子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

パパと子どもが喜んで食べてくれる「トマト料理」ランキング…パパ人気1位はパスタ、子どもの1位は?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ほのかな酸味が食欲をそそる「トマト料理」は、これからの暑い季節にもピッタリ。トマト料理は家族みんなに喜ばれる料理の一つですが、パパが好きなものと子どもの好きなものって意外と違いますよね。そこで『kufura』では、お子さんのいる既婚女性182人に、「パパの好きなトマト料理」と「子どもの好きなトマト料理」を聞いてみました。どんなトマト料理が人気なのか、それぞれランキングで見ていくことにしましょう。

トマトが苦手なパパでもスープなら美味しく食べられる!?

まずは、パパに人気のトマト料理から第5位と第4位をまとめてご紹介します。

第5位:トマトの炒め物・・・7人

「トマトと豚肉、きくらげのふんわり卵炒め。パパは生のトマトは食べてくれませんが、この炒め物だけは喜んで食べてくれるので助かります」(39歳/その他)

「ひき肉とトマト、チンゲン菜の炒め物。『トマトの酸味が美味しい』と言いながら、いつもたくさん食べてくれます」(50歳/総務・人事・事務)

第4位:トマトのスープ・・・14人

「生のトマトは苦手ですが、トマトスープだけは美味しいと食べてくれます」(36歳/主婦)

「トマトたっぷりのミネストローネがすごく喜ばれます。熱くても冷たくても美味しいので、どの季節でもOK。何度もリクエストしてくれるので嬉しいです」(42歳/主婦)

トマトは加熱することで甘味が増すため、生のトマトが苦手でも「炒め物」や「スープ」は喜んで食べてくれるパパが多いようです。他の食材といっしょに炒め物やスープにすることで、ボリュームが格段にアップするのも、パパが喜ぶ理由かもしれませんね。

第3位:トマトの煮込み料理・・・20人

「チキンのトマト煮。チーズをたっぷり入れることでコクとボリュームがアップするので、『ごはんのおかずになって美味しい』と喜ばれます」(37歳/主婦)

「サバとズッキーニのトマト煮込み。『ワインによく合う』と言って、喜んで食べてくれます」(58歳/主婦)

「タラとじゃがいものトマト煮。夫は洋食はあまり好みませんが、これだけは美味しいとたくさん食べてくれます」(52歳/主婦)

「ラタトゥイユを作ると、『野菜の甘味がしっかり出ていて美味しいな~』と言いながら、たくさん食べてくれます」(44歳/主婦)

第3位は「煮込み料理」。チキンのトマト煮、サバやタラなどの魚の煮込み、野菜たっぷりのラタトゥイユなど、どれもすごく美味しいですよね。ごはんのおかずになるのはもちろん、洋風な味わいでお酒にもよく合うので、晩酌をするパパからの支持率も高いようです。

第2位:トマトのサラダ・・・30人

「トマトに塩をかけて、バジルといっしょにオリーブオイルで和えてサラダに。シンプルですが、夫はトマトが大好きなので、いつも美味しそうに食べています」(55歳/その他)

「トマトと玉ねぎ、アンチョビのサラダ。新玉ねぎの季節によく作るせいか、季節感があっていいと喜ばれます」(35歳/営業・販売)

「トマトとクリームチーズ、生ハムのサラダ。オリーブオイルと塩コショウをかけて、キレイなお皿に盛り付けるだけで、『お店のみたい!』と喜んでくれます」(40歳/主婦)

「カプレーゼのチーズの旨味とトマトのあっさり感が気に入っているようで、いつも美味しそうに完食してくれます」(30歳/主婦)

さっぱり食べられる「サラダ」が第2位に。切ってドレッシングをかけたり、オリーブオイルと塩コショウをするだけで、手軽に美味しくいただけます。グリーンサラダやポテトサラダなど、いつものサラダにトマトを添えるだけでもいいですが、チーズや玉ねぎ、アンチョビ、生ハムなどと組み合わせれば、簡単にお店の味を楽しむことができますよ。

第1位:トマトを使ったパスタ・・・43人

「トマトをたっぷり使って作るトマトソーススパゲッティ。『トマトの美味しさが丸ごと味わえて美味しい』と大好評です」(57歳/主婦)

「生のトマトで作るミートソースパスタ。普段はあまり料理にコメントしない夫ですが、これだけは『美味しい』と言って食べてくれるので嬉しいです」(33歳/公務員)

「トマトとアスパラのペペロンチーノ。すごく手軽に作れますが、『美味しい!』といつも喜んでくれるので嬉しいです」(47歳/総務・人事・事務)

「トマトの冷製パスタ。暑い時期に作ると、サッパリしていてビールにも合うと喜ばれます。簡単で作りやすいので、私もラクで嬉しいです」(41歳/主婦)

パパに人気のトマト料理、第1位は「パスタ」でした。トマトソースのパスタは幅広いアレンジが可能ですが、パパにはシンプルなトマトソースだけのパスタも大人気。これからの暑い季節は、ひんやりと美味しいトマトの冷製パスタも喜んでもらえそうですね。

パパには人気のなかったトマトカレーが子どもに大好評!

では次に、子どもに人気のトマト料理を見ていくことにしましょう。

第5位:トマトの煮込み料理・・・12人

「チキンのトマト煮を作ると、料理中に漂う匂いだけでもう大喜び。『チキンが柔らかくて美味しい!』と、毎回必ずおかわりしてくれます」(41歳/主婦)

「子どもに今夜のおかずは何がいいか聞くと、必ずチキンのトマト煮込みをリクエストされます」(53歳/主婦)

第4位:トマトカレー・・・13人

「カレーにトマトを入れてトマトカレーにすると、普通のカレーよりもたくさん食べてくれるので嬉しいです」(35歳/その他)

「トマトがたくさん入ったカレーライス。サラダなどほかのものには目もくれず、一気に完食してしまいます」(58歳/総務・人事・事務)

5位の「煮込み料理」はパパにも人気でしたが、子どもは魚の煮込みや野菜の煮込みではなく、あくまで“チキンのトマト煮”がお気に入りの様子。また、パパには人気のなかった「トマトカレー」が4位というのも、パパと子どもの好みの違いが出ていておもしろいですね。

第3位:トマトのスープ・・・14人

「丸ごとトマトとベーコンなどの具材を入れて作る、トマトのコンソメスープ。『美味しい!』と言って、必ずおかわりしてくれます」(43歳/主婦)

「生だと絶対に食べないトマトも、スープにすると喜んで食べてくれるので助かります」(25歳/主婦)

「ラタトゥイユ風のトマトスープは、食卓に出しただけで『やったー!これ好きなやつ!』と言って大喜び。あっという間に完食してしまいます」(48歳/主婦)

「トマトをたっぷり入れたミネストローネなら、苦手な野菜も嫌がらずにたくさん食べてくれるので嬉しいです」(39歳/営業・販売)

人気第3位は「スープ」。パパと同様、トマトが苦手な子どもでも、スープなら喜んで食べてくれるのでママは大助かり。トマトの風味でほかの野菜の味が気にならなくなるので、刻んだ野菜をたっぷり入れても喜んで食べてもらえるのがいいですね。

第2位:そのまま食べる・・・15人

「いろいろなトマト料理を作りますが、そのままカットして食べるのがいちばん好きなようです」(30歳/主婦)

「トマトそのものの味が好きなので、冷やしトマトにしてそのまま出すほうが、調理するよりも喜んで食べてくれます」(44歳/主婦)

「食卓にトマトを切って出すだけで、おやつ感覚で美味しそうに食べてくれます」(43歳/主婦)

何も料理せずに「そのまま食べる」のが、子どもには大人気でした。トマトは甘味があっておやつ感覚で食べられるので、いろいろ手を加えるよりもそのままがいいというお子さんが多い様子。トマトをカットすればいいだけなので、ママとしてもラクで助かりますね。

第1位:トマトを使ったパスタ・・・35人

「市販のミートソースは食べてくれませんが、トマトをたっぷり入れた手作りのミートソースパスタは大好きで、すごく喜んで食べてくれます」(45歳/その他)

「トマトソーススパゲッティを食べるときは、『トマトがたっぷりで美味しいね!』とすごく嬉しそうにしています」(45歳/主婦)

「トマトが苦手でトマトそのものはまったく食べませんが、トマトのスープスパゲッティは驚くほどたくさん食べてくれます」(27歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「トマトは苦手でも、エビとトマトのクリームパスタは大好物。加熱したトマトに生クリームを加えることで酸味が消えるので、美味しく食べられるようです」(45歳/主婦)

子どもに人気のトマト料理第1位は、パパと同じく「パスタ」でした。中でも人気だったのが、トマトたっぷりの“ミートソースパスタ”。生のトマトが苦手なお子さんでも、パスタソースにしてしまえば、喜んで食べてくれる場合が多いようです。

いかがでしたか? パパと子どもでは、やはり好きなトマト料理もちょっと違っていましたが、いちばん人気はどちらも「パスタ」という結果に。ご紹介したランキングを参考に、ぜひ家族が喜ぶトマト料理を作ってみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。