kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

家族がモリモリ食べた!栄養たっぷり「オクラ」の絶品レシピを調査

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ペクチンやβカロテン、カリウムなどが含まれ、栄養たっぷりの夏野菜・オクラ。「ネバネバな食感がヤミツキ!」という人も多いのでは?

『kufura』では20代~40代の既婚女性200名にアンケート(自由回答)を実施。家族から評判のよかったオクラのレシピを聞いてみました!

まぜまぜしてネバネバ美味しい!お手軽「和える」レシピ

アンケートでは“和える”レシピを薦める人が何と4割! 中でも圧倒的に多かったのが「オクラ納豆」でした。

「オクラ納豆と山芋のとろろを混ぜたもの。定番ですが、ネバネバトリオは体にいいし好きです」(31歳/主婦)

「オクラと納豆、マグロのたたきに、めんつゆを加えて混ぜる。家族みんなが食べられる定番おつまみです」(34歳/主婦)

「オクラ納豆にイカを和える。茹でて細かく輪切りにしたオクラと納豆・イカ・海苔を混ぜ出し醤油で味付け」(40歳/主婦)

みなさん、オクラ納豆に好みの食材をプラスして、アレンジを加えているご様子。また、

「ネバネバ丼。シンプルだけど美味しいと、ダンナに好評」(33歳/主婦)

と、オクラ・納豆などの具材を混ぜて、ごはんに乗せる「ネバネバ丼」も好評のようでした。

その他の“和える”レシピでは、

「オクラと梅の和えもの。茹でて輪切りにしたオクラを梅・醤油・おかかで和えたもの。オクラが苦手だった子どももパクパク食べていた」(29歳/主婦)

「オクラとクリームチーズのおかか和え。茹でて輪切りにしたオクラをおかか・クリームチーズ・醤油で和える。シンプルだけど子どもも夫も一番好き」(44歳/主婦)

「オクラとなめ茸和えがダンナに好評です」(32歳/主婦)

「オクラをゆでて、しょうゆとマヨネーズを混ぜたタレをかける」(43歳/主婦)

定番のおかかをはじめ、梅やクリームチーズ、なめ茸などバラエティに富んだトッピングになるほどの一言。確かにどれも手軽にできて美味しそうです!

その他、「ごま和え」(47歳/主婦)、「オクラ・きゅうり・わかめの酢の物」(30歳/主婦)といった回答もありました。

チーズ・肉とのコラボで食欲増進!「焼く・炒める」「揚げる」レシピ

チーズやお肉を組み合わせて作るレシピも家族に好評のようです。

「チーズとオクラのピザ」(36歳/主婦)

「きくらげとオクラでスタミナ鶏肉炒め。食欲がわかない夏こそ、ガッツリいけるメニューで体力回復。ミネラル豊富なオクラを使うのがポイント」(34歳/主婦)

「オクラの肉巻き。豚肉でオクラを巻いたものを、焼き肉のタレでいためるだけ。子どものお弁当によく入れますが、美味しいと言ってくれます」(43歳/主婦)

子どもや夫が好きなメニュー、揚げ物も欠かせません。

「オクラの天ぷら。子どももたくさん食べます」(42歳/主婦)

「オクラの素揚げ。オクラをそのまま揚げ,塩をふって食べる。家族全員に好評だった」(49歳/その他)

スナック感覚でサクサク食べられそうですね。

名脇役だから、乗せるだけで立派なアレンジに!

ネバネバした食感と独特な甘みがあるオクラは、乗せたり、ちょっと入れるだけでも存在感あり。料理の味に変化を持たせてくれます。

「豆腐のオクラ乗せ。冷奴に茹でて輪切りにしたオクラを乗せ、かつお節と醤油かけて食べる」(31歳/主婦)

「そうめん。めんつゆに、オクラとすり胡麻を入れるだけだが、子どもが好んで食べてくれる」(43歳/総務・人事・事務)

ネバネバ食材の代名詞とも言える夏野菜オクラ。カレー、おひたし、味噌汁など「いつもの定番料理にさっと入れる」という回答も複数あり、そのオールマイティさがうかがえます。

 

旬である夏の時期に、ぜひ積極的に取り入れてみてはいかがでしょう?

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載