子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ホケミに混ぜても、スムージーにも!「バナナ」のみんな大好きレシピを集めました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

栄養がたっぷりでリーズナブルに手に入る「バナナ」。子どもから大人まで大人気のフルーツですよね。最近はおうち時間を利用した、バナナを使ったスイーツ作りも人気です。

そこで『kufura』では、バナナのアレンジレシピを主婦341人に大調査。どんなレシピが集まったのか、早速見ていきましょう。

バリエが豊富すぎる!○○にバナナを入れて、混ぜて楽しむ

まずは、バナナを潰して、何かに混ぜて楽しむレシピからです。

(1)まだ品薄が続く、ホットケーキミックスを活用

「つぶしてホットケーキミックスに混ぜ、カップケーキにする」(59歳/主婦)

「パンケーキミックスにつぶしたバナナとグラノーラを入れる」(36歳/主婦)

「ホットケーキミックス、卵、つぶしたバナナ、お好みで砂糖やミルクを加え、炊飯器で通常の炊飯をすると、オーブンなしでバナナブレッドを作ることができます」(45歳/その他)

なにかと便利なホットケーキミックス。シンプルに食べるのも美味しいですが、そこにバナナを混ぜてバナナテイストにすることで、味わいも栄養価もぐっとアップします。ホットケーキ以外のレパートリーが色々と作れちゃうのも楽しいですよね。

(2)バナナで手軽にシェイク、ドリンクに

「バナナ、ヨーグルト、牛乳、バニラアイスでバニラシェイク。お店で飲むのとかわらないくらい、美味しい」(45歳/主婦)

「豆乳とすり黒ごま、はちみつと一緒にミキサーにかけてジュースにする。健康と美容にもよく、美味しい」(46歳/金融関係)

「バナナとプロテインを混ぜてスイーツ風にする。プロテインが飲みやすくなる」(27歳/総務・人事・事務)

「バナナと山芋とバニラアイスクリームをミキサーにかけ、シェイクしにしている。案外山芋の味はしなくて、本格的なシェイクの味なので美味しい」(32歳/総務・人事・事務)

「バナナに野菜を入れてスムージーに」(33歳/その他)

「甘酒にいれる」(53歳/主婦)

バナナに氷や牛乳、豆乳、ヨーグルトなどを混ぜることで、あっという間にバナナドリンクに生まれ変わります。野菜を加えるもよし、アイスを入れるもよし、さらに、ゴマやはちみつを合わせるとコクが増しますよね。中には甘酒に入れるという方も。バナナドリンクのアレンジレシピは奥が深く、まだまだいろんなオリジナルドリンクができそうですね!

(3)ほんのり甘いバナナ味スイーツあれこれ

「バナナパンプディング。バナナと卵と牛乳とパンを混ぜてレンチン」(48歳/総務・人事・事務)

「バナナ使ってパウンドケーキ」(33歳/学生・フリーター)

「バナナスコーンがおいしいです」(40歳/その他)

「バナナを使ったクッキーが美味しいです」(27歳/その他)

「バナナとおからパウダーで蒸しパンをよく作ります。電子レンジでつくれるのでとても楽だし美味しい!」(32歳/総務・人事・事務)

「バナナプリン。普通のプリンの材料にバナナを潰して加えるだけ。カラメル無しで食べても美味しい」(22歳/主婦)

スイーツとの相性が抜群のバナナ。プリンでもケーキでも、クッキーでも、バナナを混ぜることでいいアクセントになっちゃうんです。バナナそのものにいい甘さがあるので、お砂糖を控えめにすることもできます。体に優しい甘さが嬉しいですね!

食感も楽しい…バナナの形を残したアイディアレシピ

続いては、潰さずに”バナナそのもの”の味わいを楽しみながら作るレシピです。

(1)のせる、くるむ、温める…アイディアレシピ

「食パンにバター塗って、バナナ乗せて焼く。最後にシナモンをふる」(38歳/営業・販売)

「食パンに生クリームと一緒に挟んでまるごとバナナパンをつくる」(51歳/主婦)

「バナナに、ヨーグルト、蜂蜜をかけて食べる」(48歳/金融関係)

「パンに輪切りにしたバナナを乗せてトースターで焼いて食べると、甘さが増して美味しいです」(32歳/主婦)

「電子レンジで温めてオリーブオイルと塩をかけて食べる。テレビでやっていて美味しかったです」(20歳/学生・フリーター)

「輪切りにしてチョコレートをかけた、チョコバナナです」(42歳/主婦)

「バナナクレープ。クレープ生地にマーブルチョコやホイップクリームを塗ってその上にバナナを乗せてまく」(50歳/主婦)

「ヨーグルトに入れて、グラノーラも入れて、はちみつをかけてデザートにしています」(51歳/その他)

バナナはそのままでも冷たくしても温かくしても楽しめますよね。朝食、おやつ、いずれにもボリュームたっぷり!

(2)手軽で美味しいフローズンバナナ

「冷凍バナナ。皮をむいてカットしたバナナにラップをして冷凍。ひんやりおいしいです」(29歳/営業・販売)

「凍らせてヨーグルトに混ぜる」(47歳/総務・人事・事務)

「冷凍してアイスにする」(40歳/主婦)

「冷凍バナナをスライスして、フレンチトーストにのせて、シナモンを上からかけて食べる」(57歳/その他)

バナナジュースを作るときに、凍らせたバナナを使うという方も。

「凍らせたバナナと牛乳でバナナジュース」(32歳/営業・販売)

好みにもよりますが、バナナの甘さや熟され度合いによって、早めに凍らせるという方も。冷凍することで日持ちも長くなり、レシピによっては使いやすくもなりますよね。食べ損ねて黒くなってしまったバナナの救済になることも。

(3)乾燥、焼く、揚げる…変り種スイーツレシピ

続いては、ひと手間を加えることによって、大胆な変身を遂げるレシピです。

「バナナチップス」(25歳/営業・販売)

「はちみつとバターで炒める」(37歳/主婦)

「焼きバナナ。甘味が増してトロッとしておいしくなる。ココナッツミルクと一緒に食べるとアジア風おやつ」(31歳/営業・販売)

「皮のまま焼くだけ、丸ごとバナナ焼き。アルミホイルに包んでフライパンで焼くだけです。シナモンなどをかけても美味しい!」(23歳/その他)

「バナナを油であげて砂糖をつける」(21歳/学生・フリーター)

「バナナとあんを春巻きの皮でつつんであげる」(45歳/学生・フリーター)

意外だと思われた方もいるかもしれませんが、焼いたり揚げたりすることとも相性がいいバナナ。南国で食べられているスイーツ風にしてみると新鮮ですね。

おかずにもなっちゃう⁉︎スイーツ以外のレシピあれこれ

「餃子の皮で包んで焼く。ホットサンドの具材として入れる」(42歳/その他)

「焼きバナナ、てんぷらのもとをつけて揚げる」(30歳/営業・販売)

「ベーコンをバナナに巻きます、意外に美味しい」(30歳/営業・販売)

もはやスイーツではなく、しっかりとした”おかず”ポジションでバナナを食べるというレシピまで登場。存在感のある果物だなと改めて感じます。

もちろん、バナナはシンプルが一番という声も。

「バナナそのものが好き」(29歳/主婦)

「バナナは決まった品種をそのままでしか食べません」(54歳/主婦)

バナナ本来の味を大切にしているという声も聞かれました。

 

いかがでしたか? バナナをよく食べる方、常備している方も多いと思います。様々なレシピに挑戦することで、バナナの新しい魅力が発見ができそうですね。ぜひ今回の記事も参考にしてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事