子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ずっと必要だと思っていたけど「実はムダ遣いだった出費」。外食に大量の服…外出自粛で分かったこと

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

外出自粛期間中、外に出かける機会が激減したため、おうちごはんが増える、スーパーではまとめ買いが必須など、ここ数ヶ月で普段の生活がいろいろと変化しました。そんな生活の中、今まで必要だと思っていたけれど、実はなくても問題なかったと気づいたことなどはありませんでしたか? 今回『kufura』では、20~50代の女性342人に「外出自粛生活中に判明した、今まで必要だと思っていたけれど実はムダ遣いだった出費」について聞いてみました。

外食費:おうちごはんやおうちカフェで十分楽しめる

「外食に行けなくなって、常に家で食べるようになってから全然お金が減らなくてビックリしています。外食は思った以上にムダ遣いなんだと気づきました」(35歳/主婦)

「外出自粛生活を経験したことで、わざわざ外食しなくても、家で楽しもうと思えばいろいろと食事を楽しむことができることがわかりました」(37歳/その他)

「いつも休日のお昼は外食していましたが、おうちごはんも意外と美味しいし、何より安くすむので、休みのたびに外食するのはムダ遣いだとわかりました」(35歳/その他)

「友だちとのランチやお茶は、人とのつながりを保つために必要だと思っていましたが、そんなものはあってもなくても人間関係は変わらないと気づきました」(30歳/その他)

「出かけた際の休憩や暇つぶしのお茶代。わざわざお店に入らなくても、そこらへんに腰かけて缶コーヒーを飲むだけで十分でした」(37歳/主婦)

「カフェでのコーヒー代。カフェに行くことで気分転換にはなりますが、エスプレッソマシンがあれば、家でも十分美味しいコーヒーやラテが飲めるし、コスパもかなりいいと実感しました」(32歳/その他)

いちばん多かったのが、この「外食費」。外出自粛でおうちごはんが増えたことにより、改めて外食は高くて家計を圧迫していることに気づいた人も多かったようです。外出先でついつい立ち寄るカフェ代も、回数が増えるとかなりの出費に。おうちごはんやおうちカフェも意外と楽しいので、節約のためにも今後は頻度を見直してみるといいかもしれませんね。

飲み会代:オンライン飲み会はメリットもいろいろ!

「居酒屋の雰囲気が好きでよく飲み会に参加していましたが、オンライン飲み会なら酔っ払いに絡まれることがなく、うるさいグループに迷惑することもなし。すごく快適で、お店で飲むよりもお金がかからず経済的だと思いました」(25歳/総務・人事・事務)

「今回オンライン飲み会を何度か開催してみて、今後はいつもやっていた外での定期的な飲み会をしなくても、オンライン飲み会で十分だと気づきました」(38歳/その他)

「外での飲み会はもう必要なし。お酒は家で飲んだほうが安くすんで経済的だし、何より終電に乗り遅れないので、タクシー代がかからないところも魅力的です」(42歳/主婦)

「週末の飲み会。今までなんとなく参加していましたが、やめてみると生活が健康的になるし、家族ともゆっくりのんびりできることがわかりました」(43歳/その他)

今回の外出自粛では、“オンライン飲み会”などの宅飲みにハマった人が続出したようです。お酒やつまみがお店に行くのと比べて安くすむのはもちろんですが、終電などの時間を気にせず飲める、周りを気にせず楽しく飲めるなど、思った以上にメリットがたくさん。そんな理由から、「今後はもう外で飲み会をしなくても十分」と感じた人が多かったようです。

食費:まとめ買いはちょこちょこ買いよりも節約に!?

「外出自粛前は、毎日スーパーで買い物をしていましたが、回数を減らしたことで、毎日行くと不要なものまでついつい買ってしまうことに気づきました」(49歳/営業・販売)

「毎日の買い物。今回の外出自粛で、買い物の回数を減らして食材を数日分まとめて買ったほうが食費が安くなることが判明しました」(44歳/主婦)

「コンビニでの食品購入。スーパーに行けばなんでももっと安く購入できるし、まとめ買いもできるんだとつくづく実感しました」(28歳/総務・人事・事務)

「食事作りが面倒なときに買っていたお惣菜代。たまにはいいと思うけれど、頻繁なお惣菜の購入が、食費が上がる根本的な原因だったと外出自粛生活で気づきました」(33歳/主婦)

「お店でよくドーナツを買っていましたが、外出自粛中に自分でも簡単に作れることが判明。作ったほうが安いので、今後は今までほどお店で買うこともなくなると思います」(52歳/総務・人事・事務)

「スーパーに行くとついついお菓子を買ってしまいますが、今回の自粛生活で買い物の回数が減り、お菓子がなくてもあまり困らないことに気づきました」(38歳/主婦)

外出自粛中は、買い物の回数を減らして食料をまとめ買いをする人が目立ちましたが、それにより普段の買い物の仕方がムダ遣いだったと気づいた人も多かった様子。まとめ買いをすることで食費が安くすんだり、ムダな買い物をしなくなるなんて、新たな発見ですよね。

また、お惣菜やデザートなどは、自分で簡単に作れるものも多いので、わざわざ毎回お店で購入しなくても、家で手作りすることによって食費を浮かすことができそうですね。

洋服代:着る服は意外と限定されているので数は必要なし

「洋服代。外出自粛で外に出る機会が減ったことにより、いろいろな服があっても、自分が好んで着る服はほぼ限定されていることに気づきました」(30歳/その他)

「外出頻度が減ったことで、おしゃれ着を着る機会がほとんどなくなりました。特に、その年しか着れない流行の洋服は、そもそも着る期間が短く、次の年には絶対に着れないのでムダな買い物だと思いました」(39歳/その他)

「自宅で洗えない洋服。今回の状況でクリーニングに出すのが難しくなったため、着る機会はゼロ。自分でお手入れできる素材の洋服が便利だと実感しました」(57歳/その他)

「時間があったので、タンスの中などいろいろ整理してみたら、ほとんど着ていない洋服の数が多くてビックリ。こんなにたくさんの量は必要ないと思いました」(55歳/その他)

「外出頻度が減って、持っているアクセサリーの出番もほぼゼロ。これを機に、大量のアクセサリーは必要なのか、実はムダなのではないかと、今後の購入について考えるようになりました」(30歳/主婦)

外出しないと着る服もある程度限定されてしまうので、大量の洋服や着る場所が限られるおしゃれ着などがムダに感じたという意見も目立ちました。セール中などに「安くてお得!」と衝動買いした服などは、意外とタンスの肥やしになっていることも多いもの。洋服は購入前によく考えてから買わないと、ムダ遣いになってしまう可能性が非常に高いアイテムと言えるかもしれませんね。

コスメ代:マスク生活中はコスメは最低限だけでOK!

「いつか使おうと思って化粧品を買うことがよくありましたが、外出自粛で化粧品は必要最低限あれば問題ないし、特に不自由もないことに気づきました」(53歳/主婦)

「スキンケア用品代。外出する機会がなかったので、家にいる間はケアもほとんどしませんでしたが、肌に変化がなかったので特に必要ないものだと思いました」(40歳/主婦)

「いつもは高価なコスメを百貨店で購入していましたが、外出自粛で買いに行くことができなかったため、近所のスーパーでプチプラコスメを試しに購入。意外と使いやすくて良かったので、これからはもうこれで十分だと思いました」(50歳/主婦)

「マスク着用生活になって、口紅の使用をストップ。薬用リップだけで用が足りるので、家にある口紅はしばらく出番がなくてムダですね」(53歳/会社経営・役員)

「毎日マスクを着用するのでファンデーションをやめたら、出かけるときの準備が早くなり、クレンジングの手間もなくなるなどいいことだらけ。今後は、化粧品は必要最低限のものだけにして、ムダに買いそろえるのはやめようと思いました」(50歳/その他)

今はマスク生活でファンデーションや口紅をつけない人が多いようですが、この生活は当分続きそうなので、しばらくは必要最低限のコスメがあれば問題ないと考えている人が多い様子。なお、外出自粛でプチプラコスメの良さに気づいたという人や、スキンケアなしでも肌状態に変化がなかったため、今までのコスメはもう必要ないと感じた人などもいたようです。

美容院代や子どもの塾代…ほかにもムダだったと感じた出費はいろいろ

「外出自粛中に自分で髪を切って染めてみたら、意外とうまくいったので、今後は今までほど頻繁に美容院に行く必要はないと感じました」(27歳/総務・人事・事務)

「子どもの教育費。塾に行かなくても、家で自分で勉強してそれなりの成果を出していたので、今までの塾代はムダな出費だったと感じました」(37歳/営業・販売)

「毛布のクリーニング代。いつもはクリーニング店にお願いしていましたが、今回自分でやったら何も問題なかったので、今後は自宅で洗濯しようと思います」(49歳/主婦)

「移動のための交通費。すべてというわけではありませんが、実はオンラインだけで完結する用事が多いことがわかり、今後はいちいちすべてのところへ出かけていく必要はないんだと思いました」(45歳/その他)

「車のガソリン代。ちょこちょこ買い物に出かけるよりも、食料をまとめ買いして買い物の回数を減らせば、ガソリン代がかなり節約できることがわかりました」(45歳/主婦)

「コロナ禍で布マスクを使うようになりましたが、洗って繰り返し使うことができるため、今までの使い捨てマスクがすごくムダな出費だったと感じました」(26歳/その他)

ほかにもムダ遣いだったと判明した出費はいろいろ。特に多かったのは、“美容院代”。前髪なら自分で簡単にカットできるし、子どものヘアカットなどは道具さえあればけっこううまくいくようです。また、“洗えるマスク”の台頭により、今まで主流だった“使い捨てマスク”がかなりムダな出費だと感じたという人も目立ちました。

いかがでしたか? ご紹介したとおり、外出自粛生活によって“今まで必要だと思っていたことが、実は必要なくムダな出費だった”と気づいた人は、かなりたくさんいた様子。

今後、時間をかけて徐々に生活は元の状態に戻っていくと思いますが、今までとは違った新たな生活スタイルで、ムダな出費をなるべく抑えるようにしていきたいですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事