子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「私、役に立ててないかも」…転職直後の焦りと不安を払しょくする方法【森本千賀子の転職アドバイス】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「期待していますよ」と言われ、晴れて採用に。しかし、当然ながら、それはゴールではなく、スタートです。経験を買われて中途入社したからには、一刻も早く戦力となって成果を挙げ、認められたい……ところが、入社してしばらくはその意気込みが空回りしてしまうこともあります。

何か貢献できることから始めよう

新しい環境に飛び込むのですから、まずはその組織のルールを覚えなければなりません。

前職でも経験してきた業務を担当するにしても、同じ職種でも会社ごとに「作法」が異なりますから、いきなり自分のノウハウ全開で進められるわけでもありません。

細かなことを度々同僚に質問しなければならず、「同僚の仕事をジャマしてしまっている」「私に教えることで、余計な負担をかけている」……なんて気に病んでしまうこともあります。

こうして、なかなか「役に立っている」という実感を得られず、焦りを感じてしまう人が少なくありません。

しかし、いくら経験豊富であっても、その会社では「新人」です。そう割り切って、成果を出すことを焦らず、今できることから始めましょう。

まだまだ新人であり、本領発揮ができない期間中は、皆が面倒がるような雑務を積極的に引き受けるなど、何か貢献できることから始めることをお勧めします。

例えば、会議用の資料の準備、議事録の作成、ちょっとした調べものなどです。「何かお手伝いできることはありますか」と声をかけ、「スキマ仕事」を引き受けてください。

「最初に雑務を引き受けて、“便利屋”のようになってしまうのは嫌だ」……そんな不安やプライドは捨てましょう。それなりのキャリアを持つ人が、雑務にも積極的に取り組む姿は、それだけでも好印象を持たれるものです。

例えば、ある中途入社者は、会議で「最近、このマーケットにこんな動きがあるようだ」という話題が出たとき、「では、私がそれについて調べてリポートを作成します」と率先して引き受け、メンバーたちに喜ばれました。

面倒なことを引き受ける姿勢を見せれば、「損得で動く人じゃない」「組織貢献の気持ちを持っている人」と、信頼を得られるものです。また、「快く動いてくれる人」「頼みごとをしやすい人」という印象を持たれれば、いろいろな人に声をかけられるようになるので、コミュニケーションが活発化し、結果的に仕事がやりやすくなります。

メンバーとの関係構築にも

特に、「会議の議事録作成」は、皆が面倒がる作業だけに、買って出るといいでしょう。これを引き受ければ、感謝されるだけでなく、自分の学びにも役立ちます。

会議で出た意見を整理していると、それぞれのメンバーの考え方がつかめます。また、「この人はアイディアが豊富」「この人は問題点やリスクを指摘する」「この人は調整が得意」など、メンバーの役回りも見えてくるはずです。

それに、文書作成にはその人のスキルレベルが表れるものです。メンバーが話したことをそのまま羅列するのではなく、重要なポイントを抽出して過不足ないボリュームでまとめる、しかもわかりやすく見やすく作成すると、「デキる人」というインパクトを与えることができるでしょう。

 

「便利屋になってしまうのでは」などと心配する必要はありません。本来、採用された目的はしっかり本業で力を発揮してもらうためです。担当業務に本格的に従事するようになれば、既存メンバーと対等となり、自分ばかりに雑用を押し付けられることはないはずです。

入社初期の「できない」「わからない」という焦りや不安を払しょくするためにも、メンバーとの関係を築くためにも、「雑務」を引き受けるのは有益なのです。

 

構成/青木典子

(c)stock.adobe.com

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。