子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「白菜のかんたん漬物」振って揉んで…簡単、おいしい!【松田美智子の白菜丸ごと一週間#2】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

冬野菜の代表格、白菜。葉はもちろんのこと、軸もみずみずしくてやわらかく、その淡い甘みは鍋ものはもちろん、生のままサラダで食べてもおいしい! せっかくなら丸ごと1個買って、あれこれと楽しみたいものです。

「1個丸ごとなんてとても食べきれない」というかたもご安心を! ペロッと食べ切れる料理研究家・松田美智子さんのおかずをシリーズでご紹介します。傷みにくく手間のない保存法も参考にしてください。

ザクザク切って、シャカシャカ振って揉んで30分!すぐにおいしい浅漬け完成

松田さんのとっておき“白菜食べきりおかず”第二弾は食べたい時が作り時の「白菜の漬け物」です。

「自然塩、鷹の爪、昆布、そして米酢。あとは密閉袋があればOKのとっても簡単な白菜の漬け物です。米酢の酸味がアクセント。密閉してからこまめにシャカシャカ振って揉めば、30分ほどでシャキッと歯ごたえの残る浅漬けの完成。時間の経過とともに味わいの変化も楽しんでくださいね」(松田さん)

白菜の切り分け&保存法…葉もの野菜は手で裂くのが〇

白菜の芯に包丁で56cmの切り込みを入れて、両手の親指をぐっと切り込みにいれ、そのまま手で裂く。1/4にする場合も同様に。

保存は、キッチンペーパーで包み、きっちりラップして冷蔵庫へ。

「白菜のかんたん漬物」の作り方

材料(4人分)

白菜 45

米酢 大さじ1

(または、好みで)ゆず汁 大さじ2

昆布 2cm2

塩 小さじ1

鷹の爪 3cm

大きめの密閉袋 1

作り方

白菜は約2cm幅のざく切りにする。

軸→塩→葉→昆布の順に密閉袋に入れ、その間に鷹の爪をちぎって加える。

密閉袋の8分目ほどになったら何度かトスし、最後に米酢を加えて空気を抜きながら袋を密閉する。

揉みながら密閉袋を平らにして寝かせる。好みで米酢をゆず汁にして作ってもおいしい。

動画・撮影/鍋島徳恭

松田美智子(まつだみちこ)

1955年東京生まれ。女子美術大学卒業後、料理研究家のホルトハウス房子さんに師事、各国の家庭料理や日本料理を学ぶ。1993年から「松田美智子料理教室」を主宰。テーブルコーディネーター、女子美術大学講師、日本雑穀協会理事も務める。使いやすさにこだわったオリジナル調理ブランド「松田美智子の自在道具」も好評。http://www.m-cooking.com/

【松田美智子さんのレシピはこちらからも】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。