kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

シワシワにならず取り出しやすい!「スーツやネクタイ」の上手な収納法【kufura収納調査隊】vol.16

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

スーツやワイシャツ、ネクタイ、ベルトなどは、「取り出しづらい」「シワができてしまう」など収納に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の【kufura収納調査隊】では、スーツやスーツ関連のアイテムを上手に収納している達人を調査してきました。達人たちのInstagramを参考にしながら、そのアイディアを参考にしてみましょう。

  • パンツとジャケットはかけるのが一番!「スーツ」収納
  • しまい方が多彩な「ワイシャツ」収納
  • 取り出しやすい「ベルト」収納
  • デザインや色も豊富な「ネクタイ」収納

パンツとジャケットはかけるのが一番!「スーツ」収納

クリップ式ハンガーでパンツを「挟む」収納

どらこさん(@doraco0331)がシェアした投稿 -

@doraco0331さん、@yoko_home1さんは、クリップ式ハンガーでパンツを挟んで収納されています。

 

スラックスハンガーでパンツを「かける」収納

misatoさん(@misat_s)がシェアした投稿 -

@misat_sさんはスラックスハンガーを使った“かける収納”を実践されています。挟むのが面倒という方にはおすすめの収納法ではないでしょうか。

 

さらに、クローゼット内でハンガーのデザインやタイプを統一することで、クローゼット内もきれいに見えますね。

 

省スペースハンガーを使えば狭いクローゼットでも収納力UP

iku_84さん(@i_home_g)がシェアした投稿 -

@i_home_gさんは省スペースハンガーを使った収納をされています。省スペースハンガーを使えば、収納力もUP! 普段あまり使わないフォーマル服やスーツなどをかけているとか。

狭いクローゼットに悩んでいる人にもおすすめなアイテムですね。これなら、スーツの量が多くても“かける収納”ができそうです。

しまい方が多彩な「ワイシャツ」収納

ハンガーを使った「かける」収納

mariさん(@mari_ppe___)がシェアした投稿 -

@eca__homeがシェアした投稿 -

ワイシャツをハンガーにかけた収納を実践されている方も多いですよね。@mari_ppe__さん、@eca__homeさんも、ハンガーにかける収納を実践されています。

クローゼットにかけるときワイシャツはワイシャツでまとめ、さらに色ごとに分けると使い勝手もよさそうです。

吊り収納ボックスを使った「畳む」収納

@sweetstyles_officialさんは、『ニトリ』の『吊り収納6段』にワイシャツを畳んで収納しています。スーツと合わせるワイシャツは、スーツの近くに収納することで使う本人も一目でわかりそうですね。

 

ワイシャツを畳んで入れるときは、柄や色ごとに分け、パンパンにしすぎないで入れるのがよさそう。取り出しやすさを意識しながら、畳んで収納してみてはいかがでしょう。

出張など持ち運びに便利!「ケース」を使った収納

しまさん(@shima.umi)がシェアした投稿 -

@mini___33さん、@oheyasukkiriさん、@shima.umiさんが実践されているのが、書類ケースを使ったワイシャツの収納法です。これなら、出張のときにもシワを作らずに持ち運びができるとか。

1泊の出張のときはワイシャツだけでなく、ネクタイや靴下、ハンカチなど合わせて入れると、どれもシワを作らずきれいなまま持ち運びができそうですね。

取り出しやすい「ベルト」収納

使いたいものがサッと取り出せる「かける」収納

ベルトは適当に収納してしまうと、絡まって使いたいものが取り出しにくくなることもありますよね。@sweetstyles_officialさんは、ベルトの本数が少ないために、“かける”収納を実践されているとか。これなら、忙しい朝でも使いたいベルトがサッと取り出せ、片付けも簡単そう。

かける場所が複数ある場合は、デザインや色など種類別に分けても使い勝手がよくなりそうです。

1本ずつをまとめた「ケース」収納

きーたんさん(@tabaty46)がシェアした投稿 -

@tabaty46さんの実践されている収納法は、『ダイソー』のケースを使ったベルト収納。

ベルトを丸めるだけなので、片付けも簡単。使いたいベルトが一目瞭然でサッと取り出せるのがいいですね。

 

デザインや色も豊富な「ネクタイ」収納

マルチユースハンガーを使った「かける」収納

SHINOさん(@a108sn)がシェアした投稿 -

@a108snさんは、『IKEA』で販売されている『マルチユースハンガー』を使ったネクタイ収納を実践されています。複数にかけられる場所があるため、色ごとに分けてかけてもよさそう。

ネクタイとベルトの本数が少ない人は、このハンガー1つだけでも収納できそうですね。

プチプラアイテムで収納上手!「ワイヤーネット」を使った収納

@ayumi.ssadosk48さんが実践されているのは、ワイヤーネットを使ったネクタイ収納。リングと突っ張り棒を使えば、クローゼットなどにもかけられますね。

ネクタイをかけるマスは、隣と高さをずらし、同じ列にはかけないことがポイント! ネクタイを取り出すとき、他のネクタイも一緒に落ちてしまうことを避けるためです。ちょっとした工夫で使い勝手もよくなりそうです。

仕切りを使って一目瞭然!「引き出し内」収納

引き出しにネクタイを収納するときは、@sweetstyles_officialさんが実践されているように仕切り板を使って収納すると、取り出しやすくなりそう。ネクタイも巻くだけなので、戻すのも手間がかからないのではないでしょうか。

さらに、@sweetstyles_officialさんのように色ごとに引き出しを変えると選びやすくもなりますね。

 

達人たちのスーツやネクタイなどの収納法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

取り出しやすく、また片付けもしやすい収納法を心がければ、使う側も、片付ける側も気持ちよく使えそうですね!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE