子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

お掃除アイテムを使ってメリハリボディに!「モップエクサ/肩甲骨とコアトレ編」まいにちエクサ#42

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

どこの家にもあるフローリング・モップを使って体幹強化と全身の引き締めを行う「モップエクサ」をシリーズでお届けしている、ボディデザイン インストラクターSachiさんの特別クラス【簡単だけど効く! まいにちエクサ】。こちらのモップエクサ、ちょっと強度は高めですが、その分結果も早く出やすいのがメリットです。

第4弾はお腹回りと太ももの筋肉を締めながら、肩甲骨を刺激してセクシーな“天使の翼”を取り戻す「肩甲骨とコアトレ」。腹筋と太ももに効くだけでなく、鍛えにくい肩甲骨回りの筋肉もピンポイントで引き締めます。つま先立ちになりモップがなくてもふらつかなくなったら、体幹でバランスが取れるようになった証拠です。

背中はお腹ほどにものを言う!猫背や肩凝りにも

別名「天使の翼」とも呼ばれる肩甲骨は、しっかりと突き出ているのが本来の姿。正しい姿勢を司る全身の舵取り役……と言っても過言ではありません。ここの動きが鈍ると、代謝が落ちて脂肪が付きやすくなり猫背にも。また、肩凝りやひいては腰痛の原因にもなります。普段の生活では動かしにくい肩甲骨ですが、モップを使うことで手軽なトレーニングが可能です。

基本の呼吸姿勢「ドローイン」のやり方

お腹にグッと力を入れて凹ませたまま行う呼吸です。体幹を鍛えて正しい姿勢を維持します。

(1)お尻をキュッと締める。

(2)息を吐きながらお腹が凹んだ状態をキープ。

(3)深く吸って、細く長く吐く呼吸を続けます。

内ももをギュッ!でW効果「モップエクサ/肩甲骨とコアトレ編」

(1)お腹とお尻をキュッと締め、背筋を伸ばし、かかとをつけて立つ。モップは体の横、腕が伸びきらない位置でセットする。肩の力を抜く。姿勢を維持しながらつま先立ちになる。

(2)まっすぐ前を向いたまま、肩甲骨にひじを寄せるイメージでモップの柄を背中のほうに引き寄せる。片腕10回、両腕で20回やって1セット。最初は1セットから。

POINT

両ももに力を入れてピタッとくっつけて行う。ひじを引くときにフッと息を吐く。前屈みにならないように注意。

「息をフッと吐きながら、ひじを背中に引きつけるように行います。つま先立ちをすると体が不安定になりますが、これを支えるのが太もも。内側に巻き込む感覚で力を込めて両ももをくっつけ、腹筋を使って上体を引き上げます。あごを引いて正面を向き、ひじの動きにつられて上体をひねらないように注意してください」(Sachiさん)

【取材協力】

Sachi・・・オリジナルプログラム「ボディデザイン」をベースにインナーマッスルトレーナーとして活躍。また、モデル、ダンサーとしての一面も。2015年に女児を出産。その経験を活かし、産後のボディバランス改善エクササイズを東京都内各地のスタジオにて開講中。http://www.sachifitness-latin.com

 

【衣装】

CW-X WOMEN(ワコール)/http://www.cw-x.jp

Top: HTY108(参考商品) / 6,048円・Bottom: JCY259 / 8,640円(ともに税込。「ドローイン」の衣装は除く)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。