子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

長期休暇の間にこそ「他己分析」!自分では見えていない自分に出会おう【森本千賀子の転職アドバイス】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

年末年始の長期休暇は、ゆっくり自分自身を見つめ直すにはうってつけのタイミングです。来年転職を考えている人も、中長期視点でこれからのキャリアプランを立てようとする人も、まずは自分自身を振り返るところから始めてみてください。

仕事経験・スキルだけでなく、「自分が本当にやりたいことは何なのか」「自分に本当に向いていることは何なのか」「自分の強み・弱みは何なのか」に向き合ってみましょう。

仕事の私、ではない自分を知る人に聞いてみたいこと

年末年始は、自分1人でじっくり考えるだけでなく、「他者の目線」も取り入れて多角的に自分を見直すチャンスでもあります。

忘年会や新年会など、普段は会わない友人や親戚、離れて暮らす家族に再会する機会がありますよね。その人たちは、「ビジネスパーソン」ではなかった頃の、素のあなたを知っているはずです。

その人たちに、「私はどんな子どもだった?」「中学時代の私って、どんなときにイキイキして見えた?」などとたずねてみてください。

「あなた、○○をしているときはいくら呼んでも返事しなかったよね」「○○していたときは、すごくテンション高くて楽しそうだったよね」など、自分ではすっかり忘れていたエピソードが出てくるかもしれません。

あるいは、過去に一緒に働いていた同僚や上司を食事に誘って、「あの頃の私は、どんなふうに映っていた?」とたずねてもいいでしょう。

例えば、こんな質問を投げかけてみてはいかがでしょうか。

●私の強み、弱みは何だと思いますか?

●私の長所、魅力はどういうところだと思いますか?

●私はどういうときにイキイキして見えましたか?

●私はどんなときにつまらなさそうに見えましたか?

●私にお願いするとしたら、どんなことですか?

●私を一言で表現すると?

立場によってそれぞれ視点が異なります。彼らはあなたの次のような部分を目撃しているでしょう。

●職場の仲間……部署内での役割の果たし方、他メンバー・他部署・取引先などとの関わり方が見えている

●友人……1対1でなく、複数の人が集まっている中での立ち位置、役割、行動パターンが見えている

●家族……利害関係にとらわれない、「素」の状態での行動が見えている

このように、さまざまな立場の人からコメントを集めてみることで、自分では気付いていなかった「自分らしさ」が見えてくるかもしれません。

無意識の自分の姿を知るには、他人の目を借りましょう。自分よりも他者の方が、自分のことをわかってくれているということもあるものです。

いろいろな人に「仕事への思い」「将来ビジョン」をたずねてみる

普段の職場から離れていろいろな人に会えるこの機会に、「仕事のやりがいは何?」「どんなキャリアを歩んでいきたい?」「将来どうなりたい?」などと、インタビューをしてみるのもいいでしょう。

相手から返ってきた答えに対し、「共感できる」「共感できない」など、自分の感じ方を認識することで、自分の志向が整理されていきます。

会社には、ある程度、価値観や志向が近い人たちが集まっています。その中に身を置き続けることで、いつしか流されてしまっていること、考えが偏ってしまっていることもあるかもしれません。

 

この機会にいろいろな人と話をして、相手の価値観や考え方と比較してみることで、自分自身の本質に気付けることもあるのではないでしょうか。

年末年始のそんなチャンスを、ぜひ活用してみてください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。