kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

重曹を使ってスニーカーを洗ってみよう!落ちにくいドロ汚れや臭いもケア

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

スニーカーの洗濯に頭を悩ませている人は多いはず。泥汚れはなかなか落ちないし、放置するとすぐに臭いが気になるし……。
そんな厄介なスニーカーのお手入れも、実は重曹の力を借りれば、ぐんと楽になるんです! 未来型ナチュラル生活研究家の岩尾明子さんから、重曹を使ったスニーカーの洗い方を教えていただきました。 

スニーカーの汚れと臭い…なぜ重曹でケアできるの?

スニーカーの汚れは、大きく分けると内側の皮脂汚れと外側の泥汚れになりますが、岩尾さんによれば重曹はどちらの汚れにも有効とのことです。

「重曹は弱アルカリ性成分で、皮脂のような酸性の物質を中和分解する作用があります。皮脂は汚れだけでなく臭いの原因にもなるので、重曹によってスニーカーの臭いケアも可能です。

また、泥汚れが通常の洗濯で落ちにくいのは、泥が繊維の奥にまで入り込み、しかも汗や皮脂汚れなどで固められた状態になっているため。スニーカーを洗う前に重曹水溶液につけ込めば、そのつなぎがはがれて、泥汚れをかき出しやすくなります」(以下、「」内は岩尾さん)

どうやら、スニーカーを洗う前に、重曹を溶かした水につけおくことで、汚れと臭いの両方を解消するのに役立つようです。

重曹を使ってスニーカーを洗ってみよう!

では、重曹を使ってスニーカーを洗う具体的な方法を見ていきましょう。まず、用意するのは、以下の4つ!

・重曹・・・大さじ4

・水・・・1リットル

・液体石けん・・・適量

・スニーカー用ブラシ

「せっかくナチュラル素材の重曹を使っているので、液体石けんもなるべく合成洗剤ではなく、成分表示に“純石けん”、“石けん素地”、“脂肪酸ナトリウム”などと書かれているものを選びましょう。

また、スニーカーを洗うのに、古い歯ブラシや目の荒いタワシを使うかたもいますが、手間を省くためにも生地を傷めないためにも、スニーカー用ブラシがおすすめです。

古い歯ブラシはしなりが弱く、汚れをかき出す力が不十分。古い歯ブラシでこすっても、なかなか汚れを落とすことができません。逆に、目の荒いタワシは強すぎて、スニーカーの生地を傷めるおそれがあります。

スニーカー用ブラシは、コシとしなりがスニーカー向きになっていて、簡単にきれいに洗えるので、スニーカーを洗う機会の多いかたは、持っておいて損はないでしょう」

専用のブラシを使うかどうかで洗い心地がかなり異なるようです。なるべく手間をかけず、きれいに洗うためには、ぜひスニーカー用ブラシのご用意を!

道具がそろったら、次の手順でスニーカーをきれいにしていきましょう。

(1)スニーカーを重曹水溶液につけおく

水に重曹を溶かし、スニーカーをつけおきます。

「つけおきは30分~1時間程度でも効果がありますが、長くつけおけばその分、汚れの分解が進みます。重曹をしっかり浸透させたい場合は、一晩つけおきましょう。これくらい長くつけおきしても、生地が傷んだり色落ちしたりすることはありません」

(2)スニーカーを洗う

スニーカー用ブラシに液体石けんをつけてこすり洗いをし、よくすすぎます。

「落ちにくいポイント汚れには、重曹ペースト(重曹大さじ2に水大さじ1を加えて練り混ぜたもの)を塗って、こすり洗いをするのも効果的です。それでも落ちない汚れには酸素系漂白剤を。

ただし、酸素系漂白剤は強力なぶん、生地を傷めるおそれがあるので、まずは重曹と液体石けんで試して、それで対処できない場合の最終手段にしましょう」

(3)スニーカーを干す

すすぎ終わったスニーカーは、型崩れしないように中に新聞紙を詰めるなどして干します。

「日光には漂白作用があるので、カラーのスニーカーは、色あせないように日陰干しにしましょう。乾きやすいように風通しのよい場所で斜めに立てて干します。

他方、白のスニーカーは、日なたに干してもよいですが、紫外線によって多少は布が傷みますので、大切に長く使いたいものは日陰のほうがよいでしょう」

いつものスニーカーを洗う行程の1つ前に、“重曹水溶液につけおく”という手順が加わるだけで、頑固な泥汚れが落ちやすく、臭いケアまでできちゃうのです!

重曹スプレーの習慣でスニーカーのケアがもっと楽に!

上記のように、“重曹水溶液につけおく→液体石けんで洗う”という手順で、スニーカーの汚れや臭いを取り除くことはできますが、普段から重曹スプレーを使っていれば、よりケアは楽になるようです。

「重曹スプレーは、水200mlに対し重曹小さじ2分の1程度を溶かして作ります。カーテンやクッションなど、布製インテリアの消臭・防臭に効果がありますが、スニーカーに使うのもおすすめです。

毎日、履き終わったスニーカーに重曹スプレーを一吹きしておけば、臭いのもととなる細菌の栄養分が減ることで、臭いにくくなります。また、重曹が汚れを中和分解してくれるので、洗ったときに汚れが落ちやすいでしょう」

 

重曹の力を借りれば、スニーカーのお手入れの手間をかなり軽くできそうですよね。方法もとても簡単なので、ぜひスニーカーの汚れや臭いの解消に重曹を役立ててみましょう!

 

【監修】

岩尾明子・・・未来型ナチュラル生活研究家。博士(栄養学)。1998年に始まったインターネットサイト「地球に優しいお掃除」を運営する環境NGOクリーン・プラネット・プロジェクト代表。衣食住における楽で自然な最新の情報をテレビ、雑誌、ネットなど多方面で発信している。

 

【参考】

岩尾明子(2018)『重曹、お酢、クエン酸の使いこなしバイブル』(主婦の友社)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載