子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

節約だけじゃない!ヤミツキ「もやし」のアレンジレシピ。我が家の最強ウマメニューを調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

1年中安価で手に入る「もやし」。家庭のお助け食材として大活躍ですが、どうもメニューがワンパターンになりがちで……という方も多いのではないでしょうか? 

そこで『kufura』 では、病みつきになる「もやしのアレンジレシピ」を414人の既婚女性にアンケート調査をしてみました。シンプルな使い方から、こんなところにも使っちゃう⁉︎という変わり種レシピまで続々登場。早速ご覧ください!

(1)一番人気は定番ど真ん中、ナムル!

アンケートで一番多かったもやしレシピは「ナムル」でした。414人中、102人の方が回答し、全体の1/4を占める割合となりました。また、ナムルと一言でいっても、そのバリエーションの多さに驚きです。

「もやしのナムル。あと一品欲しいときに簡単にできて便利です」(38歳/主婦)

「小松菜ともやしと、サバ缶のナムル。サバ缶の味がナムル全体に染み込んで、美味しい」(28歳/その他)

「ナムル。ほうれん草、人参とゆでて、鶏ガラスープの素とごま油、コチュジャンで味つけ」(47歳/その他)

「もやしナムル。めんつゆに半日漬け込んでレンジでチンする」(30歳/総務・人事・事務)

「もやしと玉ねぎの味噌ナムル。もやしと千切りにした玉ねぎをレンジで加熱後、味噌、醤油、ごま油、にんにくチューブを和えて味付け。免疫力を高め、腸にも良いレシピ」(40歳/主婦)

「もやしのナムル。レタスなどの葉野菜が高いときサラダの代わりになる。レンジでチンしたあと、ビニル袋に鶏ガラと塩コショウとごま油で味付けるだけで楽にできる」(33歳/主婦)

「激辛もやしナムル。豆板醤と一味をたっぷり入れたら超激辛でゴハンも進む」(39歳/主婦)

味噌味、韓国風、缶詰を使う、激辛などその食べ方は様々。サラダ代わりにもなり、量もとれるとなれば、副菜にもってこいの存在感ですね! 我が家でも、生野菜が苦手な6歳双子の副菜としてもやしナムルはヘビロテです。

(2)炒め料理で多彩なメニューに大変身!

続いては炒め物。炒め方も様々、バリエーションにもご注目!

「もやしと挽き肉の炒め物、塩コショウで味付けしたり、焼肉ソースを使ったり、その日の気分で調味料をかえても変わらずおいしいです」(47歳/主婦)

「もやしを炒めて卵を溶いたものに白出汁を加えたものを回しいれる」(39歳/総務・人事・事務)

「もやしと肉の炒め。肉の表面が焼けたら、もやしを入れ蒸し焼きにする。完成した料理を焼肉のたれに付けて食べる」(30歳/その他)

「もやしと豚肉のニンニクを使ったスタミナ丼、量もとれるしおいしい」(28歳/総務・人事・事務)

「もやしと魚肉ソーセージを塩コショウで炒めてマヨネーズで食べる」(28歳/学生・フリーター)

「もやしとチーズの炒め物。粉チーズをふりかけて炒める。ゴージャスな味になっておいしい」(40歳/総務・人事・事務)

「肉野菜炒め。醤油、オイスターソース、酒、味醂、ニンニク、生姜で味付け。シャキシャキと美味しい」(26歳/主婦)

「もやしとコンニャクの焼肉のたれ炒め」(50歳/主婦)

「もやしと砂肝の油炒め。塩コショウでもやしと砂肝を炒めるだけですがすごく味わい深く美味しい」(42歳/主婦)

卵、肉、チーズなどのタンパク質と一緒に炒めることでバランスがよくなります。塩胡椒のシンプルなものから、タレを使って甘辛くしたり、出汁で和風、中華風など様々な味付けに変身してくれる点でも、使い勝手がいい食材と言えますね。

(3)さっぱりとサラダでいただきます!

「もやしのビビンバ春雨サラダ」(44歳/その他)

「もやしのやみつきサラダ。鶏ガラ、砂糖、ごま油、塩少々。これだけでご飯がすすむ」(41歳/主婦)

「断然、中華サラダが美味しいです。キュウリとハムと薄焼き玉子とゴマに醤油・酢・砂糖・ゴマ油と鶏ガラスープの粉を少々入れて混ぜる」(36歳/主婦)

「もやしと鶏むね肉の蒸しサラダ」(56歳/コンピュータ関連技術職)

もやしをレンチンしたり、湯がいたりして、ドレッシングを使えばあっという間にサラダになりますね。他に食材を足して彩りを加えたり、タンパク質を加えることで栄養価も高くなります。ヘルシーに食べられるのも有難いですね。

(4)スープに鍋に味噌汁…汁物には投入するのみ!

「もやしの味噌汁。もやしだけの味噌汁でもとても美味しいです」(22歳/総務・人事・事務)

「鍋やインスタントラーメンに入れる」(49歳/主婦)

「もやしと餃子を中華スープで煮て水餃子にする」(38歳/営業・販売)

「鍋に豚、紫蘇、もやしをミルフィーユ上に敷き詰めて蒸し焼きにしてポン酢で食べると、いくらでも食べられる」(35歳/総務・人事・事務)

「酸辣湯スープにいれる」(43歳/その他)

「もつ鍋。シャキシャキした食感が美味しくて、たくさん食べられる」(37歳/主婦)

「もやしとかきたまの味噌汁、もやしが嫌いな子どもたちもよく食べる」(42歳/その他)

「ワンタンスープにたっぷり加える。白菜、もやし、長葱、ワンタン、鶏ガラスープ、ゴマ油を入れてトロトロになるまで煮込むと美味しいボリュームスープになる」(50歳/その他)

これからの季節に頻繁に登場する「鍋」にも、もやしはぴったりなようです。シャキシャキとした食感もたまらないですよね。また、

「鍋に入れて、麺風にする。糖質カットになるしお腹いっぱいになる」(26歳/研究・開発)

と体重が気になる人にぴったりな食べ方も登場。もともとヘルシーな食材だからこそできる技なのでしょう。納得です。

(5)ソースにも相性抜群!お好み焼き・焼きそば…

「焼きそばに入れると量を食べられる」(35歳/その他)

「もやしと玉子でとんぺい焼き」(46歳/その他)

「お好み焼き。もやしをたっぷりいれる。シャキシャキした歯触りと軽い食べごごちでいいです」(58歳/主婦)

「もやしに塩コショウと片栗粉をまぶしてフライパンでおやきのように焼きます。ソースとマヨネーズでお好み焼きのようにして食べます」(53歳/主婦)

「キャベツたっぷりのお好み焼きを作るときに、もやしも使います。あらみじん切りのキャベツに水気を切ったもやしを入れて、小麦粉と長いも卵と混ぜ合わせて、塩、コショウで、味付けして、混ぜて、フライパンで焼いたら出来上がりです。好みで、豚ばら肉の薄切りも乗せて焼くと、さらに美味しくなります。ボリュームたっぷりで、食べ応えがあります」(44歳/その他)

「レンジで3分チンして、紅ショウガとマヨネーズと鰹節とソースをかけて食べる。お好み焼きや焼きそば気分になる」(39歳/主婦)

こってりソース味にあっさり感がプラスできるもやしの存在。ソースが絡まるとシンプルな味付けがパンチのある味になって食べ応えがでてきます。もやしは苦手という方でも、ソースに絡めれば食べられるという方もいるのではないでしょうか?

(6)シンプルが一番!あえる、かける、まぶす…

「塩をかけて蒸してオリーブオイルをかけて食べる」(57歳/その他)

「もやしを茹でて水分を切ってキムチの素をかけて和えるだけ」(46歳/学生・フリーター)

「茹でたもやしにお醤油とかつおぶしをかけて食べる。シンプルなおいしさ」(34歳/その他)

「もやしをレンジでチンしてツナをのせてポン酢で食べる。シンプルで美味しい」(57歳/主婦)

「さっと茹でて、キムチの素で和えて食べる」(49歳/主婦)

「市販の塩だれと和えるだけ。美味しい」(28歳/総務・人事・事務)

「レンチンして、ふりかけかけると、ごはん代わりになります」(54歳/主婦)

「さっとゆでてカレー粉を少しまぶす(もやし独特の香りが緩和されるしアクセントになる)、和風ドレッシングかポン酢味で和えてから鰹節をかけると美味しく、ずっと食べられる」(51歳/その他)

色々な食べ方が出る中、シンプルが一番という方も多くいました。味付けにバリエーションが多いのも、飽きがこなくて嬉しいですね!

(7)意外…?こんなところにも使ってます!

「餃子の具として入れる」(55歳/主婦)

「挽肉と合わせてもやし団子」(30歳/主婦)

「麻婆豆腐を作るときに、追加で入れます。一袋食べられます」(49歳/コンピュータ関連技術職)

「もやしとレタスのチャーハン。ダブルシャキシャキでヘルシーで最高!」(51歳/主婦)

「もやしのグラタン。シャキシャキして美味しいです」(47歳/総務・人事・事務)

「もやしのペペロンチーノです。ごはんにもお酒にも合います」(56歳/主婦)

「もやしのアヒージョ。ニンニクを刻んだオリーブオイルにもやしをさっといれて焼くだけ」(43歳/その他)

「ハンバーグ作るときかさましで入れてでっかいハンバーグにしちゃう」(44歳/主婦)

最後はこんな使い方も⁉︎とちょっぴり驚く意外なアレンジです。特にグラタンやペペロンチーノなど、イタリアンにするイメージは筆者もなかったので、新しい発見になりました。また、カサ増しや中華に投入してボリュームを出すというのも、安価で量があるもやしにはぴったりな使い方ですね。

 

いかがでしたか? もやしは節約食材として活躍中ですが、じつはそれだけではなく、食卓をボリュームアップさせたり、簡単に一品プラスすることにも役立ちますね。

皆さんもぜひもやし料理のバリエーションを広げてみてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。