子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

実は名品!「セコマ」のエコバッグ…ワンコインなのも嬉しい【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

食品の買い出しに欠かせないエコバッグ。「物がたくさん入る」といった実用性を満たしつつ、色やデザインにもこだわりたいですよね。
北海道発のコンビニチェーン「セコマ」ことセイコーマートのエコバッグが優秀なんです! 「大容量・お手頃価格・なじませカラー」と3拍子そろっています。

自立型でマチがたっぷり!大容量だからトイレットペーパー1ケースだって余裕で入る

購入したのは、セコマの「ショッピングバッグ(ブラウン)」(440円・税込)。

サイズは、幅約34.5×高さ約39×マチ約18cm。レジャーシートなどに使われる、張りのあるポリプロピレン素材で、底がしっかり安定した自立型です。

マチ幅約18cmは、1Lの牛乳パックを2本並べてラクラク平置きできるサイズです。

持ち手の長さは39cmあるので、肩にかけることも可能。徒歩で食材の買い出しをする際、ココも重要なポイントです。

2〜3日に一度のまとめ買いで、必ず購入する、牛乳、食パン、肉や魚を2〜3パック、くだもの、数種類の野菜に、麺類や調味料……これらをすべて入れてみても、バッグの3分の2の高さに収まるほどの大容量です。

皆さんは、エコバッグを食品用、食品以外に分けていますか?

こちらのバッグは、北海道らしい野菜のイラストが食品用にピッタリですが、他の用途にも大活躍!

たとえば、「トイレットペーパー」の買い出し。ドラックストアでの買い物がかさばり、トイレットペーパーが手持ちになるケースも多く、見た目に「生活感」の漂うことが気になっていました……。

このバッグなら、深さ(高さ)がしっかりあるので、トイレットペーパー(8ロール入り)も、すっぽり収まり、大容量の詰め替え用洗剤など、他のアイテムを入れる余裕もあります。

4つ折りにすると、平たくなって場所を取らず、バッグのスキマに収納できます。

また、グリーンがかったベージュとブラウンを基調にしたナチュラルな色味は、合わせる服装を選びません。

なので、仕事や外出の帰りに、最寄り駅のスーパーへ立ち寄るときにも活躍しています。

お土産にいかが?セコマオリジナルの海産物の珍味3種

「セイコーマート」では、北海道らしい食材を使った乳製品やお菓子、即席麺など、お手頃価格のオリジナル商品が人気を集めています。(※セコマで注目のフードを紹介した記事はこちら

おすすめは、北海道のお土産として大人気の海産物の珍味。セコマオリジナルの珍味は、価格が手ごろで種類も豊富です。

鮭のうまみを噛みしめられる「鮭とば」(18g/213円)、ふんわりとした食感と甘辛い風味がくせになる「手焼きむしり たら」(23g/213円)、まるごとホタテに昆布醤油が香ばしい「炙り帆立」(36g/429円)(各税込)。

すべて北海道の素材を使用しています。これらはほんの一例で、他にも「むきこまい」「やわらか豆たこ」「いかくんさき」などラインナップが豊富です。

開封前は常温で保存できるので、持ち運びにも便利。お土産に、お酒のおつまみにおすすめです。

 

旅行をすると、現地のスーパーやコンビニで、その土地にしかない商品を探すのは楽しみの一つですよね。

北海道を訪れた際には、ローカルなコンビニ「セコマ」で“宝探し”をぜひ楽しんでみてください。

プロフィール

新井円
新井円

ライター、J.S.A.ワインエキスパート。札幌の編集プロダクションに勤務し、北海道の食・旅・人を取材。夫の転勤で上京後、フリーでライティングや書籍の編集補助に携わる。小学生のころから料理、生活、インテリアの本が好きで、少ない小遣いで「憧れに近づく」ために工夫し、大学では芸術学を専攻。等身大の衣食住をいかに美しく快適に楽しむか、ずっと大切にしてきたテーマを執筆に生かしたいです。小学生のひとり息子は鉄道と歴史の大ファン。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集