姿にすごく愛着が湧いてきて、初めて実がついたときはとても嬉しかったです」(38歳/主婦)

「採れたてのミニトマトは、とにかく美味。毎朝サラダに入れて食べています」(24歳/その他)

「ミニトマトはお弁当のおかずに使えるので、ベランダ菜園で育てているととても重宝します」(54歳/総務・人事・事務)

「採れたてのミニトマトはとにかく甘くて、すごくビックリしました」(50歳/主婦)

第1位に輝いたのは、“ミニトマト”。小さな赤い実が鈴なりになる様子は、とてもかわいらしくて、見ているだけで癒されますよね。それほど場所を取らず、栽培も簡単なので、初心者でも楽しく育てることができます。

採れたてのミニトマトは、とにかく甘くて美味しいので、その味に感動する人が続出。サラダに入れる、料理の付け合わせにする、お弁当に入れるなど、料理に彩りを添えてくれるミニトマトはとにかく使い勝手がいいので、ぜひ毎年育ててみたいですね。

ベランダ菜園で人気の野菜・ハーブを第1位から第6位までご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? ベランダ菜園は、手軽に家で野菜やハーブの栽培が楽しめるだけでなく、お店で買うものとは違った美味しさを楽しむことができます。今の時期から育てられる野菜やハーブもあるようなので、ぜひ皆さんもおうち時間を使ってベランダ菜園を楽しんでみてください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事