子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

オンライン飲み会、セルフ白髪染め…おうち時間が長い今、新しく始めた事を女性500人に大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

緊急事態宣言が解除された県もありますが、外出自粛はしばらく続きそうですね。増えたおうち時間で皆さんは何をしていますか? 何もせずのんびりと過ごすのもいいですが、新しい趣味を探したりするのも楽しいかもしれません。

そこで『kufura』では10〜80代の女性500人に、「これまでやったことがなかったけど、新しく始めてみたこと」についてアンケート調査を行ってみました。“STAY HOME”の間に「何かを始めようかなぁ」と思っている人は参考にしてみてくださいね。

「オンライン飲み会」顔が見えるから盛り上がる!

「オンライン飲み会。普通の電話での会話より顔が見える上に、一緒にいられるような感じがして楽しい」(22歳/総務・人事・事務)

「意外に楽しかったので、忙しくて中々会えないときには時々実施したいと思った」(50歳/総務・人事・事務)

「オンライン飲み会は友達と話しながらネイルしたり、部屋の中をコロコロかけたりとか自宅の中で他の事が出来るので便利」(25歳/その他)

「家の中が見えて面白い」(35歳/営業・販売)

話題の「オンライン飲み会」を始めた人がたくさん! 「LINE」を使ったグループビデオ通話や、ビデオ会議サービスの「ZOOM」を利用した飲み会をしているようです。居酒屋での飲み会と違い、終電を気にする必要はなく、遠方に住んでいる人も距離関係なく参加できるのでとても便利です。

他にも「オンライン女子会」や「オンライン帰省」を楽しんでいる人もいました。

その一方、

「より人に会いたくなった。直接会い、相づちをタイミングよく打つ大切さに気づく」(32歳/その他)

人恋しさが増したという声もありました。“STAY HOME”は人間関係や会話の大切さに気づくきっかけになりそうです。

「手作り料理」ローストビーフや子供と一緒にお菓子作りに挑戦

「おうちアフタヌーンティー。手間はかかるけど自分好みのスイーツスタンドが作れて楽しい」(28歳/総務・人事・事務)

「ローストビーフなど、普段作らない料理にチャレンジ。時間がなく面倒かなと思って自分では作らなかったけど、作ってみると時間もさほどかからず、美味しくできたので、自信がつきました」(主婦/42歳)

「電気圧力鍋で、さまざまなレシピに挑戦。電気圧力鍋の重宝な使い方が習得できた」(61歳/主婦)

STAY HOME”が手間のかかるスイーツやローストビーフ、これまで手が出なかった電気圧力鍋などの調理器具に挑戦するきっかけになったよう。外食を控えている間にも食の楽しみが増えますね。

「子供と一緒にお菓子作り、うどん作り。子供がまだ2歳なのでコネコネ系しか出来ませんが、作る楽しさを共有できて良かった」(37歳/総務・人事・事務)

火や包丁を使わない手順の料理なら子どもも参加しやすいですよね。

「運動」体を動かして自宅でも健康維持!

「自宅でスクワット。自分で運動するのは、ヤル気が出なくて難しいと思っていたけれど、運動不足で太ったり、弱ったりしてはいけないと自分を鼓舞することができた」(48歳/総務・人事・事務)

「ヨガ。オンラインでも十分ヨガの説明が理解できたり、ポーズができる」(30歳/コンピュータ関連以外の技術職)

3密”を防ぐためにスポーツジムやヨガ教室が休業中のいま、オンラインなどを利用して自宅でできるフィットネスを始めてはいかがでしょうか?

「筋トレ。今まで時間がないことを理由にやってなかったけど、意外と継続できることに気づきました」(36歳/総務・人事・事務)

リモートワークや時短勤務で時間にゆとりができ、運動そのものに初挑戦という回答も寄せられました。「意外と続けられる」という感想もあり、自粛が一段落した後も健康のために良い習慣になりそうです。

「お裁縫」マスク作りや編み物の楽しさに目覚める

「マスク手作り。いろいろなデザインの生地で作ると楽しくて、結構はまっている」(42歳/主婦)

「布マスクづくり。マスクを持っていない人にあげたらとても喜んでくれて嬉しかった」(39歳/総務・人事・事務)

使い捨てマスクが不足しているときに必要に迫られてマスクを手作りしたところ、夢中になる人が続出しています。いろいろなマスクの型紙が登場しているので、自分の好きなデザインに作れるのが醍醐味ですよね。

「編み物。不器用なので時間がかかるが、出来上がった時の達成感が嬉しい」(41歳/その他)

ミシンがなくてもできる編み物も楽しい趣味になります。指編みなら毛糸さえあれば道具がなくても編めますね。

「片付け」不要なものを捨てたりフリマ出品したりして家中をスッキリ

「断捨離はずーっとやろうと思っていたが、なかなかできずにいた。家にいる時間も増えたので、思いきって色々片付けた」(40歳/総務・人事・事務)

「仕事の拘束時間が長すぎて家のことが何も出来てなかったので生活基盤を整える良い機会だった」(48歳/営業・販売)

おうち時間が長い今、落ち着いてわが家を見渡してみると、不用品があることに気づいた人も多いのではないでしょうか? 「部屋を片付けたらマスクが出てきた」と意外な発見を喜ぶ人もいました。

「フリマアプリで出品。簡単で不要なものがお金になる」(20歳/学生・フリーター)

外出自粛で巣ごもり消費が増えているので、フリマアプリを利用すれば、片付けられておこづかいにもなるので一石二鳥ですね。

猫の観察、セルフ白髪染め、資格取得の勉強…他にも新しく始めてみたことが盛りだくさん

「猫の観察。色々な発見があり面白い。足の裏とか毛の模様、性格もわかった」(33歳/その他)

「花を育てる。生き物が育っていくのが楽しい」(56歳/総務・人事・事務)

「セルフ白髪染め、セルフ前髪カット。意外と自分でもできるので、節約に良いなと思いました」(42歳/その他)

気分が沈みがちなときだからこそ、猫や犬、植物をながめてホッとするひとときを過ごすのもいいですね。髪やネイルのお手入れは気分も明るくなりそうです。

「子供とシール、シャボン玉などで遊ぶ。年齢的にまだうまくできない遊びもあれば、意外とできるものもあることに気付いた」(37歳/総務・人事・事務)

「家でのカラオケ。一人でも楽しい、下手なのでみんなが笑ってくれます。家が和みますよ」(30歳/総務・人事・事務)

家族と過ごす時間で新たな発見があったという体験談も寄せられました。

まだしばらくはお家で過ごす時間が長くなりそうなので、ゆる〜く楽しむために、真似できそうなアイデアを取り入れてみてはいかがでしょうか? 「何かを始めなきゃ」と張り切りすぎて疲れてしまわないように、のんびりと休むことも大切ですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集