子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

大さじ代わりにもなる計量カップに便利な焼肉トング!料理がはかどる「キッチンアイテム」4選

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア『kufura』では、編集部メンバーが“これはイイ!”と思ったお気に入りのアイテムをご紹介する【本日のお気に入り】を連載しています。

その中から今回は、小さめのお玉や機能性バツグンの計量カップなど、日々のちょっとした料理シーンで使い勝手の良さを実感した「キッチンアイテム」をご紹介します。

1:子どもの器やちょい盛りに!家事問屋の「小さめのお玉」(税込1,320円)

お玉のサイズでイラっとしたことはありませんか? 瓶の口にお玉が入らなかったり、子ども用のお椀に注ごうとしたらこぼれてしまったり。

こちら、『家事問屋』の「お玉 小 サテン」は横幅7.1cm、長さは21.8cmの小さめのお玉です。税込み1,320円でネットで購入しました。

以前、味噌こし器についていた小さいお玉を使っていたことがあるのですが、それが壊れてしまい、それ以来、大きいお玉でやりくりしていたのですが……。

子ども用の小さなお椀に注ぐときや、小鉢に盛り付けるとき、どうしてもこぼれてしまったり。自家製シロップ用のガラス容器には、そもそも口のサイズが合わずに入らない!なんてことがしばしばありました。

ちなみに、我が家の通常サイズのお玉は、よくあるサイズで横幅8.3cm。わずかな違いですが、小さめのお玉の使用頻度は高く、“小は大を兼ねる”こともしばしば。

ツヤ消しの表面はなめらかで美しい! つなぎめがないので、汚れも溜まりません。 

金物加工で有名な新潟で作られ、シンプル&使いやすさで知られる『家事問屋』のアイテム。以前、お玉置きも紹介したことがあるのですが、こちらのお玉もいたってシンプルな形状。

つなぎ目のないステンレス一体型なので、手洗いでも食洗器でもお手入れラクラク!

また、この平べったいハマグリのような形状がとても使い勝手がよく、お鍋の底やフチにフィットする形状になっているのですくいやすい!(そして注ぎやすい!)

持ち手に穴があいているので、吊るしておくこともできます。ちなみに、こちらのシリーズのお玉は3サイズありますよ。

わが家はもう離乳食の時期はとうに過ぎてしまっていますが、小さいお子さんがいるご家庭では特に活躍しそうな小さめのお玉。まだお持ちではない方がいたら、ぜひ、使ってみてほしいなと思います。

編集部・加藤友佳子

2:「仙武堂の焼肉トング」がプチプラなのに万能!(税込 中 600円・小 300円前後)

焼き立てのパンをトースターから取り出す、湯煎したレトルトカレーを鍋から取り出す、水出しのポットからティーバッグを取り出す……。そんなときに菜箸だとちょっと使い勝手が悪かったりして「便利なトングがないかな」とずっと思っていました。そして見つけたのが、この仙武堂の焼肉トング。その名の通り、焼肉屋さんで見かけそうなシンプルなトングです。

これまでも、パスタ用の先端がガジガジしたトングは持っていたのですが、先端がパンに食い込むのでトーストには不向き&長さが足りなかったりして出番は少なめ。

また、kufuraメンバーがこの連載で紹介した「ゆびさきトング」も便利で使っているのですが、もうちょっと大きなものをつかみたい!と、さまよっていたトング探しの旅。

  • 食洗器でパパッと洗いたいので全ステンレスがいい
  • 場所をとらないように極力シンプルな形状

こちらの希望も満たしてくれるものが……、焼肉トングだったのです!

焼肉トングも色々と種類があったのですが、とにかくシンプル形状でお安い「仙武堂 焼肉トング」を選びました。欲しかったのは24cmの「中」サイズだったのですが、安いし便利そうなので15cmの「小」も購入。

この商品、価格がサイトによって異なりますが、私はAmazonで中を600円ほど、小を300円ほどで購入しました。

左:ボリューミーなチャーシューもバッチリ! 右:このギザギザでお肉もしっかりキャッチ

こちら使って大正解!

ホットプレートで焼き肉やお肉のソテーなどの肉料理はもちろん、いろいろな場面で活躍しています。魚焼きグリルの中のものを出すときにも、便利ですよ。

また、以外と便利だったのが料理のとりわけ用としての使い方。菜箸のように転がったりせず安定感があるので、子どももトングの方が使いやすいようです。

小サイズは、薬味のとりわけや、薄いハムを1枚ずつはがしたりするのにも便利! テーブルに出す頻度が高いです。

絶対なければいけない!というキッチンアイテムではないのですが、小さな家事ストレスを解消してくれる、良いお買い物となりました。

編集部・加藤友佳子

3:KEYUCAの「monolim計量カップ」が使いやすい・洗いやすい・しまいやすい!(税込429円)

わたしだけかもしれませんが、料理歴も20年を超えると、目分量で調理することが多くなります。初めてのレシピに挑戦するときくらいはきちんと計量したほうがいいと思っているものの、計量スプーンを出すのがなんだか面倒と思ってしまいます。そんなわたしにぴったりだったのが、『KEYUCA』の「monolim 計量カップ」です。

429円(税込)という手に取りやすさで思わず楽天でポチッとしてしまったのですが、これがなにかと使い勝手がよかったんです!

まずはなんといっても、計量カップでありながら、大さじも量ることができる点! 斜めに45度傾けることで、大さじが計量できるようになっています。大さじ13までの目盛りがついているので、計量スプーンのように何度も量る手間もないんです。

だし汁を計量したら、そのままお酒やみりん、お醤油を量ることができるので、煮物をつくるときに特に重宝しています。調理中の洗いものが減るだけでなく、四角い形状で持ち手がないので、洗いやすいのもうれしい!

ふちが斜めにカットされていて、どの面からでも注ぎやすい形状。

四角い形状だと注ぎにくいかなと思ったのですが、そこはさすがKEYUCA、考えられていました。ふちが斜めにカットされていて、どの面からでも注ぎやすくなっているんです。

持ち手がないことで収納するときに邪魔にならないのもポイント。わが家はヘビロテするので、たいていキッチンにちょこんと置いてしまっていますが、引き出しにしまうときにも収まりやすいです。

ポリカーボネートを使っているので、透明度が高く熱に強い仕様。また、耐熱温度120℃、耐冷温度−30℃で、電子レンジ・食器洗い乾燥機が使用できます。わが家は食器洗い乾燥機はないのでその恩恵を受けられないのですが、別容器に移す手間がなく計量してそのまま電子レンジに入れることができるのは大助かり。みりんを煮切る作業など、調理中の手間がまた一つ減ってくれました。

200mlまでとコンパクトなサイズ感ですが、その機能性はたっぷり。使っているだけで、日々あこがれる“ていねいな暮らし”に近づけるような気がしています。

編集部・阿部美里

4:魚がくっつかずにキレイに焼ける!業務スーパーの「フライパン用アルミホイル」(税込82円)

フライパンで魚を焼くときに便利なアルミホイルを、業務スーパーで見つけました! 25cm×6m82円(税込)と高コスパな「フライパン用 アルミホイル」の魅力をお伝えします。

業務スーパーで買った冷凍の「定塩銀鮭切身」(5切入453円・税込)を焼くときなどに重宝しているのが「フライパン用 アルミホイル」。

便利なポイントは、

  • 油をひかなくてよい
  • 皮も身もホイルにくっつかずにキレイに焼ける
  • フライパンがほぼ汚れないので後片付けがラク

と、ササッと焼き魚を作りたいときにとっても便利です。

皮も身もくっつかずにキレイに焼ける

使ってみて一番の魅力が、フライパンがほぼ汚れないので、後片付けがラクなこと。魚焼きグリルだと掃除の手間がかかりますが、これならその心配がありません。

そして、なんといっても182円という、高コスパ! これまでずっと他のメーカーのものを使っていたのですが、商品の質は変わらず値段は半額以下。業務スーパーのこの商品に出会ってからは、こちらを使っています。

素材がホイルにくっつきにくく剥がしやすいので、焼き魚以外にも、肉料理やオーブンでおもちを焼くときなどにも便利です。

編集部・ポム子

※ご紹介したアイテムは、サイトによって価格が変わる場合があります。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集