子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

メイク道具の収納テクは?ドレッサーをスッキリさせる整理術【kufura収納調査隊】vol.87

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

女性にとって憧れのドレッサー。でもメイク道具が多いと上手に収納できず、ごちゃごちゃになっていませんか? 

そこで、今回のkufura収納調査隊は、収納上手な達人たちが実践しているドレッサーの収納テクを調査してきました。達人たちのInstagramを参考にしながら、上手に収納していきましょう!

  • ドレッサー台の上にケースを置いてメイク道具を収納
  • ドレッサーの引き出しにメイク道具を収納
  • 【おまけ】ドレッサーをより素敵にDIY

ドレッサー台の上にケースを置いてメイク道具を収納

『無印良品』のケースがメイク道具収納には大活躍

ドレッサー台の上にメイク道具をそのまま置くと、さっと使える反面、ごちゃごちゃした印象にもなりがち。@yururira_interiorさん、@wakaba_1ldkさん、@eri_atessouhaitsさんは、『無印良品』の「アクリル収納」商品を使って、メイク道具を収納しています。

メイクブラシなどを入れているのは『重なるアクリルボックス・間仕切り』、ファンデーションやパウダーなどが斜めに置かれている棚は『アクリルボトルスタンド』、引き出しタイプの『重なるアクリルケース』です。

メイクのしやすさはもちろんのこと、使い勝手や見た目のスッキリさも意識された収納法ですね。

植木鉢の受け皿もおしゃれに活用!

ドレッサー台の上に、化粧水や香水などをそのまま置くのではなく、トレーなどを使って収納するとおしゃれさがUPします。@room__maさんは、『ACTUS(アクタス)』で購入した植木鉢の受け皿を使用。ピアスなども置けるため、収納アイテムとしても重宝しますね。

ワンポイントに、おしゃれな受け皿などを使うことで、より素敵なドレッサーになるのではないでしょうか。

 

ダイソー×キャンドゥ!引き出しのケースの中身をシールで隠す

@aiaiai_10_さんはドレッサー台の上に引き出しのケースなどを使ってメイク道具を収納しています。この引き出しのケースは、『ダイソー』で購入したもの。引き出しのケースを使ってメイク道具を収納している人は多く見かけますが、@aiaiai_10_さんは引き出しの中身が見えないよう、『キャンドゥ』で購入したシートを貼っているそう。引き出しの中身を隠すことで、よりスッキリとまとめられている印象になりますね。この一手間で、ドレッサーのおしゃれさも上がるのではないでしょうか。

ドレッサーの引き出しにメイク道具を収納

『無印良品』のトレイを使えばキレイに整頓できる

ドレッサーに引き出しがついているという人もいるのでは? 引き出しの中も綺麗に整頓させたいですよね。@jun__tikiさんは、『無印良品』の「ABS樹脂トレー」を使って、メイク道具を収納。それぞれ定位置を作ってあげることで、使い勝手がよく綺麗さを維持できそうですね。

引き出しの中にトレーを使って仕切りを作ることで、引き出し内がごちゃごちゃする心配もありません。メイク道具の大きさに分けて、上手にトレーを使ってみると、綺麗に整頓できそうです。

100均のケースも仕切りにはぴったり

@_hitostagram_さんは、『セリア』で購入したケースを使って、メイク道具を収納しています。引き出しの中は、普段使いしないメイク道具を入れているそう。アイシャドウ、チーク、ファンデーションなど大きさや種類ごとに綺麗に整頓されていますね。ケースとケースの仕切りを上手に使った収納術です。

【おまけ】ドレッサーをより素敵にDIY

大理石シートを貼れば、ドレッサーもよりゴージャスに!

最後に、収納法ではありませんが、ドレッサーをよりおしゃれにするDIYを実践されている方が多くいたのでご紹介します。

@erikku1206さん、@peachkraさんのドレッサーはとても高級感がある雰囲気ですよね。実は、『ダイソー』の大理石柄の「リメイクシート」を使ってDIYしているそう。これだけで、ドレッサーがよりゴージャスになりますね。メイクするのも楽しくなりそうです! お手頃価格で真似しやすいため、挑戦してみてはいかがでしょう。

達人たちのInstagramで見た収納アイディア術はいかがでしたか?

使い勝手とおしゃれさを意識して収納してみると、化粧をするときにも気分が高まりそうですね。ぜひ、達人たちの収納テクを参考にしてみてはいかがでしょうか。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。