子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

気づくと増えてるコーヒー&マグカップ!食器棚に眠らせずに有効活用するアイディア集

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ご自宅にコーヒーカップはいくつありますか? 不思議といつの間にか増えてきて、しばらく使っていないものや、もしかしたら使ったことすらないものもあるかもしれませんね。
そんな眠ったままのコーヒーカップを活かすべく、『kufura』では女性500名を対象に、コーヒーカップ(マグカップ)を有効利用するアイディアを伺いました。みなさんは余っているコーヒーカップをどのように使用しているのでしょうか?

サイズと重量感がちょうどいい「ペン立て」

「ペン立てとして使っています。ボールペンやシャーペンなど貰い物などで意外と溜まりやすく保管場所がバラバラになりがちなので1ヶ所にまとめられて便利です」(51歳/その他)

「可愛いデザイン過ぎて年齢的に、、、と思ったやつは自宅のペン立てにしている。捨てるよりはいいと思う」(38歳/学生・フリーター)

「ペン立てにする。入り口が広いし、重さもあるので安定している」(39歳/総務・人事・事務)

「ペン立てやメガネ立てにして使用したことがあります。今は子供が小さいので棚にしまったままですが」(23歳/営業・販売)

コーヒーカップはその安定感から、ペン立てとして利用している方が多いようです。高さや口の広さが程よく、ペンを数本入れておくのに便利そう。割れる心配があるため、子どもが小さいうちは手の届かないところに置いておくなどの工夫が必要です。

同様に立てて使うものと言えば、メイク道具。

「かわいいマグカップは化粧用に使う筆立てに使ってます」(30歳/学生・フリーター)

「メイク筆や、マスカラや、アイライナー、リップスティックなどを立てて、時短でメイクできる」(38歳/その他)

使いたいときにすぐに出すためには、立てておくのが正解です。鏡台の前に置いておけば、時間のない朝でもスムーズにメイクができます。

小さいものの小分けに「小物入れ」

「クリップをよく使うんで、クリップ入れにしてます。細々とするからまとまるし、取出しやすくて使いやすい」(40歳/主婦)

「そこの広いのは消しゴム、のりなどの文具小物入れに使用」(71歳/主婦)

「ヘアゴム、ヘアピンを分けて入れています。取り出しやすいように、小さめのカップを使用」(50歳/その他)

「冷蔵庫の中の、小物入れに利用してます(お刺身やお寿司などについてくる、しょうゆやしょうが、ワサビなど)」(43歳/その他)

小物の収納にも役立っています。文房具やヘアピン、小袋に入った調味料入れなど、使用者のライフスタイルに合わせて、コーヒーカップの使い道が異なります。その他、つまようじや小銭、鍵を入れているという意見も。片付かない小物は、コーヒーカップ収納が便利です。

癒しの風景を作る「花瓶」

「切り花をさして花瓶の代わりに使う」(46歳/その他)

「花瓶にする。茎を短く切って、プチブーケみたいにすると、丁度良いです。延命剤を使用すると、その後の手入れも楽です」(50歳/その他)

「ついつい溜まってしまうコーヒーカップですが、ある程度の数になったら『多肉植物』用に。そのカップと相性の良い多肉食物を入れて、コーナーに飾れば素敵に映えます」(73歳/主婦)

「ミニ観葉植物の鉢ごと入れるのに役立ってます。受け皿をつけなくても大丈夫なので便利」(59歳/総務・人事・事務)

植物を育てるのにも、コーヒーカップが役立ちます。切り花を生けたり、小さい観葉植物を飾ったり、花瓶や植木鉢とは違った雰囲気を楽しめそう。場所を選べば、インテリアとしても映えますね。

ごちゃごちゃ解消「カトラリー入れ」

「フォークやスプーン立てに使っています。ヒビが入ったり欠けたりしても捨てられないです。ブランドのものは特に大切に使います」(46歳/総務・人事・事務)

「アンティーク調のカップは、キッチンで使い捨てカトラリー入れに使っている」(36歳/その他)

「菜箸やトング、料理に使うスプーン等を入れて、コンロの近くに置いています。油で汚れても洗いやすいし、見た目も悪くないです」(54歳/主婦)

「箸やカトラリー入れ。人数分を入れてテーブルに置くだけで雰囲気がでます」(38歳/営業・販売)

スプーンやフォークも、雑然と置いておくより、コーヒーカップに入れておくだけでまとまりがでます。キッチンで使えば使い勝手がよく、ダイニングに置けばテーブルにも品がでそう。コーヒーカップなので洗うのに手間もかかりません。

実用性を兼ね備えたインテリア「消臭剤の容器」

「消臭ビーズを入れて部屋に飾っている。デザインの気に入ったコーヒーカップなのでインテリア感覚でおけるし消臭もできる」(47歳/金融関係)

「コーヒーカップに使い終わったコーヒーの出がらしを乾燥させた物を入れてインテリアとして飾りながら臭い対策」(42歳/その他)

「ビーズタイプの消臭剤を入れる」(40歳/総務・人事・事務)

「消臭剤を入れて消臭剤効果とインテリアとして使っている」(25歳/総務・人事・事務)

生活感がでる消臭剤も、コーヒーカップを使えばおしゃれなインテリアに変身。玄関やトイレ、キッチンなど、さまざまな場所で活躍します。市販の消臭剤もいいですが、コーヒーの出がらしを使用したり、掃除に使う重曹でも代用可。すぐにできるところも魅力です。

飲み物ではなく食べ物を入れる「料理の容器」

「プリンやお菓子を作るときに使ってます。割と丈夫なのでいいかも」(49歳/その他)

「サラダなどをいれる。ちょっとおしゃれな感じになる」(39歳/その他)

「マグカップの中で混ぜるだけでできるマグカップケーキや簡単オムライスを作る時に使っています。洗い物がマグカップだけでいいので、とても楽です」(18歳/その他)

「マグカップはもはやお皿。具材を入れてレンチンでパンプディングやリゾットを作っています」(48歳/総務・人事・事務)

手作りデザートを入れる容器になったり、料理のお皿代わりになったり、もはやコーヒーカップはコーヒーを入れるためだけのものではありません。サラダは取っ手があることで持ちやすくなり、レンチンだけで済むおかずは洗いものを減らすのに一役買います。

おしゃれなカップは置いておくだけで絵になる!その他の回答

「お洒落で高価なカップはサイドボードに飾っている」(45歳/企画・マーケティング)

「きれいな石などを入れてインテリアにする」(28歳/弁護士)

「小さいぬいぐるみを入れて飾ると可愛い」(29歳/総務・人事・事務)

どうしても捨てられない高価なものや、見た目がおしゃれなものは、何を入れるわけでなく飾るだけでも存在感を発揮します。もちろん好きなものを入れれば、自分に元気を与えてくれる特別なものに。お気に入りは、目につく場所に置いておくだけでも価値を感じさせてくれます。

 

食器棚に眠っているだけのコーヒーカップも、使い方次第でさまざまな活躍の場があるのです。

「捨てるにはもったいないな……」そんなときは、みなさんのアイディアを参考にして、コーヒーカップの新たな活路を見出してくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事