子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

手作りが楽しい!「作って良かったバレンタインスイーツ」を462人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今年もいよいよ迫ってきたバレンタインデー。高級チョコも美味しいけれど、せっかくのおうち時間を利用して、今年は手作りを楽しみたいという人も多いのではないでしょうか?

そこで『kufura』では「作ってよかったバレンタインスイーツ」を調査。20代〜50代の女性462人に聞いたレシピを早速ご覧ください。

作ったことがある人は…「6割越え!」

バレンタインデーのスイーツを作ったことがあるかどうかを聞いたところ、

  • 作ったことがある……295人(63.9%)
  • 作ったことがない……167人(36.1%)

という結果になり、6割を超える方が、手作りを経験済みであることが判明。その中でも「作って良かったと思うバレンタインスイーツ」についてうかがいました。

やっぱり人気高め!「チョコレート」

簡単なのに美味しい!「生チョコ」

「生チョコ。板チョコを湯煎で溶かし、生クリームを入れて混ぜ、バットに流し込み冷蔵庫で冷やす」(28歳/主婦)

「生チョコレート。板チョコを湯煎で溶かし、生クリームを入れて冷蔵庫で固める。固まったらココアパウダーをかけるだけ」(31歳/主婦)

「生チョコ。溶かして固める、最後にパウダーを振りかけるだけで手数が少ないのに、材料次第でとてもおいしくできるので」(29歳/総務・人事・事務)

口の中でとろける優しい味わいのチョコ。生クリームとココアパウダーで簡単に仕上げられるというレシピがたくさん登場。トロ〜ッとした味わいがなんともいえない幸せを感じますよね!

見栄えもする「トリュフチョコ」

「トリュフ。生クリームとチョコを混ぜて丸めるだけ」(32歳/主婦)

「トリュフ。チョコを溶かして生クリームを加えて丸め、ココアパウダーなどをまぶせば完成。簡単で見栄えも良い」(37歳/主婦)

「チョコトリュフ。甘さや形を調整できる。市販のもののように綺麗にはできないけど、頑張った感じが伝わる」(55歳/その他)

生チョコ同様に、生クリームを加えて形成するのが基本のトリュフ。丸める工程は、子どもたちと一緒にやっても盛り上がりそうですね!

アレンジが楽しい「溶かして固めるチョコ」

「チョコを溶かして固める。特別な感じがするし好きなものをトッピングできる」(36歳/総務・人事・事務)

「チョコを湯煎で溶かし、マシュマロ、ナッツ、ドライフルーツを混ぜて、丸めて、バットに置いてさます」(45歳/学生・フリーター)

「溶かしたチョコにグラノーラを混ぜただけ、あとは固めてラッピング」(56歳/その他)

「チョコを湯煎で溶かし玉子ケースの3分の1まで入れる。そこにレーズン、ナッツ、小さく切ったフルーツなどを入れて冷凍する」(34歳/その他)

「いちごのチョコレートがけ。湯煎したチョコレートに生のいちごのお尻部分を回し入れ、コーティングする。冷蔵庫で5分冷やすだけ」(55歳/デザイン関係)

「板チョコを溶かして、源氏パイに半分のせてかわかす」(34歳/その他)

「チョコレート湯煎し好みの型に入れて冷やすだけで、またお好みでナッツ類トッピングするだけで、好きなバレンタインチョコが作れる」(48歳/営業・販売)

「低糖質な生チョコ。湯煎で溶かしたチョコレートに水切りした豆腐を混ぜて冷蔵庫に冷やし固めて食べやすい大きさに切り、ココアパウダーを振る」(32歳/その他)

湯せんをして型に入れるだけで、あっという間に手作り品に大変身。好きなフルーツやナッツを加えてオリジナル感を出しても楽しいし、中には、低糖質で健康を気遣うという意見も。もらった人も嬉しい手作りチョコですね。

チョコ味の「クッキー・ビスケット」

「クッキーを焼いてストロベリーチョコレートでコーティングし、ホワイトチョコレートの搾り出しペンでメッセージを書く」(56歳/金融関係)

「チョコクッキー。大量に作れるので」(51歳/主婦)

「薄力粉と強力粉が配分違いの、さくさく~パリっとした長方形クッキーを、ポッキーみたいにチョコ付けして、ビター、ミルクチョコ、ホワイトと数枚ずつバリエーションつけて箱に詰めた」(49歳/その他)

「生クリームに浸したビスケットを数枚重ねて、その上から溶かしたチョコレートをかけて冷蔵庫で冷やすとビスケットチョコレートになって美味しいです」(38歳/主婦)

チョコそのもの以外には、クッキーやビスケットも人気。保存が効くのでたくさん作っても楽しめるのが嬉しいですよね。手作りは甘さも調節できるし、子どもと一緒に作りやすいお菓子として人気も高いのではないでしょうか?

ボリュームもたっぷり!「ケーキ・ガトー・フォンダンショコラ」

飾り付けも楽しい「チョコレートケーキ」

「チョコレートカップケーキ。チョコレート生地の真ん中に生クリームで溶かしたチョコを入れる」(54歳/総務・人事・事務)

「ラムレーズン入りのチョコレートで作ったチョコレートケーキ」(36歳/主婦)

「チョコレートケーキ。ココア風味のスポンジを焼いて、チョコクリームといちごをのせる」(37歳/主婦)

「チョコケーキ。市販のチョコ味のロールケーキにチョコ生クリームをかけるだけ。トッピングはフルーツと生クリームなどで」(52歳/主婦)

「材料2つだけで作るチョコレートケーキ。卵3個を黄身と白身に分け、白身を固いメレンゲにし、湯煎して溶かした板チョコ2枚を混ぜ、型に入れて焼くだけです」(53歳/主婦)

ケーキのスポンジをチョコレートにするのはもちろん、濃い目にするのか、ちょっと軽めのチョコテイストにするのかなどを調節できるのも手作りならではですよね。可愛くデコレイトすると、テンションも上がっちゃいそう!

濃厚な味わいを楽しむ「ガトーショコラ・フォンダンショコラ」

「ガトーショコラ。板チョコ、ココア、卵、バター、砂糖、小麦粉で生地を作ってオーブンで焼く」(43歳/出版・マスコミ関係)

「ガトーショコラ。卵と湯煎したチョコレートを混ぜて焼くだけ!」(48歳/総務・人事・事務)

「電子レンジでできるガトーショコラ」(33歳/主婦)

「ガトーショコラ。チョコを溶かして生クリームと砂糖と卵黄とメレンゲを混ぜ、焼く。電動ホイッパーを買ってしまえば割と楽」(25歳/その他)

「ガトーショコラ。お店のものは甘すぎるが、家で作ると甘すぎず濃厚な味となる」(37歳/デザイン関係)

「フォンダンショコラ。生チョコを買ってきて、チョコレートスポンジを作り、型に半分スポンジ生地を入れ、生チョコを入れて上から再度生地を入れオーブンで焼く」(40歳/総務・人事・事務)

「バナナ入りのフォンダンショコラ」(40歳/デザイン関係)

「マグカップでフォンダンショコラ。チョコレートや卵などのフォンダンショコラ用の材料をよく混ぜて、マグカップに注ぎ焼くだけ」(36歳/主婦)

濃厚な味わいがたまらないガトーショコラに、中から出てくるチョコレートがたまらないフォンダンショコラも、簡単に作れるレシピを楽しんでいるようです。上手にできた時の感動は大きそう!

手作りの強〜い味方「ホットケーキミックス」

昨年からの新型コロナの影響で増えたおうち時間を、ホットケーキミックスのお菓子作りに費やしたという声も多かったです。バレンタインだって、ホットケーキミックスひとつあれば、応用が効くという意見も!

「ホットケーキミックスで作るクッキー」(59歳/主婦)

「ホットケーキミックスにサラダ油、卵、チョコチップを混ぜてオーブントースターで焼いたマフィン」(28歳/総務・人事・事務)

「チョコホットケーキミックスケーキ。とかしたチョコをホットケーキの生地に流し込んで炊飯器で2回早炊きするだけ。とにかく簡単にできる」(32歳/総務・人事・事務)

「炊飯器にホットケーキミックス・ココア・チョコレート・バナナなどを入れてバナナチョコケーキを作って、出来上がったらホイップなどでデコレーションする」(48歳/その他)

「ホットケーキミックスとココアで炊飯器で焼いてホイップとドライフルーツで彩りをする」(43歳/その他)

「炊飯器でチョコレートケーキ。ホットケーキミックスなど材料を入れてスイッチオンするだけ」(45歳/主婦)

「チョコケーキ。ホットケーキミックスに溶かしたチョコレートを混ぜ込んで、焼くかレンジで加熱するだけ」(40歳/その他)

「ホットケーキミックスにココアパウダー混ぜてショコラパンケーキ」(40歳/その他)

簡単にできるのがなんといってもありがたい「ホットケーキミックス」のレシピ。炊飯器で作るケーキあり、クッキーありとこれからもどんどんレシピが広がっていきそうですね。

存在感あるレシピ、まだまだあります!

「オリジナル感」で勝負!

「チョコもち。チョコレートとお餅を電子レンジにかけて形成し、ココアをまぶすだけ」(29歳/その他)

「チョコプリン。材料を混ぜて型に流し込むだけなので簡単に出来た」(29歳/総務・人事・事務)

「チョコパイ。市販のパイシートを使い、ザックリ刻んだ板チョコを挟み込んでオーブントースターで焼くだけ。簡単だし、味も間違いなし」(47歳/その他)

「ティラミス。ビスケット砕いてコーヒーに染み込ませカップにいれ、上にチーズクリームをのせココアパウダーをかける」(34歳/主婦)

「チョコラスク。フランスパンを薄くスライスして、トーストします。溶かしたチョコをまぶして出来上がり」(48歳/主婦)

少数意見ではあったものの、オリジナルのレシピも沢山登場。市販のものを上手に利用したり、和風にしたりと楽しいレシピも聞かれました。

「甘いものが少々苦手」な人に

「チップスターに、高級チョコをコーティング。テンパリングだけきちんとやれば、お店で買ったような味わいになる」(46歳/主婦)

「チョコレートサラミ。板チョコを湯煎で溶かし、バターを入れ、ビスケット、ドライフルーツ、ナッツを混ぜてラップにのせ、棒状にまとめる。冷蔵庫で冷やし固めて粉砂糖をまぶし、スライスする」(26歳/デザイン関係)

しょっぱいものにチョコレートをコーティングすることで、甘いものはちょっと苦手だという方も美味しくいただけそうですね!

手軽にできて助かる「手作りキット」

「ガトーショコラ。キットを使う」(50歳/営業・販売)

「良くバレンタインに販売されているチョコレートキット(型に入れてナッツ等を乗せてチョコレートを固めるのみ)」(42歳/主婦)

「ブラウニー。無印良品で売っている簡易キットを使用して作る」(22歳/学生・フリーター)

手作りを楽しみたいけど、ちょっと自信がない、プロの手も借りたいという時に便利なのは「キット」を使うこと。味のクオリティはもちろん、失敗が少ないのも嬉しいところ。ひと手間加えればオリジナル感も出せるので、スイーツ作りはあまり得意じゃないという方もきっと楽しめること間違いなし!

 

いかがでしたか? あま〜い季節にぴったりのレシピが沢山出揃いました。ひとりで黙々と手作りに浸るのもよし、家族でワイワイ作るのもよし、おうち時間に挑戦してみると楽しいのではないでしょうか? ぜひ、今回のレシピも参考にしながら楽しいバレンタインデーを過ごしてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集