子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

すぐなくなる!「ヘアゴム・ヘアピン」をスッキリまとめる収納術まとめ【kufura収納調査隊】vol.65

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ヘアゴムは小さいので、すぐどこかにいってしまいがち。とはいえ、収納を意識しすぎると使いにくくてイライラすることも……。ちょっとした工夫やアイディアで、ヘアゴムが使いやすくスッキリと収納できるなら、すぐにでも真似してみたいですよね。

そこで、今回のkufura収納調査隊は、収納上手な達人たちが実践しているヘアゴムの収納を調査してきました。達人たちのInstagramを参考にしながら、上手に収納していきましょう!

  • 「ウォールポケット」を使った収納法
  • フックなどに「かける」収納法
  • 「ケース」を使った収納法

「ウォールポケット」を使った収納法

ヘアゴムもヘアピンも専用の収納スペースを作ってあげるとわかりやすい

@________htmさんは、『楽天』などで販売されている『リバーシブル ウォールポケット』を使ってヘアゴムやヘアピンを収納しています。ヘアゴムなど1つ1つに部屋を作ってあげることで、使いたいものがすぐ見つかり、絡まってしまう心配もなさそうです。

ウォールポケットは使い終わったあともポケットにさっと入れるだけなので、出し入れも簡単! 使い勝手が良い優れものですね。

子どもが取れる高さに設置してあげる

@mc.home36さん、@nabeka2016さん、@ieilo_mihoさんも、ウォールポケットを使っていますが、3人とも洗面台の下の扉裏面に設置しています。低い高さに設置することで、子どもが自分で好きなヘアゴムを取ることができます。子どももヘアゴム選びがより楽しくなりそうです。

@ieilo_mihoさんがウォールポケットの上で使っている円形のケースは、『ダイソー』の「マグネットケース」。ここにヘアアレンジで使うゴムやピンなどを収納しています。ヘアアイテムがまとめられていて、より使いやすそうですね。

フックなどに「かける」収納法

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
1 2
kufura members募集中
連載